ストレスがひきおこした耳鳴り・難聴

2015年2月18日

耳鳴りと漢方

ストレスがひきおこした耳鳴り・難聴

ストレスがきっかけで聴力ゼロ

1年半前にお客様からのクレームで、電話の声を3時間続けて聞いていてそれから発症。

その時は突発性難聴とメニエルと言われ、半年治療して、めまいはなくなったけど右耳の聴力ゼロに。さらにキーンという耳鳴りが常にある。

体質は便秘が子供の時からあり7日に1回程度。便秘のため?か冷え、寒がり、頭痛。十二指腸潰瘍もある。

 

漢方的に考えると、

①肝気鬱結(かんきうっけつ):ストレスにより「気」が滞ってしまって,全身に血液やリンパ液などが巡らない状態。

②肝脾不和(かんぴふわ):自律神経系統のバランスの乱れによって消化器系統の乱れが生じている状態。

この二つを改善する漢方を飲んで頂きました。

 

1か月目にはすごく体が温まる!1か月の間に便が出なかったのは4日間だけで、ほぼ毎日ある!との事でした。この温まるという言葉に感動もしましたが、やはりかなり鬱滞(うったい)、詰まった状態であったと思われます。

2か月目には体重が1.5kg減。耳鳴りの音も気持ち小さくなっているとの事でした。

3か月に入る頃には便がするっと出るとの事。画期的!とご本人の弁。そりゃそうでしょう!小さい時から7日に一回の便通ですから!そして、本題の耳鳴りは、全くない日が2日位あったとの事でした。

ところが、よかったのもつかの間で、出張でレンタカーを借りて運転していて交通事故に。それがきっかけでまた耳鳴りがひどくなってしまい、3日間は両耳が全く聞こえない状態に。聞こえるようになっても、耳鳴りがひどく、圧迫されてテレビの音が聞こえない位耳鳴りが鳴っているとの事。

しかし、事故から1か月もするとだいぶ回復して、定期検診の聴力検査はだいぶ良くなっていたと笑顔。便通はもちろん、生理時の経血がサラサラになり、冷えもだいぶ良くなり、体温が35.7度から36.4度に上昇!

 

まさに体全体を治す漢方のおかげ!

 

半年後には耳鳴りが気にならなくなり、高音が聞こえるようになってきた。

1年後には、風邪もひきにくくなってきて、2年後には耳鳴りがほとんどなくなり、2年半後の聴力検査では全く異常なし!

 

これにはご本人もびっくり。耳鳴りは大体病院ではも治らないと言われる代表的な症状。患ったご本人でないとわからないうっとうしさと悩み。

あきらめずにぜひ一度漢方を試されてください。

 

 


執筆者 河端 孝幸の画像

執筆者 河端 孝幸
薬剤師・漢方みず堂代表取締役社長
大学生時代に、地域の人々の役に立つ仕事がしたいと漢方の道に入りました。漢方の「か」の字も知らずに、なぜ、草とか根っことか葉っぱが効くの??という西洋医学だけしかやってこなかった私には疑問ばかり。
就職して半年くらいがたったころ、「病気は自然治癒力が治す」という小倉重成先生の本と出合い、漢方のすごさを知り、真正面から漢方を目指し今現在に至っています。
漢方の良さを知ってもらいたい。宣伝ではなく本当の気持ちや事実をお知らせしたい。そんな気持ちでこのサイトを立ち上げております。
ぜひ、よろしくお願いいたします。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談