妊娠体験談 の記事一覧

妊活ダイエットのススメ~14.8kg減で赤ちゃんを授かれた例~

2018年10月29日

妊娠体験談

妊活ダイエットのススメ~14.8kg減で赤ちゃんを授かれた例~

ダイエットして自然妊娠した方の実例

赤ちゃんがほしいとご来店されたのは35歳のお客様。赤ちゃんを望まれて3年。中学生のころから生理不順で30歳からはピルで生理を起こしていました。ピルをやめると生理は3か月に1度。そしてご来店時には、排卵誘発剤クロミッドをのんで排卵を起こさせていました。

ただ、私が一番気になったのはお客様の体重。身長167cm、体重が86.8kg、体脂肪38.5%。BMI 31.1。

7~8年で20kg近く増加、仕事や引越しのストレスでの過食が原因だということです。

それから漢方薬で体を整えながら、食事を見直すダイエット!!ダイエットは孤独な闘いですので、食事の指導はこまめに行っていきました。

30日後 79.8kg 37.1%。50日後 78.3kg 36.7%。90日後 76.3kg 35.6%。

なんと3ヶ月で-10.5kg!

そして4ヶ月後 72.0kg 33.1%(BMI 25.8)。-14.8kgのダイエット成功です!

5ヵ月経ったころには自力で排卵できるようになり、生理周期も30~40日周期と整ってきました。

それから約1年半、食事に気を付けながら漢方を続け、なんと自然妊娠!妊娠中も胎児を守る働きのある漢方薬を飲み、無事出産!37歳でした。

先日、ご主人様と生後3ヶ月の赤ちゃんと一緒にご来店くださいました。いつもお一人でのご来店だったお客様が、こうやって家族が増えご夫婦の間に赤ちゃんがいる、その姿を見せていただくとき、本当によかったな~としみじみ感じます。また赤ちゃんを見つめるご夫婦のまなざしから、こうやって誰しも愛されてこの世に生まれてきたのだと、改めて自分自身にもそして周りにも優しくなれる瞬間です。

 

漢方みず堂溝上薬局空港通り店 三谷典子

体重と妊娠率

米国ハーバード大学の8年間の追跡調査によると、BMI2024の標準体型の女性は、排卵障害による不妊のリスクが最も少ないという結果が出ています。他の論文でも、標準体重の方と比べ、軽度肥満(BMI2431)で不妊リスクが1.3倍。高度肥満(BMI32以上)では2.7倍という結果が出ています。体外受精や人工授精でのデータではありますが、流産率もBMI30以上だと高くなる傾向にあります。

ダイエットで妊娠率向上

また、ダイエット自体が妊娠しやすくするということを示した論文もあります。(Fertil Steril.2014 May;101(5):1400-1403)

BMI 25以上の52名にダイエットを試みてもらい、10%以上のダイエットに成功した群(平均14%体重減)と、失敗した群(平均3.8%減)で、その後の妊娠成績を比較しました。明らかに妊娠率は、ダイエット成功群が高くなっています(88% : 54%)。

 

 

体重減少率 10%以上の減少 10%未満
妊娠率 88% 54%
出産率 71% 37%

 

漢方的な見解

漢方でいうと、肥満とは痰湿・瘀血。つまり、汚れたドロドロとしたお水や血液が蓄積されている状況です。そうなると、その汚れの影響で血液や水の流れが悪くなり、うまく代謝されません。そう、悪循環になるのです。

子宮の中は暖かく、綺麗な血液で満たされていなければ、赤ちゃんは授かることができません。綺麗な血液とは、汚れていないこともそうですが、さらさらと緩やかに流れていることが必須条件です。また、卵巣には痰湿という汚れたお水も蔓延しやすいのですが、そうすると排卵を阻害したり、ひどい時は卵巣嚢腫のような病気になってしまうこともあります。

 

個人的な経験からいうと、それぞれ皆さんには個々の適正体重というものがあると思っています。日本人はBMIでいうと痩せ型の18.5未満の方も多いです。それでも、自分の適正体重であることで、体内の循環がうまくいき、妊娠するのに支障がない。元々痩せ型のモデルさんが問題なく妊娠出産しているのは適正体重に近いからだと推測できます。

ただ、見た目を気にする余り、自分の適正体重を大幅に下回るとホルモンバランスが崩れ、無月経になったりします。漢方的には子宮に栄養を送る「血海」が空になってしまうと、例え痩せすぎを是正しても血海は簡単には元に戻らないので、ホルモンバランスは乱れたまま・・・ということも多くありますので痩せすぎからの月経不順などは危険です。

 

その逆に、太っている方は、必ずしも標準体型(BMI20〜24)になる必要はないと思っています。ダイエットをするということは、生活を正すということです。お菓子や白米、体に悪い油を多く取らないようにし(=痰湿・瘀血を貯めない)、体を動かす(=血・水の循環を促す)生活を続けることで、体の内側は変わってきていますので、ある程度まで余分なものをデトックスできれば、標準体重まで落ちなくとも妊娠にはつながると感じています。特に漢方薬などで体を整えながらダイエットと妊活をすると、体重減少以上の効果があると思います。

メディア出演も多数ある丁宗鐡先生は、著書の中で、日本で戦後に類を見ないベビーブームがあったことや、先進国よりもアフリカなどの飢餓に苦しむ地域の方が子沢山であることは、理屈よりも現象論としてある。不妊というのは恵まれている証拠だとおっしゃっています。

妊婦の栄養状態不良によって低体重児が増えていることを除けば、今の飽食の時代においては、栄養を摂取することよりもいかに節制するべきかの方が授かりやすいのです。

ダイエットしたいときの漢方薬の一例

ダイエットの時の漢方を一部ご紹介。妊娠中は瘀血を取り去る力の強いものやお通じをつける大黄が配合されているものは注意!ぜひ専門家のもとでご自分に合った漢方薬をお飲みください。

 

<防風通聖散>

ダイエットでは有名な処方。お通じをつけ、毒出しができる。長期間飲むと冷える可能性があり、代謝が悪化することも。

防風通聖散でむくみがとれる

 

<大柴胡湯>

ストレス太りにオススメ。お通じをつける大黄も配合。補うものが少ないため、長期間の服用は注意する必要あり。

気の巡りを改善して痩せやすくする~ストレスや不規則な生活~

 

<加味逍遙散>

体力がそれほどない方向けのストレス太りに。お通じに波があったり、ホルモンバランスも乱れている場合にも使いやすい。

気の巡りを改善して痩せやすくする~ストレスや不規則な生活~

 

<柴苓湯>

余分な水分を取り除き、体のバランスを取りやすくする。若干体を乾燥させる傾向にあるので、長期間の服用や体質に合わない場合は注意。

柴苓湯とむくみ

水の巡りを改善して痩せやすくする〜日本人に多い下半身太り〜

 

<当帰芍薬散>

虚証の方向け。マイルドに血行を促進しながら、余分な水分を取り除く。ホルモンバランスの乱れに。胎児を守る働きがあるため、妊娠中にも。

水の巡りを改善して痩せやすくする〜日本人に多い下半身太り〜

妊娠のむくみに当帰芍薬散

 

<桃核承気湯>

瘀血を便と一緒に取り除く。瘀血が原因のホルモンバランスの乱れにも。血虚がある場合は単独で用いない方が良い。

血の巡りを改善して痩せやすくする〜美食家や生理トラブル〜

 

漢方みず堂公式HP「漢方ダイエット特集」


執筆者 田頭 哉子の画像

執筆者 田頭 哉子
薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員
漢方に出会って、考え方や人生観がとても良い方向へ変わりました。
病院やメーカーで勤務していたこともあって、西洋医学と中医学の両面から感じることもたくさんあります。
私自身もずっと漢方をのんでおり、その実体験からや(すごく元気になりました!)、お客様との出会いから学んだことなど、少しでも皆さんの健康と幸せのためにお役にたてる情報をお伝えしていきます!

体外受精の準備中に…自然妊娠!!

2018年9月21日

妊娠体験談

体外受精の準備中に…自然妊娠!!

病院では問題ないと言われるけれど…

始めてお会いした時は、とにかくご不安で、ご自分に自信が持てないご様子でした。とても真面目できっちりしないと気が済まない性格なうえ、ご主人は年下ということもあり、赤ちゃんができないのは自分のせいと責めていました。40歳を目前に、どうしたら良いのか分からない不安と焦りに押しつぶされそうだったのだと思います。

 

実は一年前、結婚後すぐ陽性反応が出たことがありましたが、喜びも束の間に流産。そのショックから眠れなくなり、いまだ気分が不安定でそわそわする状態でした。

 

病院での検査では、妊娠にあたり問題は特にないとのこと。一方、自覚としては、生理がぱっと始まらず、経血が減ってきている。低温期が短めで、排卵が早い。

 

体質は、疲れやすい、貧血気味、足の冷え・むくみ、肩・首・背中のこり、目の下のクマ、立ちくらみ、めまい、低音の耳鳴り、口内炎ができやすい、動悸(時々)、緊張すると便秘と下痢を繰り返す、お通じ緩め、お小水の回数多い、夜間尿2~3回、生理前に下痢・胃痛・おなかの張りがある

■着床へ導く「肝」の柔軟性と「腎」の生命力

この方の場合、とても真面目で緊張しやすい性格から、「肝」の働きが乱れやすくなっていました。その為、「気」が滞りやすく、そのことが「血」の巡り、子宮の柔軟性を邪魔していました。緊張でガチガチの子宮のベッドには、卵もなかなか着床しにくいものです。

また、経血や排卵周期の変化、夜間尿など、生命力を担う根本の「腎」の力が弱くなっている部分も見られました。新しい命をつくるということは、そこへ自分の生命エネルギーを伝えるということ。生命力が充分にあってこそ、新たな命に引き継がれます。

そこで、「肝」を整えて気の巡りを良くするもの、そして、「腎」に備わる生命力を高めていくものを飲んでいただきました。

■経過

1ヶ月後 だんだん高温期がきれいにそろってきた。気持ちが前向きになってきた。

2ヶ月後 低温期が延びてきた。

4か月後 病院への通院を再開し、急遽、体外受精をすることに。無事採卵を終え、卵を凍結。いよいよ移植へと近づいていた頃・・・陽性反応が出た!!

自然妊娠でした。でも心配なのが、少し出血があるとのこと。

胎児は、〝生命エネルギーが宿った血の塊“です。その〝血”を、しっかり留めなくてはなりません。そこで、止血作用を高め、胎児をまもる漢方を飲んで頂きました。

現在、出血は止まり、妊娠継続中です。

 

この方は、お会いする度に、ご自分に自信が持てるようになっていました。

改善できる事に着実に取り組まれ、その成果が基礎体温に現れてきた事、それと同時に、ご自分を褒める習慣を続けたことが、自信につながったのかなと思います。

その自信は、これから出会うかもしれない数々の壁も、越える力になるはずです!

 

関連記事

卵子も老化する

誰でもできる卵子の質をあげる方法

妊娠の鍵は衝脈・任脈の衝任二脈(しょうにんにみゃく)

妊娠に影響する真面目すぎる性格

 

漢方みず堂ホームページ:「不妊症と漢方」~妊娠しやすいカラダ作り~

40歳以上の妊娠体験談:「40歳以上の妊娠体験談」


執筆者 星 知美の画像

執筆者 星 知美
薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員

心が変わると身体も変わります。
それを日々感じます。

妊娠の鍵は衝脈・任脈の衝任二脈(しょうにんにみゃく)

2018年7月10日

妊娠体験談

妊娠の鍵は衝脈・任脈の衝任二脈(しょうにんにみゃく)

不妊治療がなかなかうまくいかず・・

39歳の女性の方で、初めは「冷えをよくしたい」とのことでしたが、よくよく伺うと一週間前に採卵できた2つの卵が育たず、次回の体外受精にむけて冷えなどを改善し、体調をよくしたいということでした。

生理周期は規則正しく、検査も特に問題がなかったために2年半はタイミングをとられていました。

その後体外受精を4回されていましたが、以前の採卵でも受精しないことがあったとのことでした。

ピルを服用する期間中は体調が悪く、飲み終わる頃には身体がきつくなるというのを繰り返していました。

整体に行ったり、妊活に良いといわれるサプリメントを服用したり、色々と頑張られている中でなかなか結果が出ない状況は、身体はもちろん、お気持ちもとても辛かったと思います。

体質は、疲れやすい、冷え性、足が冷える、肩首・背中がこる、足のむくみ、目の下にくまができる、肌の乾燥、目の疲れと乾燥、鼻水でやすい、唇が荒れる 、便秘下痢の繰り返し、腹満・腹鳴音・ガス有り、ピルをのむと頻繁に目が覚める、軽いPMSがありました。

衝脈・任脈について

よく経絡というのを耳にしますが、経絡とは経脈と絡脈のことです。

経脈:体の深いところを通り、臓腑を結び付ける。「十二経脈」と「奇経八脈」がある。

絡脈:体の浅いところを通り、筋肉・皮膚と連結している。

「ツボ」はこの経絡の上にある無数のポイントです。

いわゆる五臓(肝・心・脾・肺・腎)六腑(胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)に直接もしくは絡んで連結しているのが、「十二経脈」で気血の通り道です。

十二経脈を統率・連絡・調節するのが奇経八脈です。十二経脈の気血が余れば奇経八脈に蓄え、不足すれば補充します。

子宮は漢方では「奇恒の腑」と言われます。脳や髄も奇恒の腑と言われます。形態は中が空洞で「腑」のようだけれど、働きは「臓」「腑」両方持っている独特の器官です。

子宮と密接な関係にあるのが、「奇経八脈」のうちの衝脈と任脈です。

衝脈:血の海とも称され、生理と密接な関係。子宮→会陰→上って頭部/下って足に分かれる。

任脈:任は妊と同じ意味。妊娠と密接な関係。子宮→会陰→腹部→胸部→咽喉→唇→眼窩を通る。

臓腑の失調、気血津液の失調を整え、さらにそこから子宮までの通り道である衝脈・任脈の二脈の損傷を修復し補うことが生理を整え妊娠を目指す時には重要になってきます。

妊娠までは衝任虚寒、妊娠してからは衝任虚損の漢方薬

漢方を服用されて1ヶ月、途中で風邪をひかれる事もありましたが、ピルを飲み終える時の身体のきつさがなく、元気にすごせていらっしゃいました。

2ヶ月後、採卵した卵の中で一つだけが無事に凍結をする事ができました!体調としては冷えはあまり変化の実感はありませんでしたが、むくみが少しとれてきていました。

このまま移植へとすすむ予定でしたが・・実は半年前に子宮筋腫の手術をされており、より良い状態にするためという流れで行なった子宮鏡の検査で異常がみつかり、すぐに移植とはなりませんでした。

しかし、それもまた体調を整えるために必要な期間だったのかもしれません。しっかりと衝任二脈を温め補う漢方を続け、移植をした後は、衝任虚損による出血を防ぎ着床をサポートする漢方に。その約10日後に陽性反応がでました!

胎のうが確認される頃には悪阻が出られ、食事ものどをとおらない状態でした。これもまた、漢方的には血が子宮に集まり、衝脈の気が盛んになると、気というものは上がりやすい性質(肝気上逆)があるため、悪心嘔吐(胃気不降)が起こる自然な現象です。気を降ろして吐き気を止める(降逆止嘔)半夏が配合されたつわりの漢方で少しずつ体調がよくなられていきました。

寡黙な方で治療の最中もあまり不平不満はもらさず、黙々と頑張っていらっしゃたのですが、妊娠後は表情が柔らかくなられたように感じます。やはり不妊治療中の心身への負担は相当なものなのだと感じます。

これからも母子共に元気になっていただけるようサポートしていきたいと思います。

 

漢方みず堂溝上薬局空港通り店 廣尾 なつみ

 

漢方みず堂ホームページ:赤ちゃんが欲しい方へ


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
12...13