大人にきび撲滅!~化膿して痛い赤にきびは「血熱」が原因~

2018年12月11日

ニキビと漢方

大人にきび撲滅!~化膿して痛い赤にきびは「血熱」が原因~

肌が大荒れ…この不快感とストレスから開放されたい!

多忙な日々を過ごしているという30代女性、お悩みはここ数ヶ月続く肌荒れ。頬や顎などに吹き出物ができ、赤く膨れ、化膿して痛む。いわゆる“大人にきび”に悩まされていました。1ヶ月程前から、肌荒れに効くという漢方薬を飲んでみたが変化はなく、ちゃんと体質に合ったもので根本から改善したい!ということでした。

元々、疲れた時や生理前になると顔に吹き出物ができやすく、以前にも一時的に荒れた事があったそう。ですが今回は、今までにないくらいひどい。肌荒れが長く続く事へのストレスに加え、一向に治まる気配がないことから、もしかして身体の中で何か悪いことが起こっているのでは?という不安が湧き上がっていました。

 

体質は、疲れやすい、貧血気味、手足の冷え、汗かき、肩・首・背中の凝り、疲れると側頭部痛、ボーっとする、高音の耳鳴り、鼻炎、喉のつかえ感、胃のムカムカ、お通じは1週間に1~2回で硬い、生理周期28日、子宮筋腫が数個ある

◆尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)

多くの方が一度は経験する尋常性痤瘡。巷では、思春期にできるものは「にきび」、それ以降は「吹き出物」「大人にきび」といわれますが、医学的には「尋常性痤瘡」という同じものに分類されます。

尋常性痤瘡は、毛穴に炎症が起こって隆起したもので、顔や背中、胸などに現れやすいです。炎症の直接的な要因は、皮脂の過剰分泌、細菌の繁殖、毛穴の閉塞です。その原因は様々で、ホルモンバランスの変化、ストレス、食生活、睡眠不足、疲れ、乾燥などがあげられます。一般的な治療法は、抗菌薬、角質化や炎症を抑制する薬などが使われます。これらは、あくまで対症療法。繰り返さないようにする為には、生活習慣の見直しや体質改善が大切です。

◆症状の現れ方から見る漢方的要因

皮膚症状全般について、漢方的には症状の“現れ方”の情報は重要です。症状を引き起こす要因によって、肌症状の現れ方が異なってきます。

  • ○ 風 → 出たり消えたり、場所が変わる、上半身に出やすい、風や寒暖差など外気の刺激で悪化しやすい、肌の乾燥感、かゆみ
  • ○ 湿 → 浸出液が多い、艶感のある隆起、下半身に出やすい、強いかゆみ、長期化
  • ○ 熱 → 熱感、痛み、赤みがある、化膿する、上部に出やすい
  • ○ 燥 → かゆみ、肌がカサカサ、痩せている、ハリがない、秋や夜に悪化しやすい
  • ○ 瘀血→ 肌が浅黒い、痕が残る、しみができやすい、皮膚が厚くなっている

これらは、外部環境を受けて、また生活習慣などから、臓腑のバランスが崩れた結果として、生じます。実際の皮膚症状は複雑で、複数の要素が絡み合っています。

 

この方の場合は、赤み、化膿、痛みなど、“熱”による皮膚症状が強く現れていました。肌を滋養する栄養が乏しい「血虚」に加え、仕事の忙しさやストレスなど「気滞」が熱を生み、「血熱」の状態へ。さらに、気滞が血の流れを滞らせて「瘀血」もありました。そこで、熱を鎮めて解毒し(清熱解毒)、同時に、血を補って巡りを良くする(養血活血)漢方を飲んでいただきました。

◆経過

1ヶ月後 まだ赤みはあるが、少し肌の血色が良くなった。

2ヶ月後、赤みの範囲が小さくなってきた

4ヶ月後、生理前にポコポコとできるものの、肌の調子はずいぶんと良い!

半年後  私用と仕事が忙しく、漢方薬を毎日飲むのが難しい。

肌は良かったり悪かったり一進一退。

1年後  普段は良いが、疲れると吹き出物が出る。

1年半後 相変わらず忙しい。それでも肌は落ち着いている。体調も良い。

 

肌症状は、身体の中の状態が表へと現れてきたもの。日頃から内側を整えて、お仕事の忙しさにもストレスにも負けない、肌力をキープしていけると良いですね!

 

漢方みず堂溝上薬局空港通り店 廣尾 なつみ

 

関連記事

「青ニキビ」には桂枝茯苓丸加ヨクイニン(けいしぶくりょうがんかよくいにん)

「赤ニキビ」に温清飲と荊芥連翹湯と柴胡清肝湯の使い分け

生理前のにきびはホルモンバランス

胃腸が虚弱な人のニキビ


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談