アレルギーと砂糖の深い関係

2018年4月18日

アレルギーと漢方

アレルギーと砂糖の深い関係

手放せなかった点鼻薬

50代の男性。10年前から鼻炎に悩まされ耳鼻科に通院するも改善が見られず、4年前に点鼻薬を使用したところたちどころに鼻水がピタッととまる!これはいい!一日中鼻をかんでいる生活から解放された解放感は凄い!と使い始めたのが始まり。

しかしある日、自分自身で点鼻薬の使用頻度が気になり始める。最近では常に手元にないと不安感まで出始め、家用・会社用・車・ベットサイドなど生活圏内に常に点鼻薬がある状態に。それでも鼻炎が辛いのでやめきれなかった。

刺激物や太陽にあたるとくしゃみが出て、常に鼻をかんでいる。点鼻薬がないと眠れない。冬場は特に酷く、夏は肌の痒みが出る。

体質としては寒がり・汗かき・肩・首・背中のこり・肌の乾燥(痒み) 目の疲れがありました。

甘いものとアレルギーの関係

アレルギーには甘いものは大敵というのは、漢方では常識的なことです。漢方的に、白砂糖は陰性の強い食べ物なので、体を冷やす性質があります。今回の方も男性でありながら、寒がりで冬場になると鼻炎がますます酷くなるため、体はとても冷えている状態。そこに、ご飯の代わりにコーラ・バームクーヘン・お菓子でも平気という食生活が拍車をかけていました。同じく甘いものを控えることでアレルギーが改善した例はこちら→アレルギーも肥満も水毒!同時に改善!

西洋医学的にも、砂糖とアレルギーの関係は色々と示されています。一つは副腎疲労が関係するということ。副腎というと聞きなれないかもしれませんが、アレルギー疾患でよく使われる「ステロイド」とは副腎皮質ホルモンのことです。副腎皮質ホルモンである「コルチゾール」は抗アレルギー作用がありますが、糖質の過剰摂取で血糖値が乱れると、その調整のために副腎からコルチゾールというホルモンが分泌され、それが続くとやがて副腎が疲労し、コルチゾールの分泌が減ってしまいます。

1ヶ月でぴしゃりと止まった鼻水

最も寒い時期に漢方の服用をスタートしました。早くも2日後には点鼻を1回も使わなかった!とのこと。

2週間後、寝る前に3回ほど点鼻薬を使った。しかし、これまでのことを考えると奇跡!ここから、本格的に甘いもの断ちに取り組み始めました。漢方薬も、症状を取ることがメインだったものから、体質改善メインの漢方薬に切り替えました。

1ヵ月後には鼻水はほとんど出ることもなく出たとしても点鼻ではなく漢方薬の頓服で止まるように。ご本人曰く、鼻水は本当はひどくなかったのに点鼻薬に依存して止められなかっただけかもしれない。今回このタイミングで一気に止められる。と話されていました。

ただし鼻水が出ている原因の一つに甘いものが関係しているのは明らかです。季節もちょうど春を迎え、ダイエットに最適な季節!ということで食事の改善と運動を取り入れながら体質改善を続けていただいています。

 


執筆者 盛本 直也の画像

執筆者 盛本 直也
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社漢方みず堂が運営しています。