初めの一年は漢方が効かなかった!めまい・嘔吐

2015年12月15日

胃腸と漢方

初めの一年は漢方が効かなかった!めまい・嘔吐

私自身の話

初めてめまいがあったのは中学3年生でした。試験中、テスト用紙に向かってずっと下を向いていたら急に吐き気がし、吐いてしまいました。そこから、急に気持ち悪くなってひどいと吐いてしまうということが起こるようになりました。
買い物中だったり、空調が合わないときだったり、寝不足のときだったり、逆にすごく元気だったのが急に気持ち悪くなってしまったり。一番ひどかったときは大学5年生の頃、毎日気持ち悪いのが当たり前なんていう時期もありました。
でも、学生のときは気持ち悪くても、無理しなければいいだけ。危機を感じたのは社会人になってから。仕事中に急に気持ち悪くなり、吐いても治らず、早退し、周りに迷惑をかけてしまったことが、どうにかして治したいと強く思ったきっかけです。

変化を感じられなかった漢方生活初期

それからはいろいろなことを試しましたが、良くなっている実感はイマイチなく。漢方の煎じを飲み始めたのは去年の春からです。その頃、なんとなく気持ち悪いという日は毎週ありましたが、実際に吐くまでなってしまうのは年に1,2回程度でしたので、変化を感じにくく、正直良くなっているのかいないのかよくわからないまま飲んでいました。
その年の冬、もしかしたら体質改善で一緒に良くなるかもと思っていた冷えも全く改善なく。次の春の花粉症も例年通りひどく。少しがっかりもしました。でも飲み続けていたのは、なんとなく気持ち悪い日が少ない気もしたからです。本当になんとなく。
飲み続けてほぼ1年の春。社会人になってから大体春に1度は仕事を早退する日があったのが、なかったんです!!そして、思い返せば気持ち悪い日が前回いつだったか思い出せず、確実に減っていました!
確実に効果を実感してきましたが、実はつい最近、また吐いてしまいました。ちょっとストレスが強かった日でした。
それでも、良くなっているんです。絶対的な健康はありえない。漢方もすぐ効く人もいればだんだんと効く人もいる。早く良くならなくちゃと焦らなくてもいい。十人十色、人それぞれです。
毎日を少しずつ過ごしやすくするために。良くなることを諦めないために。漢方は良いものだと思います。すぐに感じる変化が少なくても、ぜひ継続してみてください!

ちなみに、今年はなんだか例年より冷えが良い気がしますよ!

 

漢方みず堂杏林堂薬局ピーワンプラザ天王店 河野 亜由美

 

※消化器が弱い方におすすめ

「悠楽然 酵素」5日分無料サンプルのお申込みはこちらから(漢方みず堂オンラインショップ内)


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談