1か月で箱ティッシュとさよなら!小6男児の副鼻腔炎

2015年12月28日

アレルギーと漢方

1か月で箱ティッシュとさよなら!小6男児の副鼻腔炎

小柄な小学6年生男子

130㎝/26kgとやや小柄で穏やかな感じの小学6年生の男の子。

2年前から鼻づまりの症状があり、去年から、副鼻腔炎を発症し2~3ヶ月に1回繰り返している。最近は咳も出始めて、咳や鼻水で眠れない事がある。夜お布団に入ると激しく咳が出る。症状がつらい時は、市販薬を使っていたが最近効かなくなってきた。病院でもらう薬は、お腹を下してしまい、トイレに駆け込んでしまう。

親としてゆっくり眠れるようにさせたい。そして、今年は受験前なので、勉強に集中させてあげたい気持ちでいっぱい。

体質的には、疲れやすい、元々細身で体力がない、寒がり、冬に足にしもやけ、水分1.2L、汗かき、お通じ2日に1回、抗生剤で下痢になる、アレルギーパッチテストで全て反応。

肺陰虚(はいいんきょ)

驚くほどに、胃腸を整えると副鼻腔炎も治った!~11歳男子の体質改善~の男の子と似ています!!アレルギー体質のお子さんの特徴は、胃腸が弱い・水分を多く取る・風邪を引きやすい・疲れやすいといったタイプが多いようです。

今回のお子さんは、鼻のつまり、夜になると激しい咳、水分を多く取る(口渇がある)、など典型的な肺陰虚(はいいんきょ)の症状が顕著です。肺陰虚とは肺の潤いがなくなり、熱が生じている状態。肺を潤す代表的な生薬には麦門冬があります。

まずは炎症をとりつつ、体の消耗を補っていく、補陰剤という分類の漢方薬を飲んでいただくことに。症状がとれてくれば、根本的な胃腸虚弱を改善する漢方に切り替える予定です。

1か月で箱ティッシュとさよなら

飲み始めて1ヶ月後、ひどい鼻のつまりがなくなった。鼻水も出ていない。箱テイッシュを持参しなくなった。

2ヶ月後、風邪を引いた。夜中、咳で起きたりした。

3ヶ月後、咳もせず、鼻づまりもない。

5ヶ月後、鼻水だいぶ良い。咳でていない。風邪ひいていない。元気で順調。

本格的な体質改善へ

毎年インフルエンザにかかり、1シーズンで2回もかかる事がある。今年は今の所大丈夫ですが、受験前にインフルエンザになっては大変です。ここからさらに体質改善を継続し、自然治癒力を高め、インフルエンザにもかからない強い身体になって頂きたいと思っております。

そして、試験にも合格して頂き進学先ではもっと楽しい学校生活が送れるよう・・・・あれもこれもと欲張りかもしれませんが、そんな親心でしっかりサポートさせて頂きます。

 

漢方みず堂新生堂薬局五条店 吉村 暢夫

 

※子供の漢方に関する記事

子供の花粉症は薬を使わないで治す!

インフルエンザと麻黄湯

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)を早く治す方法~我が家の4歳児の場合~


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社漢方みず堂が運営しています。