普段の疲れと明らかに違う男性更年期障害

2017年10月23日

更年期障害と漢方

普段の疲れと明らかに違う男性更年期障害

男性更年期障害

男性更年期障害をご存知でしょうか。更年期障害は女性だけではなく男性にもあらわれる症状です。

50歳のお客様は1ヶ月前から急に体がだるくなり、気分も落ち込むようになり、夜ほてって何度か起きるようになってしまいました。

体力を使うお仕事ですが、もともとは体力に自信があり、なんだか普段の疲れとは明らかに違う。家に帰ってご飯を食べてバタンキュー。奥様も明らかに違うと感じていました。

体形はがっちりしていて、見かけはエネルギーに満ち溢れていそうでしたが、体質をお伺いすると、首、肩、背中のこり、体・足が重い、手のむくみ、ボーっとする、立ちくらみ、副鼻腔炎、お天気が悪いと頭痛、お通じは1日3回、ストレスを感じやすい性格。

実証・虚証の判断

尿路結石や、中性脂肪、コレステロールも高いため、普段のお客様でしたら実証タイプの漢方を飲んでいただいたと思います。ですが、ここ1ヶ月のお体の状態ですと、とても強い実証タイプの漢方を飲むことで余計に疲れてしまう恐れがあったため、虚証タイプの気を補う漢方と、マカなどが入った男性ホルモンを整えるものを飲んでいただきました。

 

1週間後、奥様はだいぶ変わってきた。と仰っていましたが、ご本人様はあまり実感がありませんでした。

2週間後、ごはんを食べてバタンキューだったのが、起きていられるようになった。夜起きないでぐっすり眠れるようになった。

1ヵ月後、一年で一番忙しかった一ヶ月を乗りこえられた。あのままだったら、きっと乗りこえられなかったと思う。と仰っていました。

現在は体調をみながら量を調節して続けていただいています。

なんだか、体調がいつもと違う、原因が思い当たらない。というかたは男性更年期かもしれません。年齢だからと諦めずお体を整えて、いつまでも元気にお過ごしいただきたいです。

 

※関連記事

夏バテの漢方で男性更年期から解放!

男性更年期障害~NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」~

 


執筆者 星 知美の画像

執筆者 星 知美
漢方みず堂漢方専門相談員

心が変わると身体も変わります。
それを日々感じます。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。