便秘で眠れない!~脾胃湿熱からの心火旺~

2018年6月19日

便秘と漢方

便秘で眠れない!~脾胃湿熱からの心火旺~

3日で違ってきますよ

店をうろうろしているお母様と娘さんに声をかけたところ、娘さんが眠れなくて困っているとのこと。便秘でお腹も張り、出たとしてもコロコロの便。ゲップや胃のあたりも張る。と言って、今にも泣きそうな、大柄な20歳の娘さん。

漢方が良いですよと話したところ、でも高いんでしょ。とお母様。

まだ一週間程度とのことでしたので、三日分くらいで、ずいぶん違ってきますよ。と話しました。

お通じ改善と共に眠れるように

漢方的に考えてみると、熱邪(熱が悪さをする)により、病気の進行が体の内部まで行き、消化器系まで熱がこもってしまっていて、脾胃湿熱(もともと食べ過ぎや飲み過ぎによって混濁した水分が滞っていて、それが熱化した状態)、肝胆湿熱(自律神経系統にも熱が及んでいる状態)から、さらには心火旺(中枢神経系統にも熱が生じて眠れない、イライラする、錯乱しやすい状態)となっていると判断して、漢方薬をお出ししました。

翌日電話をして、状態を聞いてみると、便通が気持ちよく通じて、胸のつかえも取れたとのこと。3日目にはよく眠れたとのことでした。

即効性のあるもの、体質改善のもの

4日目に再来店された時には、顔の表情も穏やかになり、笑顔もありました。

この娘さんの場合、西洋医学的には、睡眠薬、便秘薬、胃腸薬となるでしょうか。漢方の良さは、全て体はつながっていて、一つの漢方ですべてが解消されていくという事。そのことが見事に証明できた症例です。

ただし、漢方薬にも即効性のあるものと、体質改善のものがあります。

それからは、体質改善の漢方に切り替え、続けて頂くことと致しました。

是非このような症状の方はご相談ください。


執筆者 河端 孝幸の画像

執筆者 河端 孝幸
大学生時代に、地域の人々の役に立つ仕事がしたいと漢方の道に入りました。漢方の「か」の字も知らずに、なぜ、草とか根っことか葉っぱが効くの??という西洋医学だけしかやってこなかった私には疑問ばかり。
就職して半年くらいがたったころ、「病気は自然治癒力が治す」という小倉重成先生の本と出合い、漢方のすごさを知り、真正面から漢方を目指し今現在に至っています。
漢方の良さを知ってもらいたい。宣伝ではなく本当の気持ちや事実をお知らせしたい。そんな気持ちでこのサイトを立ち上げております。
ぜひ、よろしくお願いいたします。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社漢方みず堂が運営しています。