冷え症~RKBラジオ「みず堂のなるほど漢方塾」~

2014年11月27日

冷え性と漢方

冷え症~RKBラジオ「みず堂のなるほど漢方塾」~

RKBラジオ「みず堂のなるほど漢方塾」

中嶋さん)今日は冷え症ということで、いよいよ寒くなってきて冷えが辛い季節ですね。

 

福田)体が冷えていると、体の抵抗力・免疫力が落ちますので、特に冷えて辛いというわけではない方でも体を温めるということは非常にいいことですね。

 

河端)他にも冷えは不眠、イライラ、咳、ぜんそく、鼻炎、アレルギー疾患、じんましん、手足のむくみやしびれ、生理不順、肥満など様々な不快な症状を引き起こすことがあります。こういった症状が一つでもある方は、身体の内側からしっかり改善していくということが重要です。

 

中嶋さん)色々な症状が冷えと繋がっているかもしれないんですね。その場合は体の内側からしっかり体質改善をするということですね。実際にはどういった方がご相談にいらっしゃいますか?

 

福田)年配の方では、冷えてどこかに痛みが出る、お小水が近くなる、といった方が多いですね。この場合、最近よくお話している腎を強くする漢方を使います。

 

中嶋さん)私も覚えました!老化現象が関わっているのが腎でしたね?

 

河端)その通りです!年齢と共に体全体のエネルギー、特に温める力はどうしても低下します。夜間トイレが近かったり、下半身の冷え、むくみ、腰痛、耳鳴りなどがあるかたは牛車腎気丸、胃腸が弱く、めまいがあったり、下半身が冷えて重だるいという方は苓姜朮甘湯という漢方があります。

 

中嶋さん)自分に合ったものを飲むことが大切でしたね。私、お腹が冷えてお腹をこわすことがあるんですが。

 

福田)私もです!冷えると下痢をするという場合、人参湯や大建中湯という漢方があります。冷えて胃が痛くなる、頭痛や吐き気があるという方もいらっしゃって、その場合は当帰四逆加呉茱萸生姜湯という漢方があります。

 

河端)他にも、冬場になると気分が落ち込んで、冷えるけどのぼせもある、肩こりもひどくなって体が非常に疲れやすいというような場合は加味逍遥散という漢方があります。

 

中嶋さん)冷えと言っても、本当に色々ですね!

 

2014/11/23放送


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き


<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。