脾胃気虚の漢方~ガスが溜まる、お腹が張る~

2015年10月30日

胃腸と漢方

脾胃気虚の漢方~ガスが溜まる、お腹が張る~

30代女性

2~3年前からお腹が張って苦しくなる。お腹がポコポコ鳴る。ガスが溜まる。急に痛みが出る。たまに便意のある痛みでトイレに駆け込むこともある。以前は夕方から症状が出ていたが、この夏から昼食後から張り出し、だんだんひどくなっている。

病院に行ったが、大腸検査では異常はなく、お通じもスッキリ感がない。原因も分からず、ただ痛みに耐えているという感じでした。

痛みで仕事に集中できなくて辛いのでどうにかしたい!とのこと。

体質は年々疲れやすくなり、代謝が落ちているのか体重が落ちにくくなっている。寒がり、足のむくみ、食欲少なく胃がもたれやすい、腰痛が2~3ヶ月前から気になっている。咳喘息、寒冷蕁麻疹。

症状の始まった2~3年前は仕事が忙しく、ストレスは感じないほうだけれども多かったかも・・・。と振り返られていました。今もお仕事はお忙しそうです。

脾胃気虚 (ひいききょ)

典型的な脾胃気虚(ひいききょ)の状態です。胃腸が冷え、働きが低下し、食欲もなく、食べればお腹が張る、胃がもたれる。食べたものがうまく消化吸収されず、お通じもスッキリしない。水分も滞り、むくみはもちろん、喘息などのアレルギーの原因に。食べたものから胃腸で「気」が作られないため、全身が疲れやすい。冷える。

そこで、食べたものがきちんとエネルギーになるような漢方を始めていただきました。

身体が元気になると心にも余裕が

漢方を飲んで1か月、お腹は張るものの、まず痛みがなくなった!お通じもスッキリ!ウォーキングも疲れずに出来ている!腰痛ない!

ただ、ストレスから胃がキリキリすることがあったそうで、様子をみていただきました。

2ヶ月後。胃のキリキリ感はなくなった。以前は疲れてできなかった、趣味の刺繍を再開。アロマを焚いてリラックスする時間も持てるようになった。お体が良くなるのと同時に、こころにも余裕が出てきた印象を受けました。実は、漢方ではココロとカラダが密接に関わっており、胃腸が弱いとクヨクヨすると考えられています。まさに、胃腸の働きが改善することで、ココロも共に改善するということを目の前で見せて頂きました。

3ヶ月目。体調に波はあり、少しお腹が張るときもあるが、辛くはない。足のむくみが減ってきた。

最近では発酵玄米を作ったり、ご自身のお体が喜ぶことを実践されています。この調子で心も体も元気になっていただきたいです。

 

 

※消化器が弱い方におすすめ

「悠楽然 酵素」5日分無料サンプルのお申込みはこちらから(漢方みず堂オンラインショップ内)

 

 


執筆者 江藤 聡子の画像

執筆者 江藤 聡子
母親の影響を受け、幼いころからいつか漢方に携わる仕事がしたい!
そんな想いがやっと通じました。

「皆様にもっと元気に健康になっていただきたい!」
そんな想いで、お客様とのご縁を大切に日々頑張っています。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社漢方みず堂が運営しています。