風水と漢方の共通点

2017年6月13日

マクロビオティック

風水と漢方の共通点

風水と漢方の共通点

昔の人は風水の「風」には風通しのよいこと、水には「水はけのよい土地」という意味があり、その様な場所にいるとエネルギーが充電され、生命力がよみがえるということを知っていたのでしょう。
環境や自然のエネルギーと一体となって生きるすべを知恵として受け継いできたのだと思います。

漢方の陰陽五行説で「風」と共鳴する臓器は「肝」で、「水」と関連する臓器が「腎」であるととらえます。
ということは「風水」上の悪い場所にいると「肝腎」要の臓器を痛めるということになります。
そのような土地で、過食の傾向にある人は、老廃物の浄化装置である肝臓や腎臓に負担をかけることになるので病気となりやすいといえます。

反対に、少食や素食、時々の断食によって内臓の負担を減らしてあげれば、風水的によくない場所にいても病気や災難から身を守ることができるはずです。

モノのイノチを活かす

豊かになった現代では、モノがたくさんあふれているご家庭も多いと思います。
使っていないモノは、劣化していきます。
風水では、劣化したモノを家の中に置くことや、モノがいっぱいで風通しが悪いことが最も悪い家相だと判断します。
要らないモノはどんどんリサイクルに回しましょう。それがモノのイノチを活かすことになります。
そして家の中にすがすがしい風が吹き渡り、滞った湿気も蒸発します。
今からの梅雨の時期は湿気もたまりやすいのでぜひその前にお掃除をしましょう。

心の風水

家と同じように、人間の心にも風水があります。
現代は心の中に執着がいっぱい詰まっていて、風通しを悪くしている人も多いようです。
心の執着という垢を取り去る一番簡単な方法は、要らないものを処分するということです。
部屋の整理整頓をしたり、ピカピカに掃除すると、心まですがすがしくなることを体験したことがあると思います。

このように目に見える形で、要らないモノをどんどん処分していくことで、心の中の執着も一つ一つ取れていきます。
執着がなくなっていくと、すがすがしいエネルギーが宇宙から風を通して心の中に吹き渡ります。
そしてあるがままで幸せであることに気づけるようになります。

そして過去のいやな出来事は、すべて水に流してしまいましょう。
過去の出来事にこだわるということは、トイレの排泄物を毎日眺めて、汚い汚いと叫んでいるようなものです。
過去の恨みや嫉妬、愚痴や非難する心、怒りや恐怖、不安などの感情を全部水に流してしまいましょう。
心の排泄物を水に流してあげることで、すがすがしい気分になれます。

体と心の風水のカギは腸の大掃除

そのための具体的な方法が腸の大掃除です。
時々のプチ断食で腸の中の滞った宿便を抜き、美しくすがすがしい腸の状態になることで身も心も軽くなり、運命もまた好転していきます。

腸内環境を風通しのよい空腹状態にし、要らない水毒をためない少食や素食、断食によって、風水に左右されない心地よい心と体をつくりあげましょう。


執筆者 長谷川 雅子の画像

執筆者 長谷川 雅子
薬剤師として調剤の仕事をしていてこのままでいいのか疑問を感じていました。
本当に良くなるにはどうしたらいいのか探していく中で、人は食べたものでできていることや、さらには気持ちが大切という当たり前のことに戻ってきました。
お客様と一緒にお客様にとって良い方法を考えていきたいです。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

同じカテゴリーの記事を読む

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。