当帰四逆加呉茱萸生姜湯:手足末端の冷え

2014年10月21日

冷え性と漢方

当帰四逆加呉茱萸生姜湯:手足末端の冷え

冷え症で最もメジャーな漢方薬

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)は冷え症と言えば最もメジャーな漢方薬です。

この漢方薬が合う体質の特徴は

①手足の先がキンキンに冷える

②胃腸が弱く、寒いとムカムカする

③冷えると生理痛や頭痛が悪化する

といったタイプで、冷え症はもちろん生理不順や生理痛、頭痛、悪心嘔吐、などに使われます。

 

登山家の方が凍傷治療に漢方を使ったというニュースを読みましたが、

四肢末端の冷えに使う漢方薬と言えば、この当帰四逆加呉茱萸生姜湯を思い浮かべます。

関係ないですが、最も名前が長い漢方薬でもあります。

 

中身を見ると、

当帰・桂皮・芍薬・細辛・木通・呉茱萸・生姜・大棗・甘草

からなり、やはり特徴となるのは呉茱萸ではないでしょうか。

呉茱萸は温めて胃腸症状を改善してくれる生薬です。

しかしながら!非常に苦い・まずい!ので、呉茱萸が入る漢方薬は美味しくないです。

それでも本当に体が冷えて呉茱萸を欲している人にはおいしいようで、そこが漢方の不思議でもあります。

 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯であまりよくならない場合

よりお腹の冷えがひどく当帰四逆加呉茱萸生姜湯さえ受け付けない方は、人参湯をおすすめします。

腹痛など痛みが酷く、神経質なタイプの方は、当帰湯をおすすめします。

 

 

冷え症にも様々なタイプがあり、やはり自分の体質に合った漢方薬を飲むことが大切です。

他の冷え症のタイプも参考にしてみてください。

 

 


執筆者 福田 茜の画像

執筆者 福田 茜
九州大学薬学部卒 漢方みず堂漢方専門相談員
病院やメーカーを経て、株式会社漢方みず堂へ入社。
3児の母でもあり、妊娠・出産・子育てに関する漢方経験も多数あります。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談