水仕事をする人に多い手湿疹には漢方!

2015年5月20日

皮膚病と漢方

水仕事をする人に多い手湿疹には漢方!

ステロイド剤を塗っては治りの繰り返し

初めてお会いした時は、お顔と両手に赤みのある湿疹があり、手指には絆創膏を貼っていました。女性にとって、お肌は綺麗でいたいもの。周りの目だって気になるものです。「良くなっていただきたい!」そう強く思ったのを覚えています。

二十歳過ぎてから汗疹程度の湿疹がポツポツと出始め、徐々に首、手の関節、顔に痒みが広がってきたそうです。病院では、強いステロイド剤の塗り薬を出され、塗っては治り、症状が出れば塗る…の繰り返し。20代後半、職場が変わり、寝ている間も痒みで掻いているくらい症状も悪化。介護のお仕事で、不規則な生活。しかし「夜勤も増えてきて大変だけど、入居者のおじいちゃん、おばあちゃんの事を思うと辞められない」とお仕事にもやり甲斐を感じていました。

手の湿疹は一番治りにくい

介護士さんをはじめ、美容師さんや主婦の方の手の湿疹というのは、どうしても治りにくいものです。だけど、手を使わなければ仕事にならないわけで・・・手袋をすることもできず、本当に辛い思いをされていると思います。外側からのケアだけではどうしようもなく困っている方に、ぜひ漢方をおすすめしたいです。

春夏秋冬

漢方を始めて一週間、今まで気づかなかったけど、胸のつかえが取れてきた。塗り薬は週に一度塗る程度。夜勤をすると手荒れが気になる。手がひび割れる。

二ヶ月目、手と首に塗り薬を使ったけど、他は塗り薬を塗ってない!お通じもスッキリ!梅雨時期から汗で症状が毎年酷くなるので、今年は何とか乗り越えたい!このころから食事にも気を遣い始めて昼食のカップ麺から雑穀入りのおにぎり持参。甘いものは控える生活に。

心配していた6月、汗をかいても痒みも赤みもでにくくなり、塗り薬も手だけに週一回程度に。毎月何箱も使っていた絆創膏を全く使わなくなった。夏は、首や腕など汗をかきやすいところや、髪の毛が当たるところに症状が出ていたのが、秋にはすっかり保湿剤を塗るだけに。ステロイド剤は使ってない!薬を使わなくなったので、引き出しにしまった!冬になると手が乾燥で切れたり、背中が乾燥して痒みがあるが、保湿剤で落ち着く。

汗の時期、乾燥の時期に波は出たものの、いまではすっかり良くなり「もっと早く始めればよかった」とお話されていました。

特に皮膚の症状は気温やアレルギー物質、湿度など季節によっても変化しやすいものです。ぜひじっくり最低1年を通しての体質改善をおすすめします。

 

※関連記事

美容師さんの手荒れ・手湿疹

職業柄、長年悩んだ手荒れ


執筆者 江藤 聡子の画像

執筆者 江藤 聡子
母親の影響を受け、幼いころからいつか漢方に携わる仕事がしたい!
そんな想いがやっと通じました。

「皆様にもっと元気に健康になっていただきたい!」
そんな想いで、お客様とのご縁を大切に日々頑張っています。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社漢方みず堂が運営しています。