胃腸が元気になると、心のエネルギーも湧いてきた!

2018年8月9日

胃腸と漢方

胃腸が元気になると、心のエネルギーも湧いてきた!

■普通の食事がしたい

秋のこと、すらっとした若い女性がお母様と一緒にいらっしゃいました。

少し食べただけで胃がムカムカしてしまう。食べられるものといえば、あっさりした鍋。お母様は娘様のための食事は、家族のものとは別に作られているとのこと。

こうなったきっかけは、高校生の頃の人間関係トラブル。ショックから、不安感やイライラが出るようになり精神科へ通院を始めた。胃の調子が良くないのはその頃から。

普通に食べられるようになりたい、感情をコントロールできない事が苦しい。傍で見守るお母様も心配で仕方がないご様子でした。

体質は、元々少食で疲れやすい、足が冷える、手や顔に汗をかきやすい、立ちくらみ、目の疲れ、鼻水・鼻づまり・くしゃみ、つかえる感じ、ゲップでやすい、寝つき悪く夢をみる、生理1、2日目に腹痛・腰痛、経血に塊あり

■胃腸は気血生化の源

消化吸収の働きを担うのは、「脾」の臓腑。食べたものから、活動力となる「気」、体を滋養する「血」、潤いを保つ「津液」が作り出されます。これら3つは、体をつくる基本要素。全身のバランスを維持する為に、土台となる臓腑です。

 

この方の場合、元々「脾」の力が弱く、体の気血が不足しがち。血を蓄える「肝」に十分な栄養が届いていない状況で、大きなストレスがかかってしまった為、「肝」による気のコントロールが崩れ、気分の波が出てしまったのだと考えられました。さらに、「肝」の暴走が「脾」を押さえつけ、消化の機能をさらに弱らせていました。

 

そこで、体を養う「脾」を建てなおすことに主軸を置きながら、「肝」の疏泄も助ける漢方を飲んでいただきました。

■経過

1ヶ月後 胃のムカムカが少しずつなくなってきた。久しぶりにごはんをお茶碗一杯食べた。立ちくらみ、喉のつかえる感じがなくなった。

2ヶ月後 油っこい食べものも、以前より食べられる。

3ヵ月後 食事の量が増えてきた。足の冷えがなく、冬でも湯たんぽなしで寝られる。熟睡できている。

4ヶ月後 気分の波が少し落ち着いてきた感じがする。

5ヵ月後 生理前のイライラ・落ち込みをあまり感じなかった。生理痛が楽になった。

 

今ではご家族と同じ食事を食べられるようになり、食事時は家族団らんを楽しまれています。そして、体の元気と共に気分の波も落ち着き、以前より明るくなられたように感じます。何か新しい事を始めたい!と、初めてのアルバイトに励んでいらっしゃるご様子に、とても嬉しく、人はこんなに変わるものなんだととても感動しました。

 

漢方みず堂同仁堂下通り店 原田 真奈美

 

関連記事

脾胃気虚の漢方~ガスが溜まる、お腹が張る~

深い悲しみが引き起こす自律神経失調症

責任の大きな仕事のストレスで肝脾不和(かんぴふわ)


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社漢方みず堂が運営しています。