伏見 浩幸 が投稿した記事一覧

僕の断食体験vol.17~世界の長寿の人に学ぶ生きる秘訣~

2018年1月19日

マクロビオティック

僕の断食体験vol.17~世界の長寿の人に学ぶ生きる秘訣~

断食の功名

身体も軽く力も入るようになり、少し無理をしたくなり、石階段を駆け上がってみました。

呼吸は少し乱れますが、スイスイと上がれて心地よい。そういえば、数日前より寒くない。寒さにもなれてきたせいか、または代謝が上がってきたせいか・・・。

断食によって代謝が上がり、体温が上がるという話は耳にします。

僕の場合は、元々低体温ではない為、何とも証明しようがないのが残念ではありますが、この身体の軽さと程よい力強さと、断食実践による様々な気づきによる精神的な心地よさは実感できます。

改めて断食とは、絶食とは違い、心身ともに非常に良い影響を与えていると感じます。

心身一如

身体にだけではなく、心にも良いというところが断食の真の効果なのだと思います。

「心と体は一つの如し」という意味の「心身一如(しんしんいちじょ)」。

健康においても、心の良い状態が身体を良い状態へ導きます。

漢方相談をしていても、心が整うだけで身体の不調も良くなるということは良く目の当たりにしますが、僕の自然治癒力は、きっとこれまで以上に高まっているのではないかと感じます。

現に、世の中には、奇跡的に難病が快方に向かったり、中には完治する人もいます。

これは、身体の免疫系・自律神経系・内分泌系が力を発揮し、全身の自然治癒力が高まった結果だと考えられます。

自然治癒力が高まるには、食事も大切ですが、それ以上に心の影響が最も大きいと私は考えています。

治りやすい人、または長寿の方に共通するのも、食よりも心の持ち方です。

世界の長寿の人に学ぶ

例えば、ギネス認定の世界一の長寿のジャンヌ・カルマンさん(フランス)(享年122歳)の長寿の秘訣は、

・退屈しないこと
・よく笑うこと
・どうにもならないことで、くよくよしないこと

カルマンさんは、117歳で禁煙するまで愛煙家で、好物はワインとチョコレートだったそうです。

日本で有名な長寿といえば、きんさん・ぎんさんで有名だった、成田きんさん(享年107歳)、蟹江ぎんさん(享年108歳)

お二人の長寿の秘訣は、

・くよくよせずに嫌なこともいいことも忘れること(きんさん)

・グチや不満を腹にためないこと(ぎんさん)

ぎんさんの好物は、フライドチキンだったそうです。

また日本一の長寿としてギネスにも認定されている大川ミサヲさん(享年117歳)の長寿の秘訣は、

・ゆっくり暮らすこと

・8時間寝ること

・おいしいものをいっぱい食べること

・毎日ニュースや国会中継、新聞も欠かさず見ること

さて、ここからは、ギネス非公認(出生の証明がないため)の長寿の方々です。

ムバフさん(享年146歳)(インドネシア)の長寿の秘訣は、

・忍耐と感謝。愛する人がいたから、世話をしてくれる人がいたから

・気軽にのんきに構えること

・喫煙

・のんびりとラジオを聴き流す

李青曇(リ・セイドン)さん(享年256歳)(中国)の長寿の秘訣は、

・心を落ち着けて、カメのように座り、鳩のように歩き、犬のように寝ること

・霊芝、クコの実、朝鮮人参、ドクダミ、ツボクサ、米酒だけを口にする生活を40年以上継続

自然体

病気を克服した体験談などをみても、苦しみの中であっても、感謝や信念の強さ、前向きに生きる心の姿勢をお持ちの人が多いです。

心が自然体だと、より活き活きと生きれますし、感謝の念も深まります。人に優しくなれますし、イライラもしなくなります。

自然体とは、単にリラックスというわけではなく、活き活きと生きられること。生きていること、生かされていることに感謝の念を抱きつつ、よりよく、よりよく。

何事にも喜び、楽しみながら、苦しい時もやりがいを持ちながら生きている状態だと思います。

それが本来の人間の姿。本来の自然体。

そういう状態の時に、幸福感も高まりますし、困難も乗り越えられます。病気も克服しやすくなります。

このように、人間として、力を発揮できる状態が、本来の自然の姿。

これは、特別なことではなく、命を授かった、人間として生まれた誰もが持っている本来の力だと思います。

人間特有の力

色々な事で、本来の姿を忘れてしまうことが、不幸を生み、病気を生みますが、それはある意味、自然が生き方の間違いを教えてくれている。再度、チャンスを与えてくれているとも言えるのではないでしょうか。

現に私もそうですが、病気をきっかけに、より人生を豊かなものにできました。

野生動物はどうかわかりませんが、恐らくこういった修正力は人間特有のものだと思います。何かを生み出し、形にすることができる力を授かった人間だからこその力なのかも知れません。

失敗をしながらも、よりよく、よりよくしていける力。

その力を発揮する事。それが人間としての正しい生き方のように感じます。力を授かった分、その責任を果たす義務もあります。

断食も、本来の自分を取り戻す良い機会になりました。

元気とは、食べ物から得られるものではなく、やはり心から発するものだと実感します。

自然を感じ、感謝の念を持ち、自然体で生きること。

この感覚は一生忘れてはならない事だと思います。

色々な事を深く考えながら、これまでで一番スイスイと軽々しく散歩を終えました。

16時

いつもは、カタクリの時間ですが、今日から違います。

今日で本格的な断食は終わり。復食といって、少し普段の食事に戻す為の食事です。

もっと歓びを持って、この復食の時をむかえられると思っていましたが、正直もっと断食を続けたいという気持ちの方が強いです。

それだけ心身の調子が良く、苦しくもないですし、食に対する過剰な貪欲さが失われているのだと思います。

しかし、食べたくないということもまた不自然で、やはり命をいただく事で生かされているという事を忘れてはいけません。

平常心を取り戻し、目の前のおもゆと梅干に手を合わせて、しばらく黙祷。

有り難くいただく事にします。

 

<次に続く:僕の断食体験vol.18~6日ぶりの食事~

 

 

※関連記事

僕の断食体験~プロローグ~

僕の断食体験vol.1~初日~

僕の断食体験vol.2~目覚めの良い朝~

僕の断食体験vol.3~陽性の飲み物「梅醤番茶」~

僕の断食体験vol.4~環境による心への影響~

僕の断食体験vol.5~初めての体験~

僕の断食体験vol.6~持続する集中力~

僕の断食体験vol.7~冷たい水は飲み込めない~

僕の断食体験vol.8~ちくわの誘惑~

僕の断食体験vol.9~3日目の脱力感~

僕の断食体験vol.10~心と身体はどちらが強い?~

僕の断食体験vol.11~ついに脾気虚・肺気虚になる~

僕の断食体験vol.12~癌(ガン)と正食~

僕の断食体験vol.13~力みなぎってきた5日目~

僕の断食体験vol.14~命とは、生とは、死とは~

僕の断食体験vol.15~人生で一番痩せた日~

僕の断食体験vol.16~僕は断食によって何を得たのか?~

僕の断食体験vol.19~何の為に食べるのか?~

僕の断食体験Vol.20~今、を五感で味わう~


執筆者 伏見 浩幸の画像

執筆者 伏見 浩幸
漢方薬の持つ力の素晴らしさとともに、人間の持っている力もすごいなぁと日々感じています。漢方薬だけではなく、私たち自身も相談員としてお客様の「薬」なることはもちろん、今、色々なご病気で悩まれている方々も、授かった命と一緒に当然備わっている自分自身の自然治癒力に自信を持ち、自分自身が「薬」になるお手伝いができればと考えています。そんな願いを込めて一話一話を綴らせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

僕の断食体験vol.16~僕は断食によって何を得たのか?~

2017年11月21日

マクロビオティック

僕の断食体験vol.16~僕は断食によって何を得たのか?~

7日目の朝

目覚ましと同時に朝7時に起床しました。

毎日、寝て読書をするだけの部屋ですが、毎日掃除をしていても何かしら埃などが溜まっています。

髪の毛や垢が毎日落ちるように、この部屋の中のものも止まっているようで外の落ち葉と同じように常に変化しているのでしょう。

自然とはそうやって変化しつづけ、循環し続けて、より良く、より良くなっていくものだと思います。

そして、私達も自然の一部としての役割があると思います。

自然の流れに沿って自分自身は何をなせば良いのだろうかと、ふと考えます。

人間としてというか、日本人としてというか、例えば毎日の身の回りの掃除に関しても、日本の長年続いてきた文化のようなもので、それは日本人として自然と調和する一つの方法なのかもしれません。

モノを丁寧に扱うことや、モノに感謝すること。一つ一つに宿る神様を敬うこと。

ずっと続いてきたこと。

それを実践することで、心も穏やかになり、自然体になるように感じます。

そして、そういう実感を通じて自然の一部としての人間としての正しい生き方を学んでいるようにも感じます。

7時半の静坐、その後の外掃除と梅醤番茶

断食道場生活も7日目。

ふと、慣れと狎れ(親しみすぎて礼を欠く)が生まれている自分に気がつきます。

極限状態とまではいきませんが、そういう状態でも慣れや狎れが出てくるのが、人間の弱さです。

日常に戻り、どこまでこの感覚を持ち続けられるのか。正直不安です。

日々の当たり前の中に、感動や感謝の気持ちを持ち続けたい。自然体で生きたい。

しかし、自然体で生きるということが、いかに難しいことか、ということも痛感します。

改めて、強い信念を持たなければと考えます。

ここまでを振り返って、僕は断食によって何を得たのか?

スリムな身体や鋭い味覚、自然を観る目と感じる身体などはありますが、一番は、

多くの命や自然によって生かされているという実感。

そして、この実感によって世界との一体感が生まれ、過去から遡る自然の一部としての自分自身、生命としての自分自身、人間としての自分自身を認識することができます。

少し大げさな表現ですが、その入り口に立つことができたような感覚です。

そして、大きな安心感とともに、深い感謝の念も生まれ、見るもの全てが輝いているようにも見えます。

こんな素晴らしい世界に生きていたんだと気づくことにも繋がったと思います。

この感覚だけは忘れたくない。

そう強く思い、今の気持ちをノートにできる限り綴りました。

綴ることで、さらに、さらに深まっていくようでした。

10時。散歩の時間です。

一頻り書き終えてから、外に出ました。心も満たされましたが、明らかに今日は身体が軽い!

空腹にも慣れ、もはやこのまま食べなくても生きていけるのではないかと思えるほどに、身体がすっきりしてよく動けます。

一つ山を越えた。そんな気分です。

 

<次に続く:僕の断食体験vol.17~世界の長寿の人に学ぶ生きる秘訣~

 

※関連記事

僕の断食体験~プロローグ~

僕の断食体験vol.1~初日~

僕の断食体験vol.2~目覚めの良い朝~

僕の断食体験vol.3~陽性の飲み物「梅醤番茶」~

僕の断食体験vol.4~環境による心への影響~

僕の断食体験vol.5~初めての体験~

僕の断食体験vol.6~持続する集中力~

僕の断食体験vol.7~冷たい水は飲み込めない~

僕の断食体験vol.8~ちくわの誘惑~

僕の断食体験vol.9~3日目の脱力感~

僕の断食体験vol.10~心と身体はどちらが強い?~

僕の断食体験vol.11~ついに脾気虚・肺気虚になる~

僕の断食体験vol.12~癌(ガン)と正食~

僕の断食体験vol.13~力みなぎってきた5日目~

僕の断食体験vol.14~命とは、生とは、死とは~

僕の断食体験vol.15~人生で一番痩せた日~

僕の断食体験vol.18~6日ぶりの食事~

僕の断食体験vol.19~何の為に食べるのか?~

僕の断食体験Vol.20~今、を五感で味わう~

 


執筆者 伏見 浩幸の画像

執筆者 伏見 浩幸
漢方薬の持つ力の素晴らしさとともに、人間の持っている力もすごいなぁと日々感じています。漢方薬だけではなく、私たち自身も相談員としてお客様の「薬」なることはもちろん、今、色々なご病気で悩まれている方々も、授かった命と一緒に当然備わっている自分自身の自然治癒力に自信を持ち、自分自身が「薬」になるお手伝いができればと考えています。そんな願いを込めて一話一話を綴らせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

僕の断食体験vol.15~人生で一番痩せた日~

2017年10月6日

マクロビオティック

僕の断食体験vol.15~人生で一番痩せた日~

断食道場に来てから6日目の朝

 

目覚めて体を起こそうとすると、昨日の山歩きの疲れが少し残っているようで、体が少し重いというか硬く感じました。

丸4日間、ほとんどカロリーをとっていない為、必要なエネルギーは脂肪や筋肉を分解して得られているはずです。

足の太さの変化は分かりにくいですが、昨日よりも胸や腕の筋肉が少なくなっている気がします。そういえば、ここに来てから下半身ばかりを動かしています。あまり使っていない上半身の脂肪や筋肉が優先的に分解されているのだろうと想像できます。

また呼気が少し熱を持っているように感じます。体調はさほど悪くは感じないので、代謝も上がっているのかもしれません。

ここに来て6日目。

いつも通り、8時に梅醤番茶をいただき、散歩、10時に味噌汁をいただき、14時からはビデオでの講座。

食べない事も毎日の散歩も普通の生活になってきました。

食品添加物についてのメモ

今日のビデオ講座の内容は、食品添加物が主でした。

今日も必死にメモを取りながら聞きましたが、情報量が非常に多く、極端な話も含まれていたため、役立ちそうなところを中心にメモしたものを以下に転載します。

(内容は、考える視点によっては賛否両論あることを前提にしてご覧下さい。またメモに多少の漏れや誤認がある可能性もあると思います。内容の正確性には責任は持てませんので、ご了承の上、お読みいただければと思います。)

・化学的合成品は349品目。非化学的合成品は1051品目。

一日の摂取量は厚生省の発表では1.6g。民間が調査した結果は11g。結果は全然違う。

・甘味料として使用されるアスパルテームは毒性が高い。また表示義務が無い物の中に、加工助剤がある。このなかに催奇性、発がん性があるものがある。材料の段階で使われたものは表示義務がないことが問題。海外からのレモンなどの柑橘類に使われる防カビ剤などは、発がん性があるにも関わらず、外国からの圧力により入れている。これらも表示義務がない。

・食品添加物の発がんの潜伏期間は15年以上。食品添加物は発がん性だけではなく、アレルギーにも気をつけないといけない。花粉症やアトピーなども食品添加物が要因かもしれない。

食事に関する私見

今や食品添加物をとらない日はないというくらい世の中に溢れています。

私も食品を購入する場合は、包装の裏側で添加物をチェックしたり、産地も少し気にしながら選ぶ方です。

何が良くて何が悪いのか。明確な結論は出ていませんので、様々な情報が混在しています。

では、どうすればよいのか。怖がりすぎてもいけないと思います。

大切な事は、基本的にはできるだけ化学的に作られた食品添加物が少ない食品を選ぶこと。そして主食をしっかりとること。

主食とは、無農薬または減農薬の玄米です。主食と副食の割合は7対3くらい。

それが難しければ、無農薬や減農薬栽培の雑穀を入れること。これに野菜たっぷりの味噌汁(味噌は自然に熟成させたもの)。

個人的には、ここまでを主食と考えるくらいにして、食事の軸にしてもよいくらいだと思っています。

最後に、多少の食品添加物は、人間の自然治癒力による解毒力で解毒できると信じる事も大切だと思います。

人間の解毒力や適応力は他の動物に比べても非常に高いです。これだけ色々食べて、食べ過ぎて、運動不足で、こんなに長生きできる動物は人間くらいなのではないでしょうか。

一方で、慢性疾患や難病など、自然治癒力の低下で苦しまれている方は、解毒力も下がりますので、より一層、食事には気をつけるに越した事はないと思います。

黒糖入りカタクリの味は・・・

静かな畳の上で仰向けになり、目を閉じて、少し頭と体を休ませていると、台所から足音が近づいてくるのを感じました。

そういえば、もうすぐ16時。カタクリ(出汁で味付けした葛湯)の時間です。

いつもカタクリを作っていただいている女性から、希望すれば黒糖入りカタクリにしていただけるという嬉しい申し出をいただきました。もちろん二つ返事でお願いし、足取り軽く個室に戻り、到着を待ちます。

道場に来てから、甘いものは一切口にしていない為、これは非常に楽しみです。

5分ほど待っていると、お盆にいつもの器。

その中にいつもより少し黒い色のカタクリが運ばれてきました。香りからも黒糖が入っていることがわかります。

基本はシイタケとコンブから出汁をとった葛湯ですが、スプーンですくい、口にする瞬間は、黒糖の甘みだけを求めてしまいます。

当然、予想とは違う味が口の中に広がります。

いや、予想外の苦いような味が強い・・・。この味は何だろう・・。

黒糖の甘みによって、他の食材の苦味が引き出されたのだろうか。

料理の知識は皆無ですが、どこかの料理評論家のようなコメントが頭に浮かびます。

正直言って、まずい。

こんなにまずいカタクリは初めてだ。

しかし、これが今日最後の食事。食べなければ・・・。

もはや黒糖の甘みについてはどうでもよくなり、理解不能の化学反応によって完成したであろう目の前の黒っぽい流動食をしばらく見つめます。

少量ずつなら食べられるはず。

意を決して、また一口。口の中にこれまで以上の苦味が広がります。

これは不味い・・・。吐き気もしてきました。もう食べられないかも・・・。

一体何の苦味だろうか、しかもどこか金属っぽい味もする・・・。

その瞬間、答えが判明しました。

スプーン自体の味でした。

味覚が敏感になったせいで、スプーンの金属の味を感じるようになっていたようです。

話には聞いていた事ですが、実際に自分の身にこういう変化が起こると嬉しいものです。

動物には元々、体に良いもの、悪いものを五感で判断できる力があるそうですが、そういう野生的な力が自分にもあったと感じることができた体験でした。

吐き気と感動を同時に感じ、結局、黒糖入りカタクリにはそれ以上手をつけることを諦めざるを得ませんでした。もう少し早く気づいて、木のスプーンでも借りていれば・・と悔やまれます。

台所に3分の1ほど残した黒いカタクリを運び、事情を話し丁寧に謝罪をすると、僕の変化を喜んでいただけました。時々そういう人がいるとの話も伺え、お陰で心も軽くなりました。

6日目は3つの初体験

16時過ぎからは、外出て散歩に。

今日は、少し胃の調子が優れないので、冒険はせず、いつもの石段コース。

昨日よりも身体が軽く、力も入るように感じます。体がどんどん変わっていっていると実感。

入浴時に体重を量ると61.2kg。(4日前の体重は64.6kg。4日で-3.5kg)

今の身長(172cm)になってからは、人生で一番痩せている!

6日目は、3つの初体験(呼気の熱感、敏感な味覚、痩せ)があり充実していました。

一日あったことを振り返り、少し興奮気味だったせいかこの日は24時に就寝。

 

<次に続く:僕の断食体験vol.16~僕は断食によって何を得たのか?~

 

※関連記事

僕の断食体験~プロローグ~

僕の断食体験vol.1~初日~

僕の断食体験vol.2~目覚めの良い朝~

僕の断食体験vol.3~陽性の飲み物「梅醤番茶」~

僕の断食体験vol.4~環境による心への影響~

僕の断食体験vol.5~初めての体験~

僕の断食体験vol.6~持続する集中力~

僕の断食体験vol.7~冷たい水は飲み込めない~

僕の断食体験vol.8~ちくわの誘惑~

僕の断食体験vol.9~3日目の脱力感~

僕の断食体験vol.10~心と身体はどちらが強い?~

僕の断食体験vol.11~ついに脾気虚・肺気虚になる~

僕の断食体験vol.12~癌(ガン)と正食~

僕の断食体験vol.13~力みなぎってきた5日目~

僕の断食体験vol.14~命とは、生とは、死とは~

僕の断食体験vol.17~世界の長寿の人に学ぶ生きる秘訣~

僕の断食体験vol.18~6日ぶりの食事~

僕の断食体験vol.19~何の為に食べるのか?~

僕の断食体験Vol.20~今、を五感で味わう~

 


執筆者 伏見 浩幸の画像

執筆者 伏見 浩幸
漢方薬の持つ力の素晴らしさとともに、人間の持っている力もすごいなぁと日々感じています。漢方薬だけではなく、私たち自身も相談員としてお客様の「薬」なることはもちろん、今、色々なご病気で悩まれている方々も、授かった命と一緒に当然備わっている自分自身の自然治癒力に自信を持ち、自分自身が「薬」になるお手伝いができればと考えています。そんな願いを込めて一話一話を綴らせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。
...23...12