患部がじゅくじゅくのアトピー性皮膚炎は「風湿熱」

2017年6月29日

アトピーと漢方

患部がじゅくじゅくのアトピー性皮膚炎は「風湿熱」

モデルさんのようにすらっとした、笑顔が素敵な30代の女性

小さいころからアトピーがあり、塗り薬等である程度落ち着いていたけれど、1年ほど前から症状がひどく出始めた。

半袖から覗くひじの裏からは汁がしたたるほど。ひざの裏も同様にジュクジュクとして、掻き壊して患部は紫色に盛りあがっていました。

抗アレルギー剤を服用するも、毎晩かゆみがひどくて眠れず、睡眠不足の毎日。漢方薬も、あらゆる体質のものを何種類も飲んでいて、余計に悪化することもありました。

一度、しっかり体質に合った漢方でやってみたいと、きっと最後の頼みというようなお気持ちだったと思います。

患部がじゅくじゅくは風湿熱

分泌物が多く、じゅくじゅくした皮膚症状は「湿」が悪さをしている証拠です。毎年梅雨時期に悪化しやすいというのも、さまに湿が悪さをしているからです。

強いかゆみをなだめ、ジュクジュクを乾かしながらも、お肌に必要な潤いを補う漢方と、夜はよく眠れるようにかゆみをとりながら寝つきをよくする漢方を頓服でお出ししました。

季節の変化も大いに影響する

毎年悪化するという梅雨時期からのスタート。

まず試しに2週間ほど続けられ、ジュクジュクが日に日によくなっていくのを感じたとのこと!体質に合う漢方をしっかり選ぶことが大切だと、お客様と一緒に実感しました。

飲み始めて1ヶ月もすると、さらさらとしたお肌の日も増えて良い感じ!ただ夏も本番、連日の蒸し暑さに汗をかくときはまだジュクジュク気味。この頃より漢方での体質改善だけでなくお食事も和食中心の粗食に切り替えていきました。

3ヶ月も経ち、秋になる頃にはジュクジュクはほぼ収まり、紫色にぼこぼこと盛り上がっていた跡も、色も薄くなめらかになってきました!季節的にも乾燥が強くなってきていたので、クリームでしっかり保湿。100gのクリームが週に1本のペースでなくなる程の状態が2ヶ月程続きました。

冬に向かい外気の乾燥は強くなるものの、保湿剤の量はぐっと減りました。この時点でかゆみはほぼ無く、掻くことも減ったので色素沈着も薄くなってきました。たまに痒くなってひっかいたとしても、傷になりにくく、お肌が丈夫になってきたことを実感!

そしてアレルギーが悪化しやすいと言われる春を迎えても、お肌はぶれません!煎じ薬の量を徐々に減らしながら毎日欠かさずこつこつ飲んで、状態もだいぶ安定してきました。今まで蒸れてかゆくなるからと避けていた厚手のデニムも履けるようになり、「痒いと思う瞬間がほとんどありません!」と嬉しい言葉を聞けるまでになりました。

何より日々欠かさずこつこつと漢方薬を続けられ、ご自身の生活も整える姿勢が、半年の間で見違えるほどの改善につながったのだと思います。これからの梅雨・夏の時期もきっと大丈夫!すっきりと過ごしていただけるよう応援してまいります。

 

漢方みず堂ヴァインドラッグ末吉薬局 東江 いつみ

 

※関連記事

掌蹠膿疱症~じゅくじゅくは風湿熱・かさかさは血熱~

皮膚病の八綱弁証(はっこうべんしょう)~プロの見立ての重要性~


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。