漢方の基礎 の記事一覧

当帰芍薬散はお酒で飲むのがベスト!?~傷寒論より~

2018年11月29日

漢方の基礎

当帰芍薬散はお酒で飲むのがベスト!?~傷寒論より~

酒は百薬の長!?

西洋のお薬では、「お酒と飲むのは避けて下さい」と説明を受けると思います。実際、単一成分のものが多く服用後吸収され肝臓で代謝(分解)され全身に巡ります。その際、アルコールと一緒に飲むと薬ではなくアルコールを先に分解するので、薬が効きすぎてしまうからなのです。

漢方の世界ではお酒も薬

実はお酒も漢方薬。気を通し温める働きがあると言われていて、一部の漢方薬を煎じる時や服用する時に使います。

傷寒雑病論と当帰芍薬散

傷寒雑病論という漢方薬の古い文献に、

1、婦人懐妊腹中こう痛するは当帰芍薬散之を主る。

2、婦人腹中諸疾痛は当帰芍薬散之を主る。

という文があります。

1は、女性が妊娠してお腹が痛むときは、当帰芍薬散がいいですよ。

2は、女性のお腹の様々な痛みには当帰芍薬散がいいですよ。

という意味で、とにかく妊娠中飲んでいれば安心でき、出産時も痛みも少なく産後のあらゆる病気にもなり難い。と書かれています。

また、この傷寒雑病論という本には、漢方薬の煎じ方、飲み方も細かく書かれています。その中でこの当帰芍薬散には、

「お酒(お猪口1杯分くらい)と混ぜて1日3回服用して下さい」と書かれています。妊娠中ですので、あくまでもお猪口一杯です。

当帰四逆湯・当帰四逆加呉茱萸生姜湯で煎じ方が違う

また傷寒雑病論には、

1、手足がひどく冷えて脈が細く絶えそうなのは、当帰四逆湯がこれを主る。

2、もし病人が平素から冷え症のものは、当帰四逆加呉茱萸生姜湯の服用が宜しい。

という文もあり、1番は通常通り水で煎じるように書かれているのですが、

2番目の煎じ方はそうではなく、

水と清酒を半分ずつで煎じ、これを5回(以上)に分けて温かくして飲んで下さい。

とあります。

 

人を見て、症状を見て、組み立てられている漢方薬。奥深いものがありますね。

 


執筆者 千代樵 豊の画像

執筆者 千代樵 豊
漢方薬については中学生の時から縁があったように思います。
そして大学を卒業してからずっと漢方薬と共に歩んできました。
だからか、人と話をしていると自然と鑑別(漢方薬を決める作業)している
自分がいます。
調剤薬局でも勤務しているため、日々西洋と東洋の狭間で生きています。
一生勉強、一生修行のもと、頑張ってます!

太極図の深い意味②~身体にも陰陽が存在する~

2017年4月14日

漢方の基礎

太極図の深い意味②~身体にも陰陽が存在する~

太極図は世界の私たちの『理』

太極図は、大げさに言えば私たちの世界の『理』(ことわり)を表すシンプルな図です。

陰の中にも陽があり、陽の中にも、陰がある。そして、陰と陽とが増減しながら循環することで、世界は成り立っている――というのが、前回『太極図の深い意味~陰陽とはなにか?~』でお話した内容です。

さて、そんな陰陽は自然界だけでなく、私たちの身体にも陰陽が存在しており、世界の理同様に、私たちの身体の中でも陰と陽とが増減しながら循環しています。この循環が乱れてしまったら、どうなるのでしょうか?

身体の中の「陰」が減少した場合

身体の中の「陰が減少する(陽が増える)」と言われたら、どんなイメージを持ちますか?

「なんだか陽気になりそう」

「元気いっぱいな感じ」

そんなイメージが思い浮かんだ人もいるかも知れませんね。

確かに陰の気が減少して、陽の気が増える――「陽気」(ようき)という字からも見て取れるように、陽の気が多いと元気になるイメージですが、陽の気が多すぎると身体が熱っぽくなってしまったり、乾燥しやすくなってしまったりします(※一例です)。

身体の中の「陽」が減少した場合

逆に「陽が減少する(陰が増える)」と言われたら、どんなイメージを持ちますか?

「気分が暗くなるんじゃ……」

「なんだか、淀んだ気分になりそう」

大抵の方がこのように思われるのではないでしょうか?

こちらは「陰気」という字面から受け取る印象通り、陰の気が減少してしまうと、身体が冷えやすくなったり、むくみやすくなってしまいます(※一例です)。

陰陽平衡(いんようへいこう)

陰が減少すると、身体が熱っぽくなったり、乾燥します。

陽が減少すると、身体が冷えやすくなったり、むくみやすくなります。

つまり陰と陽は多すぎても、少な過ぎてもダメなんです!また、絶えず増減して循環しているものなので、絶対的な平衡、バランスというのは存在しません。

このことを、東洋医学では「陰陽平衡」と言い、病気と向き合っていくときの原理原則である5大原則の一つに挙げられます。

※五大原則※

1.天人合一(てんじんごういつ)
2.心身一如(しんしんいちじょ)
3.陰陽平衡(いんようへいこう)
4.扶正祛邪(ふせいきょじゃ)
5.先本後標(せんぽんこうひょう)

 

ついつい、字面の印象だけで「陰は悪いものだから、減らさなきゃ」「陽を増やして元気にならなきゃ」と勘違いしがちですが、陰も陽も両方あってこそ、私たちの身体は成り立っている――ということ。そして、常にバランスは変化し、絶対的な健康というものは存在しないからこそ、その時々で調和をとることが大切だということを、忘れないでくださいね!

 

漢方みず堂博多マルイ店 後藤 知美

 

 


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。

太極図の深い意味~陰陽とはなにか?~

2017年1月23日

漢方の基礎

太極図の深い意味~陰陽とはなにか?~

東洋医学の考え方の基本『陰陽』とは、何か?

中華料理店や漢方薬局などによくある、このマークの意味をご存知でしょうか?

太極図

黒の勾玉と白の勾玉とが混ざり合うことなく、まるでぐるぐると回っているかのように見える、この図の名前は『太極図』(たいきょくず)と言います。

この太極図は、非常にシンプルな図ですが、実は東洋医学(中医学・漢方医学含む)の基本概念を表しています。

黒の勾玉と白の勾玉は、それぞれ”陰”と”陽”を表しています。

まずは陰と陽の違いを正しく知ることからはじめましょう。

陰について

陰と陽と聞くと、「陰」にはマイナスイメージを抱いてしまいがちですが、私たちの身体を健康に保つためには、陰も大切な存在です。

陰……収束する力
陰陽の陰とは、静かなエネルギーのことをいいいます。
「静かなエネルギー」とは何かと言うと、その場にとどまる冷気のような、静かなエネルギーのことです。

東洋医学的に表される陰とは以下のようなモノを指します。
• 月
• 夜
• 水
• 裏
• 女
上記の陰を代表するモノをご覧頂いてもわかる通り、どれも生活する上で、欠かせない存在です。

人間社会に女性がいなければ、子どもを産むことができないので、人間の種が終わってしまいます。
世界が昼だけで、夜が来なければ地球が乾燥し、水がなくなり生物が死に絶えてしまいます。
表裏一体という言葉通り、表だけで裏がないというのは、やはり世界が成り立ちません。

このように私たちが住む世界――万物はすべて陰と陽に分けられます。ですから陰で構成されているものもこうして沢山あります。

陰で構成されるモノもなければ、世界は成り立たない、というのが太極図の持つ、深い意味の1つです。

陽について

それでは陰と対象的な存在である陽とは、どんな存在なのでしょうか?

陽……発散する力
陰が収束する力なら、陽は発散する力とされています。
「静かなエネルギー」の陰とは対象的に、動き回る活発なエネルギーが陽です。
「動き回る活発なエネルギー」と聞くと、良いイメージしかありませんが、働きすぎると過労によって、身体を壊してしまいます。機械も動かしすぎれば、すぐに壊れてしまうように、活発なエネルギーばかりでも、身体には良くないのです!

東洋医学的に表される陽とは以下のようなモノを指します。
• 日(太陽)
• 昼
• 火
• 表
• 男
陰ばかりでも世界はやはり成り立ちません。もちろん陽もなくてはならないものです。
夜ばかりでいつまでも日が昇らず昼が来なければ、農作物は育ちません。

日の光や活動エネルギーが無ければ、やがて地球上の全ての生命活動が停止してしまいます。

また、地球上のすべてが女性だけでも、やはり種は絶えてしまいます。

陰と陽とで構成される世界と私たち

陰だけでも陽だけでも、万物は成り立ちません。 そして、それは私たちの身体の中にも言えることです。
私たちが生きる世界は、陰と陽とで構成されている――というのが、太極図の持つ意味です。

この太極図は白い勾玉の中に黒い点が、黒い勾玉の中に白い点がありますが、それは「陰の中にも陽があり、陽の中にも陰がある」という意味です。一見、陰だけに見える物事の中にも陽があり、陽だけに見える物事の中にも陰がある、という自然の摂理を表しています。

世界が陰と陽との増減で続いていくように、私たちの身体の中でも陰と陽とがそれぞれ増減しながら循環し、私たちの身体も健康な状態を保っている――そして、この陰と陽の増減のバランスが崩れてしまうと、身体の中の調和が乱れ、病気を引き起こしてしまう。太極図はそんな深い深い意味をシンプルな図の中で表しています。

 

漢方みず堂博多マルイ店 後藤 知美

 

※関連記事

太極図の深い意味②~身体にも陰陽が存在する~


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
12...7