貝母(ばいも)

2014年10月24日

生薬

貝母(ばいも)

6月の誕生石は真珠です。
真珠は他の誕生石のように鉱物ではなく、アコヤ貝の中に入った異物を核として、貝が母のようにゆっくりと育てたものです。

ユリ科のアミガサユリの左の鱗茎は貝母(バイモ)と呼ばれます。

貝の形をした鱗片がまるで母貝が子貝を抱くように合わさっていることからこの名がつきました。
アミガサユリの開花期は3月です。
貝母は去痰・排膿作用があり、鎮咳薬として用います
貝母は清肺湯・滋陰至宝湯などの漢方薬に含まれ、気管支炎・喘息などに用いられます。

 

これから寒くなり乾燥すると、咳でお悩みの方も増えます。

貝母もここから活躍する季節です。


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談

同じカテゴリーの記事を読む