40歳で更年期障害になるのか?

2017年12月13日

更年期障害と漢方

40歳で更年期障害になるのか?

更年期障害と言っても、症状は様々

43歳の女性の方が「更年期障害で」と言ってご来店下さいました。

詳しく症状を伺うと41歳になったころから生理が来たり来なかったり不順になってきた。1ヶ月前から眠れなくなった。眠れなくなる前に、体がカーッと熱くなり、汗ばむようになっていた。横になると、動悸がして寝ても途中で目が覚めてしまう。40歳を過ぎたあたりから、急に疲れや体の急な変化を感じるようになったため更年期障害になったのではないか。ということでした。

その他にも、血圧が低い、汗が出づらい、冬は体が思うようにならないほど冷える、お通じもセンナを飲まないと出ない、生理前の症状もありました。

もともとは余り気にならない、イライラしない性格だったのに何をする気も起きず、落ち込みやすくなったということでした。

更年期障害にはまだ早い

東洋医学では女性は7の倍数で変化するといいますが40歳に入って、急にお体の変化を感じられる方は多いです。

今まで出来ていたことが出来なくなったり、気持ち的にも以前と違う。

ですが、更年期障害と呼ぶにはまだ早い年齢です。

「腎」が衰えて起こる更年期障害ということよりも、単にホルモンバランスが乱れて更年期障害と似た症状が出ている状態だと考えられました。

本当の更年期障害であれば、ホルモンバランスを整えながら、根本的な「腎」を強化していくことが不可欠ですが、今回はホルモンバランスを整える漢方薬と、体の余分な熱を冷ます漢方薬を飲んでいただきました。

1ヶ月で見違えるほど元気に

1週間後、寝るまでの時間が短くなった。布団に入るとドキドキしていたが、それも少し良くなっている。

1ヵ月後、夜眠れるようになった。ドキドキや不安な気持ちもなくなった。初めにご来店くださったときとは違い元気なお声でした。

 


執筆者 星 知美の画像

執筆者 星 知美
漢方みず堂漢方専門相談員

心が変わると身体も変わります。
それを日々感じます。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。