鹿茸(ろくじょう)

2018年7月24日

生薬

鹿茸(ろくじょう)

■鹿に生えるきのこ!?

鹿茸は、梅花鹿、馬鹿など大型の雄鹿の幼角(袋角)です。

鹿の角は、毎年春になると抜け落ち、そこから新しい角が生えてきます。幼角とは、この生え始めの、皮膚で包まれた柔らかい角のこと。見た目も育ち方も、まるで鹿に生えるきのこのように見えることから、鹿茸といわれます。

幼角は育つにつれ、徐々に骨化し、夏前には丈夫な角が出来上がります。この状態まで育つと、鹿角(ろっかく)という生薬です。鹿茸に似た効果もありますが、薬力は劣ります。

角の骨化は、根元の内側から進み、それにつれ、栄養は失われていくため、鹿茸としては、若いほど、先端部(上台)ほど、高品質です。

■鹿茸の効能

鹿茸は、助陽薬の代表格。動物生薬ならではの、強いパワーを持っています。

一般的に漢方薬は時間がかかるといいますが、比較的、即効性が期待できるものです。

○補真陽・益精血・強筋骨 ~根本の生命エネルギーを補う~

「腎」には、生命力の源「腎精」が溜められており、一生涯に渡り生命活動を維持する力、そして、次世代へ命を引き継ぐ力を持っています。

この腎精からは、人として在る為の基礎「陰(真陰)陽(真陽)」が生まれます。陰は体を形作り、滋養するもの、陽は原動力、機能させるエネルギーです。

生きていく上でとても重要な腎。ここが衰弱すると、全身的な機能衰退につながります。小児の発育不良や、いわゆる老化現象などがその現れです。

ただし、腎は年齢を重ねるごとに消耗していくものなので、年相応の変化は自然なことです。

鹿茸は、体本来の機能を発揮させる「真陽」を補い、さらに、その真陽を支える「精血」も増やします。

子供の成長が遅い、無月経、無気力、足腰の脱力感、冷え、卵子が育たない、インポテンツ、遺精、頻尿、など腎精不足の症状に、鹿茸の力が大きな助けになります。

○調衝任、固帯脈 ~妊娠の鍵!衝任脈を整え、帯脈を強化~

衝脈・任脈は、子宮から発する気血の通り道。生理や妊娠を調整します。帯脈は、帯のようにお腹~腰を横に通り、縦に通る他の経脈を束ねる脈です。

これらが弱ると、生理周期が乱れたり、赤ちゃんの為に必要な栄養が蓄えられず、不正出血、帯下が多くなったりします。

鹿茸は、衝脈・任脈が子宮へ十分な気血を届けられるように、また、帯脈の留める力を強化して、妊娠に必要な環境づくりを担います。

○温補内托 ~生気を増やして治癒力アップ~

慢性や反復する潰瘍・フィステルなど、薄い浸出液が出たり、あまり化膿せず、治りきらない炎症などは、治癒力が足りずに長引いている状態。

毒素を出すのに必要なエネルギーと、傷口を再生させるだけの栄養をつけ、回復を助ける際にも鹿茸が役立ちます。

■妊活中の方にとって強い味方

現代社会は、晩婚化や、自然でない食、運動不足、過労など、「腎」の力を低下させる環境が少なくありません。

また、不妊治療で、採卵の為に排卵誘発剤を使い続けると、だんだん卵がとれなくなってきますが、「腎」が疲弊している兆しです。

男性も女性も、命をつなぐ為の力は「腎」に宿ります。体に過度に負担をかけてしまったり、あるいは、何もしなくても時間と共に、その力は失われていきます。

妊娠の為に大切な事は、「腎」の力をつけること、そして、それができるだけ早い方が良いです。

妊娠力の根底にある「腎」の強化、動物生薬ならではの即効性、この2つの長所がある鹿茸は、妊活中の多くの方におすすめです!

 

※関連記事

子供こそ漢方が良く効く!~稚陰稚陽・純陽~

卵子も老化する

体外受精の準備期間に自然妊娠!

八味地黄丸は温補腎陽薬~お年寄りに限らない!~


執筆者 児島 諒子の画像

執筆者 児島 諒子
漢方みず堂 漢方専門相談員

一時的にではなく、体質からの改善につながる漢方に魅力を感じ、大学生で初めての就活をしている中で出会ったのが、漢方みず堂。
漢方は勉強するほど、奥深くておもしろいです。
今の身体の状態をつくっている心の持ち方、食事、運動、休息など様々なことに目を向けながら、漢方の力を生かして心地よい体づくりをお手伝いできればと思います。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

同じカテゴリーの記事を読む

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。