僕の断食体験~プロローグ~

2016年1月25日

マクロビオティック

僕の断食体験~プロローグ~

自然治癒力を発揮させるための断食

本来動物は病気になった時は、あまり食べなくなります。それは、病気を治す為に本来備わっている自然治癒力を発揮させる為です。

これは人間でも同様で、古来より数々の断食療法によって、病気を克服した話がたくさん残っています。

最近でも空腹感が免疫力を上げる話やアンチエイジングになるという話が本になっていたりしますが、当然と言えば当然のことと言えます。

質を良くするより量を減らす

私自身、アレルギー体質(慢性鼻炎と貨幣上湿疹)を漢方薬と食事(1日1~2食)で改善した経験もあり、食事を減らすことの重要性を肌で感じてきました。

風邪を引いた時はなるべく何も食べずに水分だけを摂る様にしています。そうすれば、大抵漢方薬にも頼ることなく、1~2日で治ってしまいます。しかし、食欲に負けてしまう時もあり、その時は明らかに治りが遅く、漢方薬のお世話になることも多々ありますので、断食の効果をその都度実感しています。

私個人においては、何を食べるかの前に、まず量を減らす事が大切だと実感しています。そして、量を減らせば減らすほど、偏食にならないように気をつけなければなりませんが、どちらかと言うと、私の場合は、食事の質を良くすることよりも量を減らす方が影響が大きいようです。それは私が漢方的には実証体質というのが原因だと考えられます。

実証体質の方は、もともと体に過剰にエネルギーをため込みそれが老廃物とし溜まる傾向にありますので、とにかく食べる量を減らすことが先決です。

逆に、冷え症で疲れやすく筋肉量も少ない虚証体質の方は、量を一気に減らしすぎると、元々エネルギーが少ない為、余計に弱ってしまうこともあります。その為、あまり自己判断でやり過ぎないようにすることが大切です。

減食と時々断食

私が日常行っているのは、断食ではなく1日1~2食にする減食ですが、時々1日断食なども取り入れで、定期的に体の中を綺麗にするようにしています。

周りには24時間たくさんの誘惑がありますので、食べない事は自分自身相当な覚悟が入ります。負けてしまうことも当然ありますが、1日でも達成できれば、自信にもなりますし、体調も良くなるのでまたやろうという気持ちにもなると思います。

また以前訪れた断食道場でも多くの学びがありました。

前置きが長くなりましたが、今回はこの場をお借りして、主観的ではありますが、断食や減食からの気付きを紹介させていただきます。

ご病気の方が快方に向かうための何かしらのきっかけになれば幸いです。

遡ること約3年前の11月下旬

〈断食修行は般若波羅密多行〉

” 仏教では断食は般若波羅密多の道であるという釈尊以来の伝統が語り継がれ、行じ続けられています。自然に従う者は栄え、自然に逆らう者は滅すとは宇宙の法則です。何億年の昔より生命保存のため、健康の為、 神より与えられたのが断食本能。 この神から与えられた本能のみによって生きている野生の動物は病むことを知らないといわれている。しかし、もし病気になった時は誰かに教えられるでもなく、自ら飲食を絶って神から与えられた生命力、自然治癒力に一切を任せきる。食は生命の源なので、その生命が本来あるべき姿を失った時には食を絶つことによって本来の正しい姿に帰るという素晴らしい働きを神仏は本能として授けている。”

 

この文章を読んだことがきっかけで、私は奈良県のとある山にいました。

標高も高いため気温も低く、じっと立っていると自然と体に力が入ってきます。

険しい登り坂が続く山の頂上にはお寺があり、その途中に数えきれない程の紅い鳥居が並んでいました。その場が作る神聖で澄んだ空気が体の中を巡っているだけで、気持ちも体もきれいになるような感覚になります。

全国的にも名の知れた歴史の古い断食道場で、昔は多くの方が訪れていたようでしたが、現在ではそれほどでもないようで、20名程が泊まれそうな建物ではありましたが人の気配はほとんど感じられず、これからの断食体験に少し不安を覚えたのを憶えています。

不安は的中し、私一人だけの貸切り状態で7泊8日の断食道場での生活が始まりました。

 

<次に続く:僕の断食体験vol.1~初日~

 

※関連記事

僕の断食体験vol.2~目覚めの良い朝~

僕の断食体験vol.3~陽性の飲み物「梅醤番茶」~

僕の断食体験vol.4~環境による心への影響~

僕の断食体験vol.5~初めての体験~

僕の断食体験vol.6~持続する集中力~

僕の断食体験vol.7~冷たい水は飲み込めない~

僕の断食体験vol.8~ちくわの誘惑~

僕の断食体験vol.9~3日目の脱力感~

僕の断食体験vol.10~心と身体はどちらが強い?~

僕の断食体験vol.11~ついに脾気虚・肺気虚になる~

僕の断食体験vol.12~癌(ガン)と正食~

僕の断食体験vol.13~力みなぎってきた5日目~

僕の断食体験vol.14~命とは、生とは、死とは~

僕の断食体験vol.15~人生で一番痩せた日~

僕の断食体験vol.16~僕は断食によって何を得たのか?~


執筆者 伏見 浩幸の画像

執筆者 伏見 浩幸
漢方薬の持つ力の素晴らしさとともに、人間の持っている力もすごいなぁと日々感じています。漢方薬だけではなく、私たち自身も相談員としてお客様の「薬」なることはもちろん、今、色々なご病気で悩まれている方々も、授かった命と一緒に当然備わっている自分自身の自然治癒力に自信を持ち、自分自身が「薬」になるお手伝いができればと考えています。そんな願いを込めて一話一話を綴らせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

同じカテゴリーの記事を読む

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。