暑くなると顔が真っ赤になり痒みも出る

2017年5月17日

皮膚病と漢方

暑くなると顔が真っ赤になり痒みも出る

10年前からのお悩み

70代の小柄な女性。

60歳で仕事を辞めたぐらいから、顔のみ人混みや熱風の所に行くと暑くなり真っ赤になり、湿疹も出て痒くなる。

長年、皮膚科でステロイドなどをもらい続けていたが、一向にしっかりと改善するという感じがない。 長年のお悩みで、そうなっている自分自身も嫌だと感じていらっしゃいました。

体質としては、疲れやすい、のぼせ、むくみ、汗かき、耳鳴り(高音)、せっかちな性格

患部の赤みが強ければ、まずは清熱剤

皮膚の場合は、目に見えるため比較的漢方薬の選定もやりやすく、今回のように患部の赤みが強い場合は「清熱剤」をまずはお飲みいただきます。

同じような顔の赤みで漢方を飲まれた方の例があります。(→毛細血管拡張症で顔が真っ赤、2か月でマスクが外せるまで改善!

3ヶ月目で動き出した症状

1ヶ月目は、まだ大きな変化なし。赤みもまだ出る。

2ヶ月目には、赤みはでるが、湿疹は少し出にくくなってきた?痒みはまだある状態。

3ヶ月目に、大きな赤みや湿疹が減っている!昨日・一昨日に違う知人からも赤みが減ってきたねと言われて嬉しかった!

ご自身でもそうですが、知人の方から客観的に、良くなってきているね。と言われることが大変嬉しいと言われていました。

10年来のお悩みの症状が改善されるというのは、本当に嬉しいことだと思います。私も、ご縁があり、関わらせて頂き、このように良い変化を感じて頂ける事が嬉しいです。

もちろん、まだ症状はありますが、この調子で、どんどん良くなって頂きたいです!


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。