田頭 哉子 が投稿した記事一覧

柿のヘタと柿蔕湯(していとう)~しゃっくりが止まらない~

2018年7月23日

その他

柿のヘタと柿蔕湯(していとう)~しゃっくりが止まらない~

しゃっくりの原因は「胃気上逆」

西洋医学的に、しゃっくりは腹腔内の臓器に発生した刺激が、迷走神経や横隔膜神経を通して脳中枢に伝達され、反射的に横隔膜の痙攣が起こるのが原因だと考えられています。

飲酒や辛いものなどの刺激によって起こるものあれば、精神的なもの、逆流性食道炎に起因するもの、脳腫瘍や脳梗塞の前触れ・後遺症によるもの、抗がん剤の副作用で起こることもあります。

持続するしゃっくりは、抗痙攣薬や筋弛緩剤などを用いてもなかなか治らないことも多くあります。

 

中医学では、しゃっくりは「胃気上逆」ととらえます。

「胃」は口から取り入れた飲食物(中医学的には水穀といいます)を最初に受け入れるところです。また、水穀を消化しやすいように腐熟させます。腐熟したものを水穀の精微といいますが、それを下(腸)に送るのに必要なのが胃の「気」です。胃の気は下へ流れているのが正常ですが、様々な原因により気が上に流れてしまうのが気逆や上逆です。

胃気上逆が起こると、しゃっくりの他、げっぷや吐き気、嘔吐となって現れることがあります。

その原因としては、胃寒(冷え)、胃熱(炎症・熱)、痰濁中阻(粘っこい水が邪魔してつかえる)、気虚(元気の不足)、陽虚(元気の不足と冷えが合わさったもの)などがありますが、しゃっくりは胃寒によるものが一番多いです。

柿のヘタと柿蔕湯

民間療法でも柿のヘタをしゃっくりによく使います。柿のヘタと氷砂糖を入れ煎じるというものです。

中医学的に見ても、柿のヘタは「柿蔕(してい)」と呼び、しゃっくりの特効薬と言われています。

胃を温め、胃気を降ろします。

柿蔕の他に、胃腸を温める生姜と丁子(グローブ:カレーのスパイスとして用います!)を加えたものが「柿蔕湯」となります。

漢方薬は即効性がないと思われがちですが、柿蔕湯は割とすぐにしゃっくりが止まることが多いです。

また、この漢方に関してはどんな体質の方でも用いることができます。

元々胃の気虚や陽虚、胃寒がある場合は、ベースに「人参湯」、しゃっくりの時だけ柿蔕湯を併用することをおすすめします。

逆流性食道炎と併発している場合は「半夏瀉心湯」、痰濁中阻が原因では「竹筎温胆湯」と併用するとよいでしょう。

 

西洋医学では治すのが難しいといわれる脳梗塞の後遺症によるものや、抗がん剤の副作用によるしゃっくりも、よく効くことがあります。

副作用も西洋薬ほどありませんので、筋弛緩剤や抗痙攣剤などを用いる前に、ぜひ試してみてください!

 

 


執筆者 田頭 哉子の画像

執筆者 田頭 哉子
漢方みず堂漢方専門相談員
漢方に出会って、考え方や人生観がとても良い方向へ変わりました。
病院やメーカーで勤務していたこともあって、西洋医学と中医学の両面から感じることもたくさんあります。
私自身もずっと漢方をのんでおり、その実体験からや(すごく元気になりました!)、お客様との出会いから学んだことなど、少しでも皆さんの健康と幸せのためにお役にたてる情報をお伝えしていきます!

妊娠に影響する真面目すぎる性格

2016年11月14日

妊娠体験談

妊娠に影響する真面目すぎる性格

現在32歳

とっても笑顔がかわいらしくて、周りをハッピーにする力をお持ちの素敵な女性のお話しです。

  • 結婚式4日前に流産

4年前に最愛の男性との結婚を間近に控え、子どもを授かったことがわかりました。

幸せの絶頂だったことでしょう。

ところが、結婚式4日前。流産してしまいました。このときお腹の子は3か月。

奈落の底へ突き落されるような苦しみを味わったことだと思います。

「本当にきつかった」その一言がずしんと私の心に重く響きました。

  • 2度目の苦しみ、そして先の見えない不安

その翌年。

再び授かることができたのに、今度は2か月で流産。

そこから婦人科通いがはじまりました。

様々な検査は異常なかったものの、ホルモンバランスが乱れているとの説明でした。

排卵誘発剤での治療を開始。病院で処方された当帰芍薬散を1年。

2年も婦人科に通っているのに、漢方ものんだのに、時々生理がおかしいと感じることがでてきてしまっている状態でした。

  • とにかく体調を整えたい

最初にお会いしたときは、「今は妊娠は無理」と。

仕事でストレスはあるし、生理も変なことあるし、今はとにかく妊娠に向けて体を整えないといけない、そのためには漢方をしっかりやろう! そう思っていらっしゃいました。

  • 「血髄気行」と「行気活気」

この方の場合、多少の体質の偏りはあるものの、一番ご妊娠に影響しているのは、真面目すぎる性格と仕事で緊張状態が長く続くことにありました。

赤ちゃんはきれいな「血」の塊です。

「血髄気行」といって、血は気の進行にしたがっています。気がちゃんと働いていないと血の流れが悪くなってしまうのです。そのために「行気活気」をします。気を正常に運行させることによって、血液を順調に循環させる方法のことです。

この方も気の流れが悪くなっていることで血の運行もうまくいっていない状態でしたので、気の巡りをよくする漢方をのんでいただきました。

  • たった1ヶ月半でご懐妊!

「今は妊娠は無理だと思っている」とおっしゃっていて、体を整えることに専念するためにも、婦人科もいったんお休み。

ところが、漢方を煎じはじめて1ヶ月半でご懐妊!

そして、流産予防の漢方をのみながら・・・なんとか、なんとか、安定期を越えました!!

もうきっと大丈夫。ご本人も、ご主人も、私もそう思えるのが本当に幸せです。

 

漢方みず堂ホームページ:赤ちゃんが欲しい方へ


執筆者 田頭 哉子の画像

執筆者 田頭 哉子
漢方みず堂漢方専門相談員
漢方に出会って、考え方や人生観がとても良い方向へ変わりました。
病院やメーカーで勤務していたこともあって、西洋医学と中医学の両面から感じることもたくさんあります。
私自身もずっと漢方をのんでおり、その実体験からや(すごく元気になりました!)、お客様との出会いから学んだことなど、少しでも皆さんの健康と幸せのためにお役にたてる情報をお伝えしていきます!

代謝を正常にする漢方で体臭を克服!

2016年9月7日

胃腸と漢方

代謝を正常にする漢方で体臭を克服!

においの問題は切実

若い女性のご相談を受けました。
中学生のころからご自身の脇のにおいが気になっていらっしゃいました。
夏の汗をかく時期だけならまだしも、寒い冬もにおいが気になって仕方ありません。
ドラッグストアなどに並ぶさまざまな制汗商品・においに良いといわれるものは片っ端から試しましたが、皮膚がかぶれるだけで効果は感じられず・・・。
おばあちゃんが、やはりにおいを気にしていたという話を聞いて、遺伝だからしょうがないのかなぁ・・・とあきらめ半分。でも漢方なら・・・と期待が半分。そんな印象でした。

自分で解決できない原因も

においがきつい人というと、何となく、肉食の太った人とか、お酒やタバコのみとか、そういう人を想像しませんか?
そういう場合の体臭なら、ダイエットや、規則正しい生活をすることで改善していきます。
でも、この方はやせ形でお酒のまないし、たばこも吸いません。食事も、生活習慣も、きちんと整っていらっしゃいます。

代謝が滞ることが臭いの原因

犬には癌のにおいが分かるそうで、がん探知犬の研究もなされています。
糖尿病にも特有のにおいがあると言われています。
食事の不摂生で起こるものもそうですが、代謝できる能力以上に特定のもの(大概は体に悪いもの)を取り入れてしまっていたり、代謝能力が落ちてしまって不要なものがたまることでにおいが発生しやすくなります。そしてそこに「熱」をもつと、においはより強くなります。

日本人に多い「水分代謝がうまくいかない体質」

例えば、お酒をのんだら下痢をする。という人も多いのではないでしょうか?
日本人に多いのですが、「脾」という消化吸収・水分の運搬を行うところが弱く、水分代謝が効率よく行えない体質というのがあります。
そうすると、あふれた水分は行き場をなくして停滞し、次第にドロドロとしていきます。それがにおいの素になるといってもよいでしょう。ご相談にいらっしゃったこの方も、ちょっとしたことで下してしまうという体質でした。

デトックスも必要だけど、代謝を正常にしていくことが重要

体質的に「脾」が弱かったお客様には、ドロドロしたお水「痰湿」を取り除く効果もありながら、「脾」そのものの働きを強くしていく漢方を根気強くのんでいただきました。
1年後には汗をたくさんかいたときだけ臭いがする程度になり、3年ほどたった今では夏でも全く気にならなくなりました。
もちろん、脾の力もついてきたので、お腹を下すこともなくなってきました。

においの原因はひとつとは限らない

「脾」での水分代謝だけが原因とは限らず、他にもさまざまな要因があります。
ストレスだったり、老化だったりすることもあります。
この方も体調によって、時々漢方を変えて、少量ずつ続けてのんでいただいています。

 

※消化器が弱い方におすすめ

「悠楽然 酵素」5日分無料サンプルのお申込みはこちらから(漢方みず堂オンラインショップ内)


執筆者 田頭 哉子の画像

執筆者 田頭 哉子
漢方みず堂漢方専門相談員
漢方に出会って、考え方や人生観がとても良い方向へ変わりました。
病院やメーカーで勤務していたこともあって、西洋医学と中医学の両面から感じることもたくさんあります。
私自身もずっと漢方をのんでおり、その実体験からや(すごく元気になりました!)、お客様との出会いから学んだことなど、少しでも皆さんの健康と幸せのためにお役にたてる情報をお伝えしていきます!
...23...9