出産後の皮膚のトラブル

2017年12月14日

産前・産後の漢方

出産後の皮膚のトラブル

出産後の皮膚のトラブル

皮膚の全体が赤くなって、軽いみみず腫れのようになっていました。見るからに痒そう。

まだ出産して1ヶ月。もちろん授乳中のため、薬を飲むのはもちろん、塗るのも怖いし、漢方薬ならと思って。との事でした。

まずはその痒みと赤みを何とかしないといけないと思い、その症状のところが熱いかどうかをお聞きすると、やはり熱くなっているようでした。

寝不足もあり、経験不足もあり、いろいろ過敏になって、血液が熱を持った状態。

そのように判断して、まずは5日分飲んで御覧なさいとお渡ししました。

もう一言付け加えたのは、痒みや赤味がとれたら、今度は母乳も良く出るために血液を作っていきながら、熱や痒みを取っていくものに変えていきましょうと話しました。

赤ちゃんの便通も改善!

5日後に今度はご主人とご来店。すごく調子がいいです!とご本人弁。

何と赤ちゃんが、便秘気味だったのが、きちんとうんちも出るようになりました!と話されました。

これはきっとお母さんの血液中の熱が、母乳から伝わり腸に熱がこもることで便秘になっていたと考えられます。お母さんの血液中の熱を取っていくことで、便秘も解消されたのだろうと察しが付きました。

大分良くなっているようなので、前回話した、血液を作っていきながら、熱や痒みを取っていくものに変えてお渡ししました。

漢方は独特の見立てがある

その後も調子が非常に良く、赤ちゃんも元気との事でした。

漢方薬はもちろん薬ですから、慎重に扱わないといけませんが、妊婦さんでも、授乳中でも、問題がなく服用できる漢方があるので、是非専門のところで選んでもらって服用されるといいですね。決して、素人判断で服用しないで下さい。

また、一般薬では、『医師、薬剤師、登録販売者に相談の上服用して下さい』となっていますが、こと、漢方薬については、ぜひ漢方を専門で扱っている所で服用して下さい。


執筆者 河端 孝幸の画像

執筆者 河端 孝幸
大学生時代に、地域の人々の役に立つ仕事がしたいと漢方の道に入りました。漢方の「か」の字も知らずに、なぜ、草とか根っことか葉っぱが効くの??という西洋医学だけしかやってこなかった私には疑問ばかり。
就職して半年くらいがたったころ、「病気は自然治癒力が治す」という小倉重成先生の本と出合い、漢方のすごさを知り、真正面から漢方を目指し今現在に至っています。
漢方の良さを知ってもらいたい。宣伝ではなく本当の気持ちや事実をお知らせしたい。そんな気持ちでこのサイトを立ち上げております。
ぜひ、よろしくお願いいたします。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社漢方みず堂が運営しています。