補腎剤に柴胡剤をプラス!HbA1cが下がった!

2016年1月22日

糖尿病と漢方

補腎剤に柴胡剤をプラス!HbA1cが下がった!

72歳の小柄な女性

15年前に血糖値が高いのが分かり、5年前から血糖値の薬を飲み始めた。
HbA1cは、ここ数年ずっと6の後半で大きな変化はなかったけれど、昨年ついに7.0になってしまった。そこから病院の薬の量を倍量で飲むことに。

食事制限やカロリー制限を日々しっかり守っていて、運動も台風の日以外はほぼ毎日1時間ウォーキングをしていても、良くて現状維持しかできない。自分でコントロールできなくなっている。
同じように、血糖値が高いお友達と同じタイミングで血糖値に良いという健康食品を1年使ってみたところ、お友達は変化が出たのに、自分は全く変化がない。急激な変化は難しいかもしれないが、HbA1cをとにかく7を切りたい。

補腎剤をベースに柴胡剤をプラス

漢方でも糖尿病はいくつか原因がありますが、この方の場合は冷えが気になったり、おトイレが近いこともあり、「腎」の影響が大きいものでした。そのため、体を温め、腎を強くする補腎剤を飲んでいただきました。

はじめの2・3ヶ月はほとんど変化がありませんでしたが、4ヶ月目には夏で気候のせいもあるかもしれないが、体温が0.5℃近く上がるなど少しずつ体調に変化が。しかし、ここまでの間で行った血液検査ではHbA1cには変化はありませんでした。

ここで、「腎」を補いベースアップする漢方は続けながら、気血水の滞りを解消する柴胡剤を併用することに。補腎剤は補う薬、柴胡剤は動かす薬。補いながら、動かす。この二つを併用することは漢方の場合非常に多いです。

併用をはじめて、1ヶ月で寝つきはすぐに改善傾向へ。おトイレもようやく、夜間の回数が減ってきはじめました。

そして、その翌月。漢方をスタートして5ヶ月半後の血液検査。何を試しても減らなかったHbA1cが、なんと一気に7.0⇒6.6に!ご本人も、ドクターも驚かれたようです。

前向きな気持ちが大きな後押しに

根本の部分「腎」を改善していったことが、良い結果に結びついたのはもちろんですが、何より普段の生活が大きな後押しになったと感じます。

食事・運動は前述のようにばっちり。そして、例えば出かけた後に疲れを感じることがあっても、疲れたというマイナスの言葉ではなく、必ず「楽しかった」とプラスの言葉を口にされます。

なかなか目に見える変化を感じられずもどかしさがあった時期も、とにかく前向き。だからこそ、食事や運動も日々頑張れる。この気持ちがあったからこそ体がついてきたのだと思います。

 

漢方みず堂サンキュードラッグ桃園薬局 二宮 進太郎

 


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談