バセドウ氏病を乗り越えて仕事と子育て、二度目の妊活(第2話)

2015年7月27日

妊娠体験談

バセドウ氏病を乗り越えて仕事と子育て、二度目の妊活(第2話)

あれから3年

バセドウ氏病・高プロラクチン血症に負けず自然妊娠!(第1話)あれから月日は流れて子供は3歳になり、そろそろ2人目が欲しい。

でもなかなかできない・・・と再度ご相談にいらっしゃいました。

バセドウ病は出産4ヶ月後にぶり返したものの、今は落ち着いていて、2~3ヶ月に1回検査を受けている状態。

基礎体温も付けはじめたけど、仕事のストレスなのか、低~高温期に上がるまでが長い。また生理がくると・・・・・落ち込んで。

そんな時元気な子供の姿を見ると、なおさら兄弟を作ってあげたいと思っちゃう。

仕事は相変わらず忙しく、子育てしながらの妊活。

それでも、時折見える柔らかな表情は、男の自分からすると到底及ばない、包み込むような力強さ。

妊娠、出産、そして子育て、「母」としての強さを感じます。

幸せとは何か

例え赤ちゃんができなかったとしても、今がどうあれば幸せなのか。

いつもお話する時は体調のことだけでなく、子育て中の苦労や成長の様子、運動会での出来事、家族でディズニーランドに行ったこと、身の回りのことを色々お伺いしました。疲れた表情が笑顔に変わっていきます。

無事妊娠

漢方生活で徐々に基礎体温も整い、5ヶ月後には無事妊娠。

その後も、お腹の中で赤ちゃんが育っているという報告にホッと一安心。改めて一般的にバセドウ氏病の場合流早産や妊娠中毒症のリスクが高いと言われますが、命の強さ、神秘さを感じます。

あの時産まれた赤ちゃんが、今度はお姉ちゃんに。

そして、いつかは母になる。

なんて・・・早すぎですね・・・

 

漢方みず堂赤坂店 福田 学

 

漢方みず堂ホームページ:赤ちゃんが欲しい方へ

おすすめ記事:プレッシャーを乗り越えて自然妊娠


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

同じカテゴリーの記事を読む

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社漢方みず堂が運営しています。