ホットフラッシュの原因は陰虚火旺(いんきょかおう)

2015年2月13日

更年期障害と漢方

ホットフラッシュの原因は陰虚火旺(いんきょかおう)

更年期の時期

有名な薬酒のCMでお馴染みの方も多いと思いますが、中国の古い書物に女性の体は7年周期で変化すると書いてあります。

これによれば更年期は7×6=42歳ぐらいから徐々に始まりから7×7=49歳を過ぎたぐらいまでが該当します。

しかしながら、人類は進化発展をつづけ、今では寿命も当時の倍近く、初潮が始まるとされる14歳というのも、現代の人間とは少しずれてきた印象です。

 

更年期はいつからいつまでか!?という議論は意味がなく、それこそ個体差も大きく、むやみやたらと更年期を恐れる必要はありません。

そして、この症状は更年期なのか、果たしてそうでないのか!?という議論も漢方的には全く意味がなく、現れ出ている症候が大切で、病名は何であれ構わないのが漢方です。

 

最も困る症状「ホットフラッシュ」

ホットフラッシュは更年期の症状として大変多くかつ最も困るものでもあります。

自分の意志とは関係なく、突然に滝のように流れ出てくる汗、カーッとくるのぼせ。

西洋医学では女性ホルモン低下により、自律神経が乱れ、異常な汗やのぼせが起こると考えます。

女性ホルモンを補充する治療などが行われますが、乳がんや血栓症のリスクが増加する可能性も指摘されています。

そもそも体は自然の流れでホルモンを出さないようにしようとしているので、やはりそこで無理に抗うよりもその変化に体がついていけるようにすることが、自然な気がします。

 

漢方では、体の中の「水」が少なくなり(歳を重ねるとシワシワになってきますよね)体の中で起こった火事(ほてり・のぼせ・不眠・イライラなど)を消すことができないと考えます。

このことを漢方用語では「陰虚火旺(いんきょかおう)」と言います。

火事が起きたらバッと消せばいい、わけではなく、根本的な不足している「水」を補いながら火を鎮めていく漢方を使います。

 

具体的にはホットフラッシュの他、

・イライラ、皮膚(陰部)搔痒、手足のほてり、のぼせがあれば三物黄ゴン湯(さんもつおうごんとう)

・イライラ、冷えのぼせ、動悸、不眠、焦燥感、不正出血があれば黄連阿膠湯(おうれんあきょうとう)

・イライラ、冷えのぼせ、口内炎、月経不順、皮膚の乾燥があれば温清飲(うんせいいん)

・イライラ、胃弱、不眠、頻尿、残尿感、おりものがあれば清心蓮子飲(せいしんれんしいん)

 

などがあります。ある程度ホットフラッシュやのぼせ、ほてりなどの熱症状が強い場合は上記のような処方をまずは使って熱を冷ましてあげるとスッと楽になると思います。

更年期の代表的三大漢方と言われる加味逍遥散・桂枝茯苓丸・当帰芍薬散で良くならない方は、ぜひ症状体質に合ったピンポイントな漢方を飲むことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 


執筆者 福田 茜の画像

執筆者 福田 茜
九州大学薬学部卒 漢方みず堂漢方専門相談員
病院やメーカーを経て、株式会社漢方みず堂へ入社。
3児の母でもあり、妊娠・出産・子育てに関する漢方経験も多数あります。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き

漢方薬剤師募集


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社漢方みず堂が運営しています。