夏の保湿クリームのお手入れテクニック

2015年5月7日

その他

夏の保湿クリームのお手入れテクニック

保湿クリームの役割

みなさま、普段のお手入れに保湿クリームって使っていますか?年齢が若い方時にはスキンケアよりメイク!!に力を入れていてもはりある程度の年齢を重ねるとはやり毎日のスキンケアは重要になってきます。

その中でも、肌効果の高い保湿クリーム。スキンケアの最後に保湿クリームをつけることでお肌の水分をキープし潤いのヴェールで肌を優しくラップするような役割をしてくれます。

乾燥が気になるのよ!!という方は必ず使用されているとおもいますが、『ベタツキが気になるのよ』『面倒で・・』など使用されていない方も多いようです。

ですが、保湿クリームを使用せず、スキンケアを終わりにしてしまうと、最初につけた化粧水、美容液などは乾きやすくお肌へ十分な効果を発揮できなくなってしまいます

保湿クリームの選び方

肌に悪影響がない事と、やはり保湿クリームには「保湿力」が重要になります。

漢美潤の保湿クリームは『無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー処方』で安心なのはもちろんのこと、『鹿角レイシエキス』『ヒアルロン酸』をはじめ『5つの生薬エキス』『植物オイル』を配合。お肌に充実した潤いを与えてくれます。しっかりした保湿力で根強いファンが多い一番人気のアイテムです。

保湿力が高い割には高度な乳化技術で伸びが良くベタつかない保湿クリームですタップリの栄養素が入っているので美容液いらずで、不要な汚れをおとした後は『化粧水』の後に『保湿クリーム』のシンプルなお手入れ方法。お肌をしっかり元気にしてくれますよ♪

夏の保湿クリームの使い方テクニック

これから気温も高くなり、汗もかくし、保湿クリームはちょっと・・・というシーズンにもなってきますが、汗の影響や紫外線の影響で実はお肌内部はカラカラの状態になりやすい季節です。(のどが渇きやすくなるように、お肌もかわいているのです

そんな時期は特に乾きやすいホホ、目の周りを中心に塗り広げてみてください。べたつきやすいTゾーンや小鼻などは残った少量を最後につけると気温が高い時期でもつけやすくなりますよ♪

 

≪≪キャンペーンのご案内≫≫

漢美潤 ボディミルク(オンラインショップ限定特別価格 2,160円→1,080円

_YSD5977


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談