アレルギーと漢方 の記事一覧

アレルギー性鼻炎と漢方

2018年10月18日

アレルギーと漢方

アレルギー性鼻炎と漢方

1.アレルギー性鼻炎とは

アレルギーとは、何らかのアレルゲンに対して、体の防御反応が過剰に働くことを言います。つまり、根本的には免疫機能の異常とも言えます。

その中でも、アレルギー性鼻炎は、何かのアレルゲンに対して、鼻水・くしゃみ・鼻づまりといった症状が出ます。

漢方的にはアレルギー体質は肝心脾肺腎のうち、「肺」系統が弱いと捉えます。気血水では「水毒」を一番の原因と考えます。もちろん、肺や水毒以外も複雑に絡み合っている場合もありますが、基本的には顔色が青白い、ポチャポチャと水が溜まっているタイプが多いです。

>>>水毒の方の例

アレルギーも肥満も水毒!同時に改善!

2.後鼻漏とは

最近増えてきたご相談に後鼻漏があります。鼻水が喉のほうにおりてきて、へばりついて気持ち悪かったり、咳が出たりします。口臭の原因になることもあります。

普通の人でも鼻水は喉におりてきているのですが、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の方は鼻水が粘性をもつため、大変不快になります。鼻炎の方の増加に比例して後鼻漏でお悩みの方が多くなるのは当然のことですね。

子供の咳が続く時に、咳止めではなく鼻水の薬で咳が治まることが多々あります。子供は鼻から喉へ鼻水が流れやすい角度になっているので、後鼻漏になりやすいです。

>>>後鼻漏の方の例

後鼻漏(こうびろう)には体質改善!

>>>後鼻漏についての詳しい記事

後鼻漏と漢方〜3ヶ月で症状ゼロになった方の実例も〜

3.アレルギー性鼻炎の原因と症状

アレルゲンとなる原因物質は様々ですが、アレルギー性鼻炎を引き起こすアレルゲンとして多いものからあげると、①ハウスダスト②花粉③真菌です。

しかしながら、上記のようなアレルゲンは同じ環境に住んでいる人には平等にふりかかるものなのに、なぜアレルギー症状を起こす人と起こさない人がいるのか??昔は平気だったのに、大人になって突然アレルギー症状が出たりするのか??と思いませんか?

やはり、アレルギーは体の内側の問題です。漢方では「内因」と呼びますが、体の中の環境が整っていないとちょっとした外からの刺激でアレルギーが出たり、風邪を引くのです。どんなにアレルゲンを排除しても、内因をどうにかしない限り、また新たなアレルギーを引き起こすのです。実際にアレルギーマーチと言われるアレルギーの連鎖は多くの人が経験していることです。

>>>様々なアレルギーがある方の例

病院の薬激減!9歳の鼻炎・喘息・アトピー

治らないと言われたアトピー、鼻炎、喘息が奇跡の改善

4.通年性の鼻炎(血管運動性鼻炎)との違い

血管運動性鼻炎の症状はアレルギー性鼻炎とよく似ていますがアレルギーではなく、特定のアレルゲンもありません。

アレルギー性鼻炎の方が、いつのまにか年中鼻炎になったりしますが、最初はアレルゲンに反応して症状が出ていたのが慢性化し、鼻の粘膜が弱くなり、通年鼻炎になってしまいます。

点鼻薬を乱用したり、アレルギー薬を長期的に使用することでも鼻の粘膜は弱くなってしまいます。

>>>花粉症から慢性副鼻腔炎になった方の例

レーザー治療後も繰り返す副鼻腔炎

>>>西洋薬の使用についての漢方的見解

花粉・黄砂・PM2.5は“渇く”と侵入してくる

5.アレルギー性鼻炎と漢方

アレルギー性鼻炎に関わらず、漢方の場合は「証」と言って、体質に合ったものを服用することが大切です。

大きく分けると、熱/寒(熱症状または熱がこもっている/冷えが関係している)、体力がある/ない、によって使用する漢方薬は全く違い、ここを捉え間違えると効果がないどころか、体に悪影響が出ることもあります。

>>>証を見分ける重要性が分かる例

#漢方飲んでみた#くしゃみでなかった#鼻水減った#40年来の鼻炎

 

アレルギー性鼻炎の場合、症状を取るものと、根本的な体質改善をするものがあり、代表的な「小青竜湯」は症状を取る漢方薬です。ですから、症状が緩和されはするものの、再びアレルゲンに触れると症状が出ます。

つまり、根本的な体質改善をコツコツとしながら、症状が出た時には症状を取る漢方薬で対処するというのが、正しい体質改善の方法です。中には、症状をとりながら、体質改善にもなる漢方薬もあります。(6.おすすめの漢方薬の※が該当)

>>>症状を取りながら、体質改善の漢方を飲んだ方の例

虚弱体質のアレルギー性鼻炎

 

最初にアレルギーは漢方では「水毒」とご説明しました。漢方で水の代謝に関わるのは「脾」「肺」「腎」の3つです。

なぜ水毒が起こっているのか?は脾肺腎のどこに問題があるのか?を突き止める必要があります。また、この3つが複数関係していることもあります。

【脾が関係する水毒】

■胃腸が弱い ■水分を取るとお腹がポチャポチャいう ■むくみ

アレルギーの方で最も多いのはこのタイプ。子供のアレルギーのほとんどは、胃腸が関係しています。

胃腸の働きが不十分または水分の取りすぎで、水が溜まってしまうタイプです。

>>>脾が関係するアレルギーの例

胃腸を整えると副鼻腔炎も治った!~11歳男子の体質改善~

1か月で箱ティッシュとさよなら!小6男児の副鼻腔炎」(脾と肺が関係している例)

【肺が関係する水毒】

■顔色が青白い ■喘息 ■未熟児で産まれた ■便秘

いわゆる、アレルギー体質は「肺」が生まれながらに弱い場合があります。

>>>肺が関係するアレルギーの例

家族全員蓄膿症。遺伝は体質改善できる?

1か月で箱ティッシュとさよなら!小6男児の副鼻腔炎」(脾と肺が関係している例)

【腎が関係する水毒】

■冷え性 ■温まると症状が改善する ■足のむくみ

体の余分な水分は最終的には尿として排泄する必要があります。冬場に症状が悪化したり、年齢と共にアレルギー症状が出るようになった場合は根本的には腎を強くしていきます。

>>>腎が関係するアレルギーの例(冬場悪化)

私のアレルギー体験

6.アレルギー性鼻炎と食事

人は食べ物のおばけという本がありますが、体は自分が食べたものでできています。当然、食べたものの影響を存分に受けます。

アレルギーは水毒ですので、水分の取り方はとても重要です。水分を控えるだけで症状が緩和される人も多いです。

お小水の回数が5~6回以上であれば水分を控えましょう。特にコーヒーやコーラ、緑茶などは体を冷やす性質もあるため控えたい飲み物です。

体を冷やすと水が溜まりやすくなります。というのも、余分な水を外に出す働きの腎・膀胱系は冷えると働きが鈍くなります。漢方的に、白砂糖は陰性の強い食べ物なので、体を冷やす性質があります。

>>>体を冷やす原因を排除することで症状が劇的に改善した例

アレルギーと砂糖の深い関係

 

特にお子さんのアレルギーの場合、以下の5つのことをまずは試してみてください。

①水分を控える

②甘いものを控える

③食事中にお茶はあげない

④生ものは控える

⑤朝食に体を温めるものを取り入れる

>>>詳しくはこちらをご覧ください

子供の花粉症は薬を使わないで治す!

7.おすすめの漢方薬

【症状を取る代表的漢方薬】

小青竜湯

・小青竜湯加石膏

・苓甘姜味辛夏仁湯※
・麻黄附子細辛湯
・葛根湯加辛夷川芎
・辛夷清肺湯※

・荊芥連翹湯※

【体質改善の代表的漢方薬】

・五積散※

・苓桂朮甘湯

・連珠飲
・六君子湯
・当帰芍薬散
八味地黄丸
・黄耆建中湯

当帰四逆加呉茱萸生姜湯

8.妊娠中のアレルギー性鼻炎

漢方薬と言えども、妊娠中に使用できるものは限られます。詳しくは>>>妊娠中の花粉症に小青竜湯はダメ!

ただし、妊娠後期にもなれば、小青竜湯を数日飲むぐらいは全く問題ありません。

妊娠するとどうしても気血水の巡りが悪くなります。つまり水毒も起こりやすくなります。妊娠中は基本的には当帰芍薬散を飲みながら、アレルギー症状が出た時は苓甘姜味辛夏仁湯を飲むといいでしょう。

 


執筆者 福田 茜の画像

執筆者 福田 茜
九州大学薬学部卒 薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員
病院やメーカーを経て、株式会社漢方みず堂へ入社。
3児の母でもあり、妊娠・出産・子育てに関する漢方経験も多数あります。

後鼻漏(こうびろう)には体質改善!

2018年5月15日

アレルギーと漢方

後鼻漏(こうびろう)には体質改善!

60代の小柄な女性

2年程前から「後鼻漏」にお悩みとのことでした。

ある病院ではアレルギーと言われ、ある病院では蓄膿症と言われ、鼻炎の市販薬を飲んで何とかしのいでいましたが、市販薬を飲むととても口が渇く状態でした。

ご主人様を亡くされてから不眠やめまい・自律神経系の症状があり、更年期や直腸がんも経験されていました。長い間とてもご不安な時期を過ごされたことだと思います。

体質としてはヒノキ・ハウスダスト・ダニのアレルギー、暑がり、のぼせ(足)、汗かき、寝汗(首回りのみ)、たまに腰痛(コルセット使用)、皮膚乾燥、目の下くま、あざできやすい、爪たて線、頭痛、めまい、目の疲れ乾燥、口苦い、つかえる感じ、口内炎、夜空咳、黄色い痰、鼻水は白っぽい、食欲は多め、ゲップ、軟便、夜間尿と色々と気になることがありました。

近年増えている後鼻漏

後鼻漏とは鼻水が喉のほうにおりてきて、へばりついて気持ち悪かったり、咳が出たりします。口臭の原因になることもあります。

普通の人でも鼻水は喉におりてきているのですが、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の方は鼻水が粘性をもつため、大変不快になります。この状態を後鼻漏と言って、近年は鼻炎の方の増加に比例して多くなっています。

子供の咳が続く時に、咳止めではなく鼻水の薬で咳が収まることが多々あります。子供は鼻から喉へ鼻水が流れやすい角度になっているので、後鼻漏になりやすいです。

病院では抗アレルギー薬で症状を抑える治療が主になりますので、やはり慢性的なアレルギー症状の改善には根本的な漢方での体質改善がおすすめです。

まずは水毒の改善から

アレルギー症状の根本的な原因は、身体の中に余分な水が溜まってしまう「水毒」です。まずはこの溜まった水を出し、自分自身の免疫力を高める漢方薬を飲んでいただきました。

飲み始めは、漢方の味が大好きで、これを飲むと、不思議と気持ちが落ち着きます!とのこと。1か月後には後鼻漏の症状は少なくなり、痰の量や口渇も少なくなられました。

2か月後には、鼻症状はほとんど改善。漢方薬も水毒だけではなく、全身状態を立て直し元気にしていくものに切り替えました。

その後、波はありましたが、6か月後には、鼻症状はひとまず大丈夫!そして、いつまでも薬に頼らないで治していきたいと、日頃の養生を実践され、漢方薬も自然治癒力を高めていく上薬に絞って続けていらっしゃいます。

「今は少し不調があっても、クヨクヨ悩んだり、不安に思ったりはしなくなりました。だって何かあったら、漢方みず堂さんに行けば良いから」と笑顔でお話して下さいます。「大丈夫!」と思える心が、何よりも心身の健康に役立っていると感じます。お元気になられて良かったです!

 

※関連記事

後鼻漏と漢方〜3ヶ月で症状ゼロになった方の実例も〜

 

 

 


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。

アレルギーと砂糖の深い関係

2018年4月18日

アレルギーと漢方

アレルギーと砂糖の深い関係

手放せなかった点鼻薬

50代の男性。10年前から鼻炎に悩まされ耳鼻科に通院するも改善が見られず、4年前に点鼻薬を使用したところたちどころに鼻水がピタッととまる!これはいい!一日中鼻をかんでいる生活から解放された解放感は凄い!と使い始めたのが始まり。

しかしある日、自分自身で点鼻薬の使用頻度が気になり始める。最近では常に手元にないと不安感まで出始め、家用・会社用・車・ベットサイドなど生活圏内に常に点鼻薬がある状態に。それでも鼻炎が辛いのでやめきれなかった。

刺激物や太陽にあたるとくしゃみが出て、常に鼻をかんでいる。点鼻薬がないと眠れない。冬場は特に酷く、夏は肌の痒みが出る。

体質としては寒がり・汗かき・肩・首・背中のこり・肌の乾燥(痒み) 目の疲れがありました。

甘いものとアレルギーの関係

アレルギーには甘いものは大敵というのは、漢方では常識的なことです。漢方的に、白砂糖は陰性の強い食べ物なので、体を冷やす性質があります。今回の方も男性でありながら、寒がりで冬場になると鼻炎がますます酷くなるため、体はとても冷えている状態。そこに、ご飯の代わりにコーラ・バームクーヘン・お菓子でも平気という食生活が拍車をかけていました。同じく甘いものを控えることでアレルギーが改善した例はこちら→アレルギーも肥満も水毒!同時に改善!

西洋医学的にも、砂糖とアレルギーの関係は色々と示されています。一つは副腎疲労が関係するということ。副腎というと聞きなれないかもしれませんが、アレルギー疾患でよく使われる「ステロイド」とは副腎皮質ホルモンのことです。副腎皮質ホルモンである「コルチゾール」は抗アレルギー作用がありますが、糖質の過剰摂取で血糖値が乱れると、その調整のために副腎からコルチゾールというホルモンが分泌され、それが続くとやがて副腎が疲労し、コルチゾールの分泌が減ってしまいます。

1ヶ月でぴしゃりと止まった鼻水

最も寒い時期に漢方の服用をスタートしました。早くも2日後には点鼻を1回も使わなかった!とのこと。

2週間後、寝る前に3回ほど点鼻薬を使った。しかし、これまでのことを考えると奇跡!ここから、本格的に甘いもの断ちに取り組み始めました。漢方薬も、症状を取ることがメインだったものから、体質改善メインの漢方薬に切り替えました。

1ヵ月後には鼻水はほとんど出ることもなく出たとしても点鼻ではなく漢方薬の頓服で止まるように。ご本人曰く、鼻水は本当はひどくなかったのに点鼻薬に依存して止められなかっただけかもしれない。今回このタイミングで一気に止められる。と話されていました。

ただし鼻水が出ている原因の一つに甘いものが関係しているのは明らかです。季節もちょうど春を迎え、ダイエットに最適な季節!ということで食事の改善と運動を取り入れながら体質改善を続けていただいています。

 


執筆者 盛本 直也の画像

執筆者 盛本 直也
薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員
12...6