当帰芍薬散はお酒で飲むのがベスト!?~傷寒論より~

2018年11月29日

漢方の基礎

当帰芍薬散はお酒で飲むのがベスト!?~傷寒論より~

酒は百薬の長!?

西洋のお薬では、「お酒と飲むのは避けて下さい」と説明を受けると思います。実際、単一成分のものが多く服用後吸収され肝臓で代謝(分解)され全身に巡ります。その際、アルコールと一緒に飲むと薬ではなくアルコールを先に分解するので、薬が効きすぎてしまうからなのです。

漢方の世界ではお酒も薬

実はお酒も漢方薬。気を通し温める働きがあると言われていて、一部の漢方薬を煎じる時や服用する時に使います。

傷寒雑病論と当帰芍薬散

傷寒雑病論という漢方薬の古い文献に、

1、婦人懐妊腹中こう痛するは当帰芍薬散之を主る。

2、婦人腹中諸疾痛は当帰芍薬散之を主る。

という文があります。

1は、女性が妊娠してお腹が痛むときは、当帰芍薬散がいいですよ。

2は、女性のお腹の様々な痛みには当帰芍薬散がいいですよ。

という意味で、とにかく妊娠中飲んでいれば安心でき、出産時も痛みも少なく産後のあらゆる病気にもなり難い。と書かれています。

また、この傷寒雑病論という本には、漢方薬の煎じ方、飲み方も細かく書かれています。その中でこの当帰芍薬散には、

「お酒(お猪口1杯分くらい)と混ぜて1日3回服用して下さい」と書かれています。妊娠中ですので、あくまでもお猪口一杯です。

当帰四逆湯・当帰四逆加呉茱萸生姜湯で煎じ方が違う

また傷寒雑病論には、

1、手足がひどく冷えて脈が細く絶えそうなのは、当帰四逆湯がこれを主る。

2、もし病人が平素から冷え症のものは、当帰四逆加呉茱萸生姜湯の服用が宜しい。

という文もあり、1番は通常通り水で煎じるように書かれているのですが、

2番目の煎じ方はそうではなく、

水と清酒を半分ずつで煎じ、これを5回(以上)に分けて温かくして飲んで下さい。

とあります。

 

人を見て、症状を見て、組み立てられている漢方薬。奥深いものがありますね。

 


執筆者 千代樵 豊の画像

執筆者 千代樵 豊
漢方薬については中学生の時から縁があったように思います。
そして大学を卒業してからずっと漢方薬と共に歩んできました。
だからか、人と話をしていると自然と鑑別(漢方薬を決める作業)している
自分がいます。
調剤薬局でも勤務しているため、日々西洋と東洋の狭間で生きています。
一生勉強、一生修行のもと、頑張ってます!

  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社漢方みず堂が運営しています。