梅しょう番茶~身体の声に合わせた作り方~

2015年2月23日

マクロビオティック

梅しょう番茶~身体の声に合わせた作り方~

身体の声を聴く

マクロビオティックを勉強した時によく言われましたが、声なんて聞こえない。どういうこと?とはじめはよくわかりませんでした。あまりにも身体の声を無視してきたので聞こえなくなっていたようです。。。しかも本当の声ではなく幻聴が聴こえていたように思います。。。

 

現代は食べ過ぎが多いので、時々胃腸を休ませてあげましょう。私たちは仕事でもお休みがあるのに、胃腸は毎日働きっぱなし。それでは疲れちゃいますよね。添加物をできるだけ避けた食品をとるようにして、食べ過ぎないようにするとだんだん本当の声が聴こえるようになってきます。

 

身体の声は同じ家族でも男性、女性、大人、子供、体を使う仕事なのかデスクワークなのか・・・人によって違います。

 

今日紹介する梅しょう番茶も、身体の声に応じて好みに合わせて調節して作ってみてください。

お腹の調子が良くない時に
疲れた時に
風邪かな?と思った時に
二日酔い、飲み過ぎた時に(ちょっと濃いめに)
夏は、夏バテに 冬は冷え対策に
エネルギー不足を感じられている方に

 

梅しょう番茶 作り方

 

梅干し 1個

醤油 大さじ1

熱い番茶

生姜汁 2滴

 

1.中くらいの梅干し一個を種を取り、湯のみ茶碗に入れて突き砕く。

2.醤油を入れて練る。

3.生姜のおろし汁を落とし、熱い番茶を八分目ほど注いでかき混ぜる。

 

バリエーションとして

肝(ストレス・ホルモンバランス)に良いのは → 梅干しを増やす

腎(アンチエイジング・冷え)に良いのは → 醤油を増やす
心(不眠・動悸・貧血)に良いのは → 番茶を長めに良く煮出して渋くする
胃(二日酔い・消化不良・疲れ)に良いのは → 番茶をたんぽぽ茶に変える
肺・大腸(アレルギー・皮膚・便秘)に良いのは → 生姜を増やす

 

関連記事

僕の断食体験vol.3~陽性の飲み物「梅醤番茶」~

 

 


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

同じカテゴリーの記事を読む

漢方ノートについて

「漢方ノート」は株式会社漢方みず堂が運営する情報サイトです。漢方や病気、生薬の知識や現場で活躍する漢方専門薬剤師の生の声を日々発信しています。
漢方に興味がある方から医療従事者まで幅広く活用して頂けるサイトです。

弁証論治による漢方方剤選定の手引き


  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談
<運営会社情報>
漢方ノートは
株式会社みず堂が運営しています。