典型的な血虚・血寒~しもやけ・花粉症・肩こり・生理痛~

2017年4月11日

冷え性と漢方

典型的な血虚・血寒~しもやけ・花粉症・肩こり・生理痛~

不調のオンパレード

20代前半から毎年しもやけが出来てひどくなり、だいたい毎年春先まで出来ていると言われる30代前半の女性。

同じ時期くらいから花粉症にも悩まされ、ひどいと耳が聞こえなくなった時もあったようです。

また、2年くらい前から肩こりも出てきて、Hb(ヘモグロビン値で貧血の値。正常値は14以上)の値も9。

生理痛も痛い時は激しく、これもひどいと吐くこともあるとのことでした。

またたまに体調が悪い時は胃のあたりがムカムカするとのこと。

典型的な血虚・血寒

この方は典型的に血虚で血寒。つまりは血が足りなくて、血液自体が冷えている状態。

血液が足りてないから生理痛にもなり、肩も凝り、貧血もあると考えられます。

胃の状態や、花粉症は、一般的には水毒と言って、水分の鬱滞や水分代謝が悪くて起こると考えられます。しかし、この女性の場合は、全て血液が足りず、血営循環が悪くなり、それぞれの臓器に栄養が行き渡らずに様々な障害が出ていると考えられました。

漢方薬の真骨頂

根本的な血虚と血寒を改善する漢方薬を飲んでいただきました。

いらっしゃった時はまさにしもやけシーズン突入寸前の時期。しかし服用して1ヶ月目で、すでにシーズン真っ盛りでしたが、一向に出来る気配がないとのことでした。また、胃のムカムカも大丈夫とのこと。何より、肩のコリがなくなったと喜んでいらっしゃいました。

2ヶ月目には、しもやけも、肩こりも、胃のムカムカも、むくみもなくなり、生理痛も大丈夫とのことでした。

3か月目には、肩こりぜんぜ~ん!と言えるくらいに全く忘れたとのこと。さらに次の月には花粉シーズンに入りましたが、あれ?そういえばない!とのこと。

まさにこの治り方が漢方薬の真骨頂ですね。

病気を治すのではなく病人を治す。それが漢方ですね。


執筆者 河端 孝幸の画像

執筆者 河端 孝幸
大学生時代に、地域の人々の役に立つ仕事がしたいと漢方の道に入りました。漢方の「か」の字も知らずに、なぜ、草とか根っことか葉っぱが効くの??という西洋医学だけしかやってこなかった私には疑問ばかり。
就職して半年くらいがたったころ、「病気は自然治癒力が治す」という小倉重成先生の本と出合い、漢方のすごさを知り、真正面から漢方を目指し今現在に至っています。
漢方の良さを知ってもらいたい。宣伝ではなく本当の気持ちや事実をお知らせしたい。そんな気持ちでこのサイトを立ち上げております。
ぜひ、よろしくお願いいたします。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。