痛みと漢方 の記事一覧

痛みの漢方薬の使い方【風痺・寒痺・湿痺】

2018年5月8日

痛みと漢方

痛みの漢方薬の使い方【風痺・寒痺・湿痺】

痛みの原因によって漢方を使い分ける

 

50代女性、1か月前朝起きたら肩から腕にかけての重たい痛み。整形外科でレントゲンを撮ってもらったが異常なし。鎮痛剤を服用しながら様子を見ていたが、一向に引く気配がない。特に朝起きた時が一番痛くて、動かすと痛みが増すとのことでした。

お話を聞くと、5年前に閉経してから、両手指の原因不明の腫れ、五十肩等、骨や関節の症状が何の前触れもなく突然出るようになっているとのこと。

体質は、疲れやすい、寒がり、特に足先の冷え強い、肩・背中の慢性的なこり、夕方足のむくみ、肌は乾燥気味、目の下のくまがとれない、あざができやすい、目の疲れ・充血・乾燥、お通じ2~3日に1回、寝付きは良いが出産後から眠りが浅い、ストレスは常にある、産後から体重が減りにくくなっている。

痺症

中医学では、神経や関節、骨の痛みを「痺症」といい、「痺」は塞がる、通じないという意味をもちます。原因としては、主に身体の表面のバリア機能の低下により「風」「寒」「湿」の邪気が侵入し、体内の気血の流れを阻み経絡内の流れが滞ることで痛みが生じると考えます。また痺症は一般的に長期化しやすく、瘀血、痰湿を伴う場合が多いです。

何の前触れもなく突然起こる痛みは典型的な「風」の症状です。体質的に寒がりや冷えは「寒」の影響を受けており、こりやくま・あざができやすいのは血の巡りが悪い証拠(瘀血)、むくみや体重が減らないのは「湿」が体に溜まっている状態(痰湿)と考えられます。

風痺・寒痺・湿痺

初回は、発症が1か月前で、上半身の症状だったので、邪気は上部から侵入し、まだ体表に残っていると考え、とくに後背部を温め、血流をよくして、筋肉をほぐすような漢方薬を飲んでいただきました。すると次第に痛みは軽減され、2か月後には通常の肩こりがある程度で、初回ご来店の時の重たい痛みはすっかりなくなりました。

(※風痺:邪気がまだ体内深部まで侵入していない。人体上部から入り込むため、痛みやコリはまず上肢、肩、項背部に現れる。)

2か月後、今度は肘から手首にかけての筋が痛むように。腕→肘→手首→手指へと痛みが移動していきました。この時期はクーラーが入り始めた頃。手足の末端がずっと冷えていて、動かすと特に痛みを感じることから、体表だけでなく深部から温めて、血も補いながら血の巡りと水の巡りをより良くする漢方薬を飲んでいただきました。すると3か月後にはさっぱり痛みが取れ、ほっと一安心。

(※寒痺:痛みが強い。陽気を損傷し、血行が緩慢になり瘀血を伴うことが多い。冷気にあたると痛みが増す。日中よりも夜間に痛みが強くなる。)

その後も良い調子でしたが、今度は左手中指の痛みが出てきました。暫くすると赤みはないが腫れも出てきて、日中だけでなく夜も痛い。動かしにくく、重たい痛みを感じる。これまで温めて血の巡りを良くする漢方薬から、今回は水の滞り(湿)を取り除く漢方薬へ変更しました。すると服用1週間くらいで症状が軽減!

(※湿痺:痛みはしつこく固定し、関節が腫れて、重たい感じ。温めると軽減する。)

 

 

西洋医学では痛みといえば痛み止めを処方されますが、一口に痛みといっても原因は様々。特に体が弱っている時やバランスを崩している時は様々な邪気の影響を受けやすいので要注意。日頃からの養生と、慢性化しないように早めに対応してあげることが大切です。

 

漢方みず堂ヴァインドラッグ末吉薬局 山城 奈央

 

 


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。

リウマチは漢方でうまく付き合う

2018年3月16日

痛みと漢方

リウマチは漢方でうまく付き合う

リウマチの60代女性

症状が気になり出されたのは40代の頃。扇風機にあたると足が痛いなと感じられていたそうです。

そして、外反母趾のお悩みもあり、ヒールがある靴を履くと痛みもあったそうです。またその頃よりご両親の介護や、寒いところでのお仕事もされていました。

足の痛みやひざの痛み、何より辛いのが手首の痛み。手首に赤みがあり、骨が突き出ている感じがするとのことでした。

他に、匂いに敏感で、特に薬店の匂いやお化粧品の匂いがたまらなく嫌。また、寝ていると全身が痒くなり、かき出すと眠れなくなり、足もつり、寝るのがとにかく辛い。

体質としては、疲れやすい、寒がり・手の冷え、足のむくみ、汗かき、あざができやすい、ストレスありという状態でした。既往歴として十二指腸潰瘍、胆管結石がありました。

リウマチとどう付き合うか?

リウマチは膠原病の一種で、免疫が亢進して自分の体を攻撃してしまっている状態です。遺伝も大いに関わっていますが、何よりも免疫を正常化することが根治には重要です。しかし、今のところ根治する薬がないと言うのが現実です。

漢方でリウマチが根治できるか?と言われると、根治と言うよりはうまく付き合うということではないかと思います。

まずは免疫機能を正常化すると言われる、漢方の上薬(霊芝、田七人参、くこ、冬虫夏草などなど)は必須です。そこに、痛みが出ている場合、体質に合わせて漢方薬を使います。リウマチの場合、主に「寒」と「湿」が悪さをしている場合が往々にしてあります。

4ヶ月で赤みが引いた

リハビリも頑張りながら、漢方を飲み始めて4か月を過ぎた頃には、手の赤みがひいてこられ、足取りもしっかりしてこられました。その頃「本当は海外旅行に行きたい!」と夢をお話してくださいました。

9か月を過ぎた頃には「小さなカートですが、ひけるようになりました」と、笑顔でカートをひいてご来店。

10か月を過ぎた頃には指の関節の腫れがひき「昔の婚約指輪が入るようになりました」と、笑顔で何度もお話され、私も嬉しく一緒に喜びました。

是非、夢を実現して頂けるよう、今後も応援させていただきます。

 

漢方みず堂新生堂薬局五条店 池田 史子

 

※関連記事

リウマチは急性期と慢性期で漢方を使い分ける

 


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。

頭皮がボコボコして、チクチク・ズキズキ痛い

2018年1月12日

痛みと漢方

頭皮がボコボコして、チクチク・ズキズキ痛い

頭皮神経痛

50代男性のお客様。2週間前から突然、頭部が痛くなり、6時間おきに薬を飲まないとズキッと痛んでクラクラするとの事でした。以前時々痛んだ時は、側頭部だったそうですが、今回は右後頭部で、髪の毛を触るとチクチクするし、頭皮を触るとボコボコしている感じがする。病院でMRIをとっても異常なし、痛み止めだけ出されているとのことでした。

その他の体質としては、朝夕ガチガチになる程の肩の症状、目頭の痛み、リンパ腺が腫れて痛い、目の疲れ・充血、便秘気味でした。

不通則痛

漢方には “不通則痛”『通じないと、すなわち、痛くなる』という言葉があります。酷い肩こりやリンパの腫れはまさに体の「気・血・津液」が滞り、身体の中で熱を帯びている状態。この滞っているものをまずはしっかり解毒し、身体の中を気血津液がしっかり巡る状態を目指しました。

デトックスですっきり

解毒する意味で、下剤効果のある漢方薬をお飲みいただきましたので、初めのうちは下痢や軟便の状態が気になっていらっしゃいましたが、あれだけ続いていた頭痛や他の痛みも、飲み始めて1週間程でおさまってきました。同時に、頭皮のできものも薄くなってきました。

その後、頭痛はピタリとおさまり、現在は少し体重を落としたいということで体質改善として、漢方薬を続けていらっしゃいます。

 

漢方みず堂新生堂薬局五条店 池田 史子

 

 

 


執筆者 漢方みず堂の画像

執筆者 漢方みず堂
株式会社漢方みず堂は福岡、北九州、佐賀、熊本、那覇、浜松に展開する西日本最大の漢方相談薬局です。
12...6