うつ病を乗り越えて、12.5㎏のダイエット

2014年11月10日

漢方ダイエット

うつ病を乗り越えて、12.5㎏のダイエット

娘さんを亡くして

52歳の女性の方のダイエットのお話です。

 

娘さんを3年前に亡くしご自分も自律神経失調症に。

うつ病も同時に発症して、薬を10数種類服用。

そのせいもあり太ってきた。一昨年45㎏ → 昨年50㎏ ⇒ 今年55㎏

会社の制服が新しくなり、採寸を半年前にやっており、それが着られなくなるのがいやとの事でスタート。

 

スタート    56Kg  体脂肪35.6%

20日後    52.4Kg   体脂肪32.2%

40日後     51.6Kg 体脂肪31.5%

4ヶ月後   47.2Kg 体脂肪28.6%

5ヶ月後   45.0Kg 体脂肪26.5%

6か月後   44.4㎏  体脂肪25.5%

8ヶ月後   43.6㎏  体脂肪24.9%

 

以降漢方薬のみで、続けられて、44~45㎏をキープ。

 

睡眠薬、向精神薬、安定剤との併用でしたが、がんばりぬき、これらの薬も減ってきたようです。

黙黙ときちんとされており、常に励ましながら、娘さんの事も聞きながら・・・でした。

段々と顔つきに表情が戻ってきて、生気が出てきているようでした。

 

ダイエットは一旦やせてからが大切です。

漢方薬の良さは、太りづらくしてくれるという事。

漢方薬を続けることで、それが実現できてきます。

ご自分に合ったやり方で色々できます。

太り傾向にあるときに、ストップがかけられるように。

応援します!

 

漢方みず堂公式HP「漢方ダイエット特集」

<ダイエットになぜ漢方なの?><漢方的肥満の原因・体験談><ダイエット漢方の中身を見てみよう!><漢方ダイエットの方法・流れ>

 


執筆者 河端 孝幸の画像

執筆者 河端 孝幸
大学生時代に、地域の人々の役に立つ仕事がしたいと漢方の道に入りました。漢方の「か」の字も知らずに、なぜ、草とか根っことか葉っぱが効くの??という西洋医学だけしかやってこなかった私には疑問ばかり。
就職して半年くらいがたったころ、「病気は自然治癒力が治す」という小倉重成先生の本と出合い、漢方のすごさを知り、真正面から漢方を目指し今現在に至っています。
漢方の良さを知ってもらいたい。宣伝ではなく本当の気持ちや事実をお知らせしたい。そんな気持ちでこのサイトを立ち上げております。
ぜひ、よろしくお願いいたします。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

同じカテゴリーの記事を読む

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社漢方みず堂が運営しています。