妊娠前→妊娠中→産後→2人目妊娠と漢方フル活用!

2017年3月17日

産前・産後の漢方

妊娠前→妊娠中→産後→2人目妊娠と漢方フル活用!

妊娠しやすい漢方

はじめは赤ちゃんが欲しいということでご相談にいらっしゃいました。

ご結婚3年目で、ホルモン剤を使っての病院の治療をされていました。

基礎体温が、高温期に上がりにくく低温期と差があまりない、そして短いということと、実際に感じる体の冷えを訴えていらっしゃいました。
体を温め、内分泌器官に関わる「腎」の力を補ってくれる漢方薬を飲んでいただき、それから、間もなく妊娠されました。
これには、私自身も驚きましたが、おそらく漢方の薬効的な効き目だけでなく、タイミングというものもあったのかとも思います。

妊娠中の漢方

ここからが大事な時期でもあり、うまく妊娠が継続することを目的に安胎薬の代表的な漢方薬を飲んでいただきました。この漢方薬は良い血液を補い、妊娠によって起こる水の流れの変化による体調不良(つわりやむくみ)を和らげるものです。

順調に妊娠が継続し次の春には元気な赤ちゃんが産まれました。

産後の漢方

産後は、子育てをほんとうに楽しくされているご様子が伝わってきました。
おっぱいの出もよく、完全母乳での子育てということです。
ただし注意しなければならないのは、たとえ楽しくても やはり体にはプラスもう一人分の栄養が必要であり、なんらかの負担がかかります。例えばおっぱいも元は血液です。

この方は抜け毛と、不眠を訴えられていました。
そこで、良い血を補い、無意識にでもあるストレスに対し影響を受ける、五臓でいう「肝」を整える働きのある漢方薬を飲んでいただきました。
しっかり続けられたことで、そういったお悩みも、良くなりました。

2人目の妊娠を目指して

妊娠される前、妊娠中、産後にそれぞれ合った漢方薬を使われ、ほんとうに漢方の良さをお客様も、漢方をご提供させていただいている私も実感しました。ちなみに、妊娠中や、産後の風邪にも漢方をご案内させていただきました。

そのような中、お子様が1歳になられ、第二子を希望されていることをお伺いしました。改めて今の状態に合った漢方を選ばせていただくことに、と申しましてもずっと漢方を継続されていらっしゃったので、今の漢方薬で合っているという判断をさせていただきました。
すると、はやい期間で 第二子のご妊娠の報告を受けました。

ここに書かせていただいたのは、一例であり、漢方で妊娠に対してできることは、たくさんあります。
ぜひ、お悩みや、ご相談がありましたら、ご相談ください。
私も、お客様の人生の喜ばしい場面に関わらせていただくことをほんとうに楽しみにしています。

 

漢方みず堂杏林堂薬局ピーワンプラザ天王店 大森 康次


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。