八味地黄丸:寒がり、新陳代謝低下

2014年10月21日

冷え性と漢方

八味地黄丸:寒がり、新陳代謝低下

体全体のエネルギー不足には八味地黄丸

八味地黄丸と言うと年配の方のお薬というイメージが強いかもしれません。

体を温める力が低下した状態を陽虚といいますが、八味地黄丸こそ陽虚の代表漢方薬です。

八味地黄丸が合う体質の特徴は

①寒がりで元気がない

②精力減退、子宮発育不全など性機能低下がある

③むくみ、多尿、乏尿、腰痛がある

といったタイプで、冷え症はじめ不妊症やアンチエイジング、加齢による症状に使われます。

 

健康オタクだったと言われる徳川家康が愛用していたとされる漢方薬は八味地黄丸です。

歴史オタクの私の兄は、寒がりで頭が薄くなってきてすぐ疲れたと言うので、

「家康と同じ漢方だ」と言うと喜んで飲んでとても調子がいいようです。

 

中身を見てみると、

熟地黄・山薬・山茱萸・沢瀉・茯苓・牡丹皮・桂皮・附子で、

何といってもここでピリッと効かせてくれているのは附子でしょう!

トリカブトの毒性をなくしたもので、体を非常に温め余分な水分を出してくれる生薬です。

 

八味地黄丸であまりよくならない場合

神経質で胃腸が弱い場合は桂枝加竜骨牡蠣湯をおすすめします。

 

 

冷え症にも様々なタイプがあり、やはり自分の体質に合った漢方薬を飲むことが大切です。

他の冷え症のタイプも参考にしてみてください。


執筆者 福田 茜の画像

執筆者 福田 茜
九州大学薬学部卒 漢方みず堂漢方専門相談員
病院やメーカーを経て、株式会社漢方みず堂へ入社。
3児の母でもあり、妊娠・出産・子育てに関する漢方経験も多数あります。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談