夏バテの漢方で男性更年期から解放!

2015年8月27日

更年期障害と漢方

夏バテの漢方で男性更年期から解放!

59歳男性

2~3年前にご両親を亡くし、一人で生活するようになったころより、体のほてりを感じるようになりました。

真冬の極寒でも全身がたぎるようで、すごく気持ちが悪く、そのうちに何をするにも体がだる~~く、動くのがだんだんきつくなってきました。

病院へ行くも、原因は不明・・・体温もこんなに体が熱いのに、いつも36度台。

ついには、「男性更年期」と診断されました。ところが、特に治療するでもなく、お薬を出されるでもなく、苦しさから解放されることはありませんでした。

体質をお伺いすると、元々胃腸が弱く、しかもこの5年は心労もあり、体重が10kg以上落ちてしまったとのことでした。

気陰両虚

漢方的に弁証すると、気陰両虚。

体の“元気”と“栄養分”の両方が損なわれてしまっている状態です。

漢方では、“栄養分”は、即ち“体のうるおい”。

うるおいがないので、火を抑えることができず、燃えさかり、また熱でうるおいを乾かすという悪循環に陥っていました。

お飲みいただいたのは、夏バテで汗と一緒にうるおいやエネルギーが損なわれた時に使われる漢方です。

1か月で全快!

この方は、のんで10日でほてりが全くなくなり、食欲が出てきました。

けだるさがまだ少し残っていましたが、それも次第になくなり、1か月後には、「な~んも体調で気になることはないよ!」と元気な笑顔をみせてくださいました。

漢方は病名で決めるのでなく、その方の体質や症状で決めていくもの。

夏バテの漢方で男性更年期が治るなんて、西洋医学じゃちょっと考えにくいですよね!

 

※関連記事

男性更年期障害~NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」~

普段の疲れと明らかに違う男性更年期障害

 


執筆者 田頭 哉子の画像

執筆者 田頭 哉子
漢方みず堂漢方専門相談員
漢方に出会って、考え方や人生観がとても良い方向へ変わりました。
病院やメーカーで勤務していたこともあって、西洋医学と中医学の両面から感じることもたくさんあります。
私自身もずっと漢方をのんでおり、その実体験からや(すごく元気になりました!)、お客様との出会いから学んだことなど、少しでも皆さんの健康と幸せのためにお役にたてる情報をお伝えしていきます!
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社漢方みず堂が運営しています。