まごはやさしい

2015年8月24日

マクロビオティック

まごはやさしい

「まごはやさしい」

「まごはやさしい」とは、食品研究家で医学博士の吉村裕之先生が提唱されているバランスの良い食事の覚え方で、最初の文字を覚えやすく言いあらわしたものです。健康やダイエット、アンチエイジングにも是非実践したい食事法です。
元野球選手の松井秀喜さんや、経済評論家の勝間和代さん、タレントのデヴィ夫人なども、健康やダイエット・体の若さを保つために実践しているとメディアで紹介されています。

  • ま(豆)・・・豆腐・大豆・納豆など。
  • ご(ごま)・・・ごま。
  • わ(わかめ)・・・わかめなどの海藻類。
  • や(野菜)・・・野菜。
  • さ(魚)・・・魚介類。
  • し(しいたけ)・・・しいたけなどのきのこ類。
  • い(いも)・・・いも類。

和食のメリットが詰め合わされた「まごわやさしい」

ビタミン、食物繊維、カルシウムやマグネシウム・鉄分などのミネラル、タンパク質、といった栄養をバランスよく含む食材ばかりで組み合わされたのが、「まごわやさしい」の食事です。

「まごわやさしい」は納豆やひじきなど、日本で昔から食べられてきた食品ばかり。和食のメリットが詰め合わされているのが、この食事法なんです!

「まごわやさしい」のとりいれ方

毎日の食事で、「まごわやさしい」を含む食品を1品ずつはとることを心がけましょう。日々の食事を振り返ってみると、野菜は積極的にとることを心がけているけれど、ご(ごま)やわ(海藻)は取れていない、といったこともありますよね。

「まごわやさしい」をとりいれることで、生活習慣病予防、アンチエイジング、抗酸化、疲労回復などの効果があると言われています!

食育にも大切な「まごわやさしい」

日本の伝統的な食事を表している「まごわやさしい」は、不足しがちな栄養素を多く含み、健康な食生活に役立つため、食育には是非ともとりいれたい食事法です。体に残したくない、添加物や化学物質を排泄する力にもなってくれるんですよ!

ごはんとお味噌汁が基本ですが、お料理には本物の調味料を使って下さいね。

 


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

同じカテゴリーの記事を読む

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。