腹水の漢方【分消湯・補気建中湯】

2018年5月17日

癌と漢方

腹水の漢方【分消湯・補気建中湯】

腹水の原因は大きく2つ

腹水とは、お腹に水がたまる事で、通常20ml~50mlの腹水が何リットルも溜まってお腹が膨れる状態です。お腹がパンパンになると、内臓が圧迫され、食欲不振になったり、身動きがとれなくなり、身体がどんどん衰弱していってしまいます。

原因としては大きく2つ。

1つは炎症によるもの。胃がんや卵巣がん、がん性腹膜炎によって、血管内の成分がたくさんお腹の中に溢れてきます。たくさんの栄養成分も含むため「腹水を抜くと弱る」と言われます(最近はこの抜いた腹水の栄養分を再利用するCARTと言われる治療法も保険外ですがあるようです。)抗がん剤などで炎症を抑える治療は一方で正常な細胞も攻撃して違う炎症を起こすことにもなります。抗がん剤が肝機能を低下させることも多く、そうすると腹水はますます悪化してしまいます。

もう1つは肝硬変・腎不全・ネフローゼなどによるもの。肝臓で作られるアルブミンというたんぱく質は、血管内に水分を保持する作用があり、肝臓が弱るとアルブミンが少なくなり、水分が血管の外に漏れ出します。栄養失調の子供がお腹だけ膨れた映像をご覧になったことがあるかもしれません。栄養状態が悪いと、やはり低アルブミン症になり、腹水が発生します。この場合、アルブミンの点滴をしますが、根本的に肝臓が機能していないと、また腹水が溜まってきてしまいます。また、腎機能の低下によって水分排出がうまくできず、腹水が溜まります。

 

漢方では「鼓脹(こちょう)」

漢方の古書には、腹水は「鼓脹」という表現がされています。

単独の病ではなく、様々なつながりで発生し、体自体はとても衰弱しているのに、症状は激しく酷くなる「本虚表実、虚実交雑」で、漢方の治療方法としてもその時の状態によって、水を出す事・症状取ること(攻)に重きを置くのか、体の機能を高める事(補)に重きを置くのか、「攻補兼用」と言われる大変難しい臨床となります。

腹水が現われるということは、かなり深刻な状態ですので、その段階で漢方薬となると改善が期待できるかどうかは一か八かに近いというのが、個人的な見解です。本来であれば、そうなる前の段階で漢方薬を利用していただきたいというのが本音です。

<肝硬変からの腹水>

アルコール性肝炎や、がん治療の抗がん剤による肝機能障害などから、肝臓の機能が低下して腹水が起こっている場合、お腹にたまった水を出す事と、肝機能を少しでも改善させる事が大切です。

柴苓湯・茵蔯五苓散など利水をしながら肝機能の改善をはかる漢方薬や、便秘や下痢、お血を解消していく事も大切です。下痢があれば胃苓湯や化食養脾湯、便秘があれば大柴胡湯、お血解消には田七人参なども有効です。

ただし、柴苓湯・茵蔯五苓散・大柴胡湯はある程度体力が残っていないと使えません。その場合は、下で紹介する分消湯や補気建中湯で利水をしながら体力の回復を優先したほうがいいと思います。

<腎不全からの腹水>

腎機能が低下し、水分の排泄が機能せずに腹水が起こっているため、お腹にたまった水を出す事と、腎機能を少しでも改善させる事が大切です。

ほてりや不眠、鼻血などの熱症状があれば六味地黄丸や杞菊地黄丸、下半身のむくみや冷え、尿が出ていない時は牛車腎気丸など利水をしながら腎機能を高める漢方薬があります。胃腸の状態が悪ければ、腎気丸系が使いにくいので、その場合は人参湯+五苓散などでまずは胃腸を整えながら利水していくといいと思います。

<がん性腹膜炎など炎症からの腹水>

癌自体や抗がん剤の副作用で、肝機能・腎機能が低下していれば上記のような漢方薬があります。

ただし、末期となるとどこの機能がどうなっているのか・・・複雑で実際に現われる症候も一定せず、漢方薬もどうしたらいいのか・・・という状況も多いように感じます。

そんな時、腹水と聞いて一番に思い浮かぶのは「分消湯(ぶんしょうとう)」です。利水剤を中心に胃腸を整え、気の巡りを改善する生薬が入っています。

・温めると楽・小便少ない・パンパンに張って痛い・寒がり・食欲不振という場合に適しています。

それよりももっと衰弱し、張って痛いというよりはぶよぶよしている場合は「補気建中湯(ほきけんちゅうとう)」があります。

 

状況がかなり深刻な場合も多く、漢方薬の服用も難しい場合もあると思いますが、一人でも少しでも、何らかの手助けになればと思い記事を書かせていただきました。主治医にご相談の上、お役立ていただければと思います。


執筆者 福田 茜の画像

執筆者 福田 茜
九州大学薬学部卒 漢方みず堂漢方専門相談員
病院やメーカーを経て、株式会社漢方みず堂へ入社。
3児の母でもあり、妊娠・出産・子育てに関する漢方経験も多数あります。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社漢方みず堂が運営しています。