僕の断食体験vol.19~何の為に食べるのか?~

2018年6月13日

マクロビオティック

僕の断食体験vol.19~何の為に食べるのか?~

見知らぬ女性の登場に動揺

断食道場に来て7日目にして初登場の人物。年齢は、おそらく25歳くらいの女性。上下スウェット、座布団を2枚ひき、その上に片肘をついて横になってテレビを観賞中。

そう、明らかに、先輩・・・・。。

「あ、どうも。」

私の気配を感じても全く動じる事なく、まるで、私の家だから気遣いなく楽にしていいよ。とでも言っているかのような雰囲気。

僕にはこの後の具体的な会話が記憶にありません。きっと、動揺と緊張などがあったのだと思います。しかし、その時に伺った内容は覚えています。

彼女は断食をしに来ているのではなく、時々家にいるのが嫌になって、気分をリフレッシュする為に数日滞在し、道場から仕事に通っていること。断食はしないということ。

断食道場も色々な使い方、役立て方があるようです。

確かに、自然に囲まれて、一人の時間を過ごすという環境は、それだけで自分自身を取り戻す事を助ける環境です。

私も実感していたので、妙に納得した事を覚えています。

少し会話を交わし、関わる事はお互いにとって良くないことだと直感的に感じ取ったのだと思います。

その後、お互いの気配は感じつつ、道場内で出会う事はありませんでした。

久々の食事の後の散歩

さて、まだ日が暮れるまではもう少し時間がありそう。食後の散歩に出掛けます。

いつもとは違う散歩です。

久々に胃の中に、たくさんの命のかけらがある感覚。このまま歩くと、どうなるのか? このまま走ると、どうなるのか?

大きな期待を胸に散歩に出かけます。

消化と吸収の時間を考えて、始めはゆっくりと歩きます。そろそろ全身に行き渡ったかな?いつも以上に、自然を感じながら、また自分の体の声を聞くことに意識を集中しながら、歩きました。

もっと力がみなぎって走る事が出来るのかどうかを試したくて、少しランニングやダッシュもしてみました。

何が起こるのか?

何も変わりありません…。何も…。

食べているからといって、エネルギーが出てくる訳ではないのか・・・。

代謝系が変化し、食べ物を吸収しない体になったのか・・・。

代謝系が変化したとすれば、果たして生きるエネルギーの源はどこにあるのか・・・。

少し先の話になりますが、この時の体験が、今後の食事についての向き合い方を変えたきっかけになりました。

色々と疑問が思い浮かび、それらの答えを見出せない僕を待ちきれないように、急に日が暮れ始めました。モヤモヤした感じを、今はそのままにしておけとでも言われているようです。

何の為に食べるのか?

心は彼方のモヤモヤの中のままでしたが、日暮れに背中を押され、明かりの灯った道場に吸い込まれるように、自然に足が動きます。

部屋に入り、少し時間が経ち汗ばんできました。その不快感が、やっと心も現実に戻してくれました。

深呼吸ともため息とも、よくわからないような長い息を吐き、気持ちも少し落ち着きを取り戻しました。

よくわからないことの現実と、汗ばんでいのる現実の両方をやや無理やり受け入れたような感じではありますが、何とか自分の意志で動こうという気持ちは取り戻しました。

お風呂の準備もできていたので、そのまま浴場にいき、ついでに体重を測定。

61.2kg。(現在7日目(2日目が64.6kg))痩せたというより、ギュッとしまってきた印象です。

相変わらずの熱湯風呂に、考える事よりも今に一所懸命になります。お風呂で心身ともに少しさっぱりし、今日は早めに床につくことにしました。

目を閉じながら、ゆっくり思考を巡らせます。

 

何の為に食べるのか?

 

断食は単なる飢餓とは違い、体の中を洗い、心も感謝の心で洗われ、そのことにより自然の力を食べてエネルギーにする事だと体感しました。

しかし、果たして、このまま食べなければ、死んでしまうのか?

もう少し断食を続ければ、復食した時に食物のエネルギーを体が感じる事が出来るのか?

体験した事を振り返りながら、新たな疑問が次々と湧いてきます。 悶々としながら、最後の夜は更けていきました。

 

<次に続く:僕の断食体験Vol.20~今、を五感で味わう~

 

 

※関連記事

僕の断食体験~プロローグ~

僕の断食体験vol.1~初日~

僕の断食体験vol.2~目覚めの良い朝~

僕の断食体験vol.3~陽性の飲み物「梅醤番茶」~

僕の断食体験vol.4~環境による心への影響~

僕の断食体験vol.5~初めての体験~

僕の断食体験vol.6~持続する集中力~

僕の断食体験vol.7~冷たい水は飲み込めない~

僕の断食体験vol.8~ちくわの誘惑~

僕の断食体験vol.9~3日目の脱力感~

僕の断食体験vol.10~心と身体はどちらが強い?~

僕の断食体験vol.11~ついに脾気虚・肺気虚になる~

僕の断食体験vol.12~癌(ガン)と正食~

僕の断食体験vol.13~力みなぎってきた5日目~

僕の断食体験vol.14~命とは、生とは、死とは~

僕の断食体験vol.15~人生で一番痩せた日~

僕の断食体験vol.16~僕は断食によって何を得たのか?~

僕の断食体験vol.17~世界の長寿の人に学ぶ生きる秘訣~

僕の断食体験vol.18~6日ぶりの食事~


執筆者 伏見 浩幸の画像

執筆者 伏見 浩幸
漢方薬の持つ力の素晴らしさとともに、人間の持っている力もすごいなぁと日々感じています。漢方薬だけではなく、私たち自身も相談員としてお客様の「薬」なることはもちろん、今、色々なご病気で悩まれている方々も、授かった命と一緒に当然備わっている自分自身の自然治癒力に自信を持ち、自分自身が「薬」になるお手伝いができればと考えています。そんな願いを込めて一話一話を綴らせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

同じカテゴリーの記事を読む

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。