暑がりなのに足が冷える~上熱下寒の冷え症~

2018年7月28日

冷え性と漢方

暑がりなのに足が冷える~上熱下寒の冷え症~

うずくような足の冷えが1ヶ月で変化!

53才女性。はじめてお会いしたのは夏の終わり。この夏、足の冷えがひどく、うずく様な気持ち悪さがある。足に血が行かず、疲労物質がたまっている様な感じがとれない。足の冷えは中学生の頃からで、冬場ひどい時は眠れないほど。特にこの夏は、今までに比べて症状が強かったので、これから冬にむけて何か対策をしなくてはと思われたご様子でした。

さらに、1年前の生理を最後に、その後からいわゆる更年期の症状、上半身が暑く、汗がダラダラ出続けるのも気になるとのことでした。

体質

暑がり寒がりで汗かき、寝汗もある。家族で自分一人だけ風邪をひくことが多い。特にこの夏は疲れやすかった。口渇あり、腹満あり、お通じすっきりしない、お小水2~3回、40代までは生理痛が強く、痛み止めを飲んでいた。

気にしやすい性格だが、ストレスは人並みだと思う。以前から夜間の歯ぎしり・食いしばりで、前歯のぐらつきがあるため、夜間はマウスピースを着用して寝ているとのことでした。

巡らせる力が低下しているタイプの冷え症

冷え性も大きく分けると2種類。温める力が不足しているタイプと、温める力はあるが巡らせる力が低下しているタイプ。この方の冷えは後者。さらに閉経を機に、上熱下寒(上に熱が上り、下半身が冷える)傾向に。なので、巡らせる力を助ける漢方を用いて、熱の偏りをとっていくことにしました。

経過

1ヶ月 飲み始め1週間、あまり冷えが気にならなかった。のぼせ・ほてり・口渇なし。1年ぶりに生理が来た。歯ぎしりは変わらず、頬の内側に歯型がつく。

2ヶ月 手足温かく過ごせている。うずく感じもしない。お通じすっきり出るようになっている。食いしばり減っているのか、マウスピースに傷がない!

3ヶ月 外気が下がってきて、冷えはするが回復が早い。夜も冷え気にならず寝付けている。更年期の症状なし、生理はその後きていない。

4ヶ月 冬場も風邪ひかず過ごせている。生理来た、痛みあったが痛み止め飲むほどではなかった。

6ヶ月 冷えは気にならない。今度の夏が楽しみ。疲れも気にならない。生理はない。

8ヶ月 元気!温かくなってきたが、ほてり、汗も大丈夫。上半身のお肉が気になるので、今回からは漢方ダイエットに挑戦!食事・運動共に頑張っている。

 

服用初め1ヶ月で、体の良い変化を実感!心配していた冬も元気に乗り越えることが出来ました。このように冷えと言っても原因は人それぞれ。是非ご自分に合った漢方薬をお飲みください。

 

漢方みず堂ヴァインドラッグ末吉薬局店 山城 奈央

 

※関連記事

夏の冷えの漢方は症状で使い分ける~下痢・頭痛・むくみ~

温経湯:上熱下寒(顔はのぼせるが、足は冷える)

当帰四逆加呉茱萸生姜湯:手足末端の冷え


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社漢方みず堂が運営しています。