乗り物酔いと手の震えで「修学旅行が怖い」

2016年7月25日

自律神経失調症と漢方

乗り物酔いと手の震えで「修学旅行が怖い」

16歳女子中学生

お悩みは鼻づまり。病院に通うが改善みられず。押さえられている感じ、鼻がせまい感じがする。風邪ひいたときにひどくなる。常に眠い。

もともと歌うのが好きだったが鼻のせいでカラオケも行けない。

外出すると手が震えるようになり、安定剤が欠かせない。飲み忘れに気付いた瞬間、不安に襲われ手が震えてくる。

まだ半年以上先だが、修学旅行が控えている。実は乗り物酔いが酷く、修学旅行の話題が出るだけでブルーになる。修学旅行が怖い。

体質は、風邪ひきやすい、貧血気味、肩・首のこり、肌の乾燥、立ちくらみ、目の疲れ、冷たいものがほしくなる、便秘気味、生理周期乱れている。

まずは鼻づまりの改善からスタート

何もかもが一つの漢方で良くなれば、一番の理想ですが、時としてそうはいかないこともあります。その場合、一番気になっていることから順番に改善していくことになります。ご本人は、鼻づまりで乗り物酔いすると思っていたようですが、漢方的には乗り物酔いと手の震えが同じ原因「内風」と考えられます。まずは、ご本人が一番気になっている、鼻づまりを改善してから、内風を鎮める漢方に変更していくことにしました。

若いと改善も早い!

漢方を飲み始めて1か月後、鼻の通りがよくなりいい感じ。味は苦手のようだが本人頑張って飲んでいますとお母さん。声が出るようになったのでお母さんとカラオケ行くのがすごく楽しい!また生理痛も改善してきている。

鼻のつまりは予想以上に早く取れたため、ここから、乗り物酔いや手の震えの改善のため、漢方薬を熄風剤へ変更。
変更して1か月後、最近では安定剤を飲み忘れる時もある。今までは絶対手放せなく飲み忘れることは絶対なかった。あると不安で不安で手が震えることがあった。近ごろでは飲まなくても平気。
2か月後には、汗をかけるようになった。今までは内側だけが暑くて全然汗がかけなくてクーラーに当たっていても涼しくならなかった。それが当たり前と思っていたら最近汗が出始めて、涼しさを感じれるようになってうれしい。恐る恐る首を振ってみたら全然ふらつきもなく超楽し~
いまでは修学旅行の計画を立てるのが楽しくてしょうがない。早く行きたいな~。
よくなっていますが油断せず、来年の修学旅行に自信をもっていけるように応援していきます。

 

※中学・高校・大学生の自律神経失調症の記事

女子大生の自律神経失調症~「元気があればなんでもできる」~

受験生の自律神経失調症には漢方がテキメン!

深刻な悩み「手足の汗」

 

※子供の鼻炎の記事

胃腸を整えると副鼻腔炎も治った!~11歳男子の体質改善~

副鼻腔炎で毎日抗アレルギー薬と抗生物質を飲んでいた中学生

病院の薬激減!9歳の鼻炎・喘息・アトピー


執筆者 盛本 直也の画像

執筆者 盛本 直也
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。