生理不順と漢方 の記事一覧

ダイエットをして多嚢胞性卵巣症候群を克服!

2019年5月10日

生理不順と漢方

ダイエットをして多嚢胞性卵巣症候群を克服!

目標は-13kg!!

168cmで85kgの30代のがっちりした体格の女性。元々体格は良いほうでしたが、このままではまずいと、漢方ダイエットに挑戦することに。

生活面は、仕事が忙しく、食事は遅い時間が多いとのこと。仕事のつきあいで飲み会も多い。断れない性格の為、自ずと外食が多くなりがち。その分、体の重さを解消するために、毎朝ランニングが欠かせない。他にも運動を日課にしており、体調面は自覚できるところではいたって健康。不調といえば、生理不順が気になるくらい。以前は4ヶ月に一度くらいのペースでしか生理が来なかった。病院では多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断され、2年前から治療の為にピルを飲んでいる。一番はダイエットだけど、生理が自然に来る体になれば良いな・・・

最初は、体に溜め込んだものをリセット

代謝アップには、内臓を休めることが大切。内臓は日々の消化活動で疲弊し、老廃物が蓄積しています。しっかり休めることで、老廃物の掃除と本来の力の活性化を促します。まずは、代謝を高める漢方薬とともに、食事量をぐっと減らして、空腹時間をしっかり保つことを頑張っていただきました。胃腸の働きが良くなると、代謝アップだけでなく漢方の吸収力も高まり、一石二鳥です。その後は、職場のつきあいも含め、生活スタイルに合わせた食事の摂り方で、徐々に減量。運動の習慣がついていることは、デトックス・脂肪燃焼には大きなプラスの力になったと思います。10ヶ月後には、目標達成!!

リバウンド防止の為と生理不順を改善する為に、漢方継続

同じ頃、ドクターの提案でピルを休んでみたところ、難なく30日で生理が来ました。次も自然に来ますように、と待ってみたものの・・・そう簡単にはいきません。50日経っても来ないためピルを再開。それからは、ピルを2ヶ月休み、自然に生理が来なければ再開、を繰り返しながら様子をみました。そうして10ヵ月もすると、自力での生理が連続!?まだ周期はばらばらで、26日だったり45日だったり幅はありますが、それでもピルなしで生理が来るのは大きな進歩。その後も漢方を継続し、翌年には、多嚢胞性卵巣症候群は治っていることが判明!今は、生理周期は30日前後とばっちりのリズム。もちろん、体重のリバウンドなしです。

 

漢方みず堂溝上薬局空港通り店 廣尾 なつみ

ダイエットと多嚢胞性卵巣症候群

実はこの方は、ダイエットの為の漢方も、多嚢胞性卵巣改善の為の漢方も、同じものを使っていました。どちらも同じ体質によるものだったからです。

□多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは ~西洋医学的な視点から~

排卵障害の主な原因の一つ。通常の排卵は、元々卵巣にある原始卵胞が、ホルモンの刺激を受けて成熟卵胞へ育ち、20mm程で卵巣から飛び出します。PCOSは、スムーズに成熟卵胞へと育たず、排卵に至らないままの小さな卵胞が沢山蓄積された状態です。卵巣の超音波検査をすると、10mmほどの小さな卵胞がネックレスのように連なっている画像(ネックレスサイン)が見られます。排卵がうまくできないために、生理周期が延びたり、不妊の原因にもなります。

○要因

PCOSの原因は、はっきり分かっていませんが、脳下垂体や卵巣内のホルモンバランスの崩れが考えられています。検査データに現れるところでは、以下のいずれかに該当するようです。

・脳下垂体ホルモンのアンバランス:黄体形成ホルモンLH≧卵胞刺激ホルモンFSH

・男性ホルモン高値

他にも関連するものとして、肥満、インスリン抵抗性(インスリンへの反応性が悪い)があります。いずれもホルモンバランスへ影響を与える要素です。

○治療

・妊娠を希望していない場合 → 子宮内膜がん予防の為に、低容量ピル、黄体ホルモン

・妊娠希望の場合 → 排卵を促す為に、排卵誘発剤、卵巣多孔術(卵巣に穴をあける)

※いずれもPCOSを完治させるものではありません。

・PCOSのリスクを減らす → 適正体重に減量、インスリン抵抗性の治療(糖尿病薬)など

□多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と肥満を漢方的にみると

○PCOSの主な要因

瘀血・・・血流が滞ることで、卵胞に質の良い栄養が届かない。停滞した毒素で卵巣の膜が固くなる。チョコレート嚢胞ができやすい。

痰湿・・・卵巣内がどろどろ淀み、血流を妨げる。卵巣の膜が厚くなり、排卵の邪魔をする。

肝気鬱結・・・ホルモンバランスの乱れを起こす。卵巣へ排卵の指令が伝わらない。

脾虚・・・「痰湿」を生じやすい。体力がなく、卵を育てる力、排卵させる力がない。

腎虚・・・不摂生や加齢により、卵胞自体のエネルギーが弱く、成熟に至らない。

 

○肥満の主な要因

瘀血・・・濃い味、肉類の食べすぎ、運動不足、あるいは、冷えから血流が悪く、毒素が溜まりやすい。固太り。

痰湿・・・油っこいもの、甘いものの食べすぎ、飲みすぎから、体の中の淀み「痰湿」が生じる。痰湿の停滞は、脂肪に変わり、内臓の働きを妨げる。内臓脂肪が多い。

肝気鬱結・・・ストレスから、代謝機能が乱れる。過食になりやすい。「瘀血」を引き起こす。上半身に肉がつきやすい。

脾虚・・・消化力が弱く、消化しきれない分が「痰湿」となって溜まる。食後の眠気、だるさ。体力がない。上半身はあまり太らないが、下半身がぽってり。

腎虚・・・水分代謝・排泄機能が弱く、「湿」がたまりやすい。下半身が重だるく、血流が悪くなりやすい。全身が浮腫んだように太る。

 

見ていただくと分かるように、PCOSと肥満の要因、けっこう共通していませんか?

さらに言うと、いずれの理由にしても現に太ってしまった場合、結果的に体内で増えたものは、「痰湿」もしくは「瘀血」なんです。どちらも、PCOSを引き起こす要因でしたね。つまり、“太る=PCOSの要因を作る”ということです。もし不摂生で太ってしまったのであれば、自分でリスクを高めてしまっているかもしれません…生活習慣に心当たりがある場合は、早いうちに見直してみましょう。

ダイエットとは「痰湿」と「瘀血」を減らすこと。そして、「痰湿」と「瘀血」が減れば、PCOSのリスクも減らせます。

 

もちろん、誰もがPCOS改善の為に、ダイエットをすれば良いというわけではありません。脾虚や腎虚が原因の方は、太っていない場合も多いです。また、ダイエットの方法も、デトックスが効果的なのか、代謝力をあげるべく補うことを優先すべきか、体質によってアプローチは異なります。

なぜその不調が出てきたのか、全身に目を向けてみましょう。一見関係なさそうな複数の不調も、元をたどれば同じ原因から来ているかもしれません。不調の大元から体質改善をすることが、今ある不調の改善にも、予防にもつながります。

 

関連記事

貧血だけど痩せたい!~ついでに4cm以上の卵巣嚢腫が消えた例~

漢方で考える多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)による生理不順

肥満はお血・痰湿の原因で妊娠にも関係する

卵子も老化する


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)による生理不順

2016年10月26日

生理不順と漢方

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)による生理不順

生理不順と肌荒れ

小柄で、笑顔の可愛らしい、21歳女性の保育士さん。
10代の頃から生理不順があり、半年前に婦人科を受診したところ、多嚢胞性卵巣症候群と診断を受け、排卵が上手く出来ていないことがわかりました。それから排卵を促すお薬を処方され飲んでいますが、生理は来たり、来なかったり。排卵もみられないまま。
また、3ヶ月前からは肌も荒れてきて、皮膚科にも通っているが、なかなか良くならず、それどころか大きく、赤いニキビが頬の広い部分へ広がってきている。
とてもご不安そうに症状を説明してくれました。

体質は、疲れやすく、寒がり、汗かき、肩こり、お天気で偏頭痛、時々ピーという高い音の耳鳴り、腰痛。

肝欝血虚(かんうつけっきょ)

肝の気を巡らせる働きが悪くなり、蓄えている血を消耗すると、月経に関係が深い経絡に、気と血が十分に行き届かず、生理不順や排卵障害を引き起こします。
肝の血を補い、その働きをよくする漢方薬をお渡ししました。
毎月生理の時期に婦人科を受診して、排卵誘発のお薬を5日間飲み経過を見ていましたが、肌荒れはおそらくお薬の影響が大きく、生理不順も改善されていないため、お薬は一旦止めて、漢方だけで経過を見ていくことにしました。
また実家を出て弟と二人暮らしで食事が不規則なっていたため、「体は食べたもので作られる」という大原則をお伝えし、だから毎日食べるものは大切なんですよとお話しました。

若さと素直な心

漢方を始めて、1ヶ月後。見てすぐにわかるほど、頬のニキビの赤みが引いていました。ご本人も「とっても嬉しいです!」と両頬を抑えながら可愛らしい笑顔を見せてくれました。生理が来るような下腹部の感覚もあるとのこと。初回、毎日続けることができるか不安と言っていた漢方薬の煎じも頑張って続け、また食事への意識も変わって自炊をするようになりました。

2ヶ月後、前回来店後すぐに生理がきて、今月の生理も周期通り順調にくることができました。今月は生理痛もなし!大きかったニキビも小さく、赤みも随分引いてきていました。でも一つ気になることは、生理の前の胸の張りがありませんでしたと、不安そうな顔。胸の張りがないことは気が巡れている良い表れですよとお伝えすると、そうなんですか!と笑顔に変わりました。

まだ飲み始めて3ヶ月弱ですが、目に見えてぐんぐん良くなっていっています。若くて細胞の新陳代謝が早いからというのもあるかもしれませんが、何より良くなりたいという素直な心が症状の改善を早めます。

漢方薬を煎じる時、飲む時は、漢方薬が体のすみずみまで行き届いて、新しい元気な細胞を作り出し、ぐんぐん良くなるイメージを持ちながら、美味しく頂いてくださいね。

 

漢方みず堂ヴァインドラッグ末吉薬局 山城 奈央


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。

貧血には気血双補剤

2016年3月14日

生理不順と漢方

貧血には気血双補剤

中学生から貧血

35歳女性。

常にふらっとした立ちくらみを感じていて、健康診断ではたいてい数値が引っかかる。鉄剤を処方され飲んでいる時は良いのだが、数値が良くなり止めるとまたふらつきが出てくる。

そしてその貧血からか、すぐ疲れて夕方はかなりきつい、やる気がでない、体調が悪い時は動悸がする。

中学生のころから症状はあり、食事も気をつけているが改善は見られず、この状態がもう当たり前と思っていた。

貧血と血虚

西洋医学では、貧血は赤血球中のHb(ヘモグロビン)の濃度で計ります。

漢方でも血が不足するという意味の「血虚(けっきょ)」があります。(詳しくは「血」とはをご覧ください。)「気は血の統帥、血は気の母」と言われるように、「血」は「気」とお互いに持ちつ持たれつ・・・といった関係があります。

今回は、ふらつきなどの血虚の症状に加え、疲れやすい・やる気が出ない・動悸などの気虚の症状を改善する、気血双補剤を飲んでいただきました。

やりたいことができる喜び

漢方を始めて1か月後、例年季節の変わり目は調子が悪い日が多いのが、それが少なかった。また普段25,26日の生理周期が、28日だった。少しずつ胃腸が元気になり血を取り込まれているのを感じました。

2か月後、いままで業務を何個かこなすと疲れていたのが、ずっと続けられる。夜まで元気で少し怖かった。中学からの気虚が改善され、体も本人も驚かれたのかなと思います。

3か月後、夜はもう大丈夫、日中大変動きやすい。やりたい事ができてとても嬉しい。

今までの当たり前が覆ったようで大変喜ばれています。この先まだまだ長い人生楽しんでいただきたいです。


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
12