膀胱炎と耳鳴りの原因は同じ?

2016年6月21日

頻尿と漢方

膀胱炎と耳鳴りの原因は同じ?

膀胱炎

70代の小柄な女性。

10年前から、月に1回のペースで、イボ痔の症状が出ると一緒に膀胱炎の症状でピリピリ痛みがある。2~3年ぐらいは、落ち着いていたが最近になって頻繁に症状が出てきた。
体質としては、疲れやすい、寒がり、冷え(足)、汗かき、肩こり、足が重い、耳鳴り(セミの鳴き声)、便秘気味。血圧のお薬も飲んでいました。

典型的な「腎陰虚」

膀胱炎はもちろん、下半身の冷え、耳鳴り、便秘、血圧、いずれも「腎」に関係する症状です。

この場合病院に行けば、膀胱炎の薬、血圧の薬、便秘の薬とそれぞれ出されます。一方、漢方の場合、どの症状も根本的な原因は「腎陰虚」です。1種類の漢方薬で全ての症状が改善していきます。まさに根本的な体質改善ができる漢方の魅力です。

腎陰虚火旺から、腎陰陽両虚の漢方薬へ

まずは、腎陰を補い、腎陰不足から起きている火を消す(炎症をとる)漢方薬を飲んでいただきました。

漢方を始めて2~3週間後、症状がやわらいでいる感じがある。
約1か月で、痛みがだいぶ楽になってきた。気になっていた耳鳴りの音も小さくなってきて、気にしなくてよくなってきた。
2~3か月後には、少しピリピリ痛むときもあるが、だいぶ良くなってきている。耳鳴りは、以前と明らかに違う。
4か月後、膀胱炎の痛みはなくなった。耳鳴りもあまり気にならなくなった。肩こりもなくなった。

炎症症状がほとんどとれたので、ここから腎の陰陽を補う漢方薬に変更しました。

最初は少し飲み忘れてしまうこともありましたが、症状が明らかに良い方向に向かっているのを実感していくと自然と以前よりもきちんと飲めるようになっていきました。
苦しんでいる方が笑顔になっていく姿は言葉では表せないほど嬉しいものです。もっともっとたくさんの方の傍で元気になるお手伝いをさせていただきたいです。

 

漢方みず堂新生堂薬局五条店 吉村 暢夫

 


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談