自律神経失調症に補気剤

2016年12月2日

自律神経失調症と漢方

自律神経失調症に補気剤

自律神経失調症

70代の中肉中背の方。

凄く元気だったのに4年前に入院することに。1年後また調子が悪くなって入院。

そして、ここ1ヶ月はすっきりしない。眠りが浅いが薬でなんとか眠れている。

朝は、ボーッとしてしまう。

ご飯を食べるのも作るのもしたくない。体重も減ってきている状況でした。

目には見えないもの

「元気」や「やる気」というように、体全体のエネルギーを漢方では「気」と呼びます。まさに、この「気」が消耗しているために様々な症状が出ている状況でした。(※詳しくは「気」の種類をご覧ください。)

高麗人参やナツメなど、「気」を補う生薬が入った補気剤の漢方を飲んで頂きました。

じっくり改善

約2ヶ月で、食欲がでてきたり、睡眠の質がよくなった気がするとのこと。

しかし、3ヶ月目で、血圧が高くなり、食欲もなくなり漢方も止めたくなり何もかも嫌になった。血圧さえ低くなればということで一時的に病院で薬が1種増えました。

4ヶ月目にはなんとなくすっきりした感じが戻りました。

それから、良い時と悪い時の波を繰り返していきながら、約1年後には精神的に落ち着いてきました。無理に病院の薬を減らしたら、体調不良が続いたので薬も無理に減らさず半錠にして減量していきました。

約1年6ヶ月、凄く調子が良く、気になることはすっかりなくなりました。

 

今まで、症状の波はありましたが、いつも「信じて頑張っています」という言葉を何度もおっしゃられていました。ご自身が良くなる、良くなりたいという気持ちがより、治すことへの元気の「気」の部分の背中を押したと思います。このお客様から、改めて気持ちや心は大切だと学ばせて頂きました。

 

漢方みず堂新生堂薬局五条店 吉村 暢夫

 

 


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。