夏の冷え症~NBCラジオ「漢方で健康!」~

2014年10月21日

冷え性と漢方

夏の冷え症~NBCラジオ「漢方で健康!」~

NBCラジオ「漢方で健康!」

千代樵)今回は「冷え」がテーマです。先ほどの牟田さんのお話にもありましたが、夏は、冷房の効きすぎで「冷え」で悩む方が多いです。

 

諸岡さん)女性は特に悩む人が多いですよね。

 

千代樵)はい。女性は月経痛や関節痛を引き起こす事があるので注意が必要です。

 

牟田さん)単純に体を温めるのではダメなんですか??

 

千代樵)そうですね、冷えはそもそも身体が冷え体質である事が問題なので、内側から体質を改善する事が大切です。

 

牟田さん)漢方でどのようなアプローチが考えられますか??

 

千代樵)漢方の考え方には「気・血・水」という概念があります。冷えの原因はこれらのバランスが崩れる事によって起こっていると考えられます。例えば、血が足りない状態(血虚)や、水分がたまって悪さしている状態(水毒)、気が不足している(気虚)などがあります。

 

諸岡さん)いろんな原因があるんですね。

 

千代樵)はい。これらの要因が重なると冷えが起こりやすくなります。また、女性は男性に比べて、体が複雑な構造になっているので、これらの原因が重なりやすくなります。「血」も、からだのつくりが複雑なので滞りやすく、冷えの原因を引き起こしているというと分かりやすいのではないでしょうか?

 

諸岡さん)冷えで悩む女性が多い理由がよくわかりました。具体的にはどのような漢方が使われますか?

 

千代樵)そうですね。「当帰芍薬散」などは、体力虚弱で冷え症や貧血の 傾向があり、疲労しやすい方の足腰の冷えや月経不順、 むくみなどの症状の改善が期待できます。また「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」は身体の芯や血液を非常に温めてくれます。胃腸の調子を良くして、血液の巡りをよくして、肩凝り、頭痛、だるさや指先のキンキンしたような冷えをとってくれます。

 

諸岡さん)冷えだけでなく他の症状も一緒に改善できるのはうれしいですね。

 

千代樵)そうですね。個人の症状によって処方する漢方も期待できる効果もことなりますのでまずはご相談ください。

 

諸岡さん)わかりました。予防の方法は何かありますか??

 

千代樵) そうですね。夏でもシャワーではなくてゆっくりお風呂に入ること、睡眠時間を十分に確保して、規則正しい食事を心がけることが大切です。

2014/7/2放送


執筆者 福田 茜の画像

執筆者 福田 茜
九州大学薬学部卒 漢方みず堂漢方専門相談員
病院やメーカーを経て、株式会社漢方みず堂へ入社。
3児の母でもあり、妊娠・出産・子育てに関する漢方経験も多数あります。
福岡RKBラジオ「みず堂のなるほど漢方塾」には”優しいあかね先生”として出演しています。

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き


<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。