利尿剤と漢方薬~ミネラルが不足するのはどっち?~

2015年2月10日

むくみと漢方

利尿剤と漢方薬~ミネラルが不足するのはどっち?~

むくみはどうして起こるの?

身体の60~70%は水分といわれてます。

 

通常水分は血液中と細胞内を移動しながら、循環してます。

本来血液に取り込まれる体液が消化管内や組織内に停滞するために、むくみとなります。

水はけが悪く、いろいろな隙間に水分が多くある状態です。

 

西洋医学の利尿剤は、どのように作用するのでしょう?

腎臓にて行われているミネラルなどの再吸収を阻害することにより、水分をおしっことして出していきます。

つまり、長期にわたって服用すると体にとって重要なミネラルが不足することがあります。

 

漢方薬はどうか。

消化管内や組織内の余分な水分を血液内に取り込みおしっことして出します。

腎臓での再吸収には強い影響を与えません。

そして、余分なものを出し必要なものまで出さないという、大きな違いがあります。

 

ですので、

利尿剤ではおしっこの回数が頻繁になりますが、

漢方を使えば回数はほとんど増えずに量が多くなるという感覚でしょうか。

漢方薬も多く種類がありますので、体質にあった漢方を飲むことが大切です。

 

もちろん、水分を出す方を増やしても、摂る量が多すぎては本末転倒です。

適量で、よい加減が必要です。

目安ですが、汗をかきにくい時期は1L弱が理想です。

暑い時期は1L弱+汗をかいたらその分くらいはこまめに摂ることです。

(持病があり、2L取りなさいといわれている方は当てはまりませんが)


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
  • 最寄の店舗を探す
  • テレビ電話相談