中学3年生の夜尿症「寮生活に向けて治したい!」

2018年7月20日

子供の漢方

中学3年生の夜尿症「寮生活に向けて治したい!」

中学3年生の女の子

ずっと夜尿症でお悩みで、小学5~6年生の頃には通院するものの治らず、紙オムツをして就寝する毎日。夜中も気づかない程の熟睡。

ですが、高校進学に伴い、寮生活が決まり、どうしても治したい!治してあげたい!とお母様とご一緒にいらっしゃいました。

とても素直でまじめで、お母様からも、下のお子様方からも頼られ、目標とされるお姉ちゃん。そして部活でもキャプテンとしてチームを引っ張る重要な存在でした。ですがその分、周りの方々にとても気を遣い過ぎるタイプ。おりこうさんで、非の打ち所がない感じ。起きている時は一生懸命頑張って、寝ている時のみがホッとする時間だったのかな?と思った程でした。私も何とか治って欲しい!今後の人生を応援したい!そんな風に感じました。

体質としては、寒がり・冷え性・アレルギー体質・汗かき・肩こり・むくみ・たぶんストレスによる頭痛・季節の変わり目は鼻詰まり・食欲多め・便秘ぎみ・お小水少ない・月経バラバラ(1ヶ月に2回あったり、4ヶ月空いたり)

夜尿症の原因

小学生にあがっても、おねしょをする場合は「夜尿症」と診断されます。

成長と共に夜間は尿を作らないホルモンが出てくるのですが、そのホルモンがなかなか出てこないので、いつまでもおねしょをしてしまいます。

つまり、これは漢方で言うと成長を司る「腎」が弱かったり、「気」の不足が原因です。

今回の方は、ずっとおねしょが続いていたので、そもそもが虚弱なタイプ。そこに、部活動などで過度な消耗をしていたので、いつまでも「気」が不足していると考えられました。性格的にも、気を使いすぎる傾向にあるため、気を消耗しがちだったとも考えられます。

したがって、虚弱体質の方によく使うお腹を温めて強くし、気を補う漢方薬を飲んでいただきました。

2ヶ月で半減

漢方薬を飲み始めて、「まずこのにおいに癒されるし、次の朝、失敗しなかった!」とおっしゃり、私もビックリしました。

その後も波はありましたが2ヶ月目には半減。そして、夜中にトイレに気づくようになられました。この頃より、昼間のお小水の回数が増え、肩や背中のこりがなくなり、よくつっていた足もつらなくなり、部活でアップするだけで、人よりすごくかいていた汗が気にならなくなったそうです。そして何より、自分の意見が言えるようになってきた事。「しっかり甘える事や自己主張が出来る様になってこられた事が1番嬉しい」と、お母様はおっしゃっていました。「今までたくさん我慢していたと思うし、それを表に出せなかったと思います。」ともおっしゃっていました。

その後すぐ寮生活が始まり、「不安だらけだけど、やるしかない!」とご自身でおっしゃり、入学されました。寮が2人部屋で大丈夫かな?と私も気になっていましたが、入学2ヶ月目にお聞きした時には、「今では全くおねしょしてない」そうで、私もホッとしました。

周りの方々を気遣いながらも、自分の夢・未来を開いていく彼女を、応援しています!!

 

漢方みず堂新生堂薬局五条店 池田 史子


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。