福田 茜 が投稿した記事一覧

アレルギー性鼻炎と漢方

2018年10月18日

アレルギーと漢方

アレルギー性鼻炎と漢方

1.アレルギー性鼻炎とは

アレルギーとは、何らかのアレルゲンに対して、体の防御反応が過剰に働くことを言います。つまり、根本的には免疫機能の異常とも言えます。

その中でも、アレルギー性鼻炎は、何かのアレルゲンに対して、鼻水・くしゃみ・鼻づまりといった症状が出ます。

漢方的にはアレルギー体質は肝心脾肺腎のうち、「肺」系統が弱いと捉えます。気血水では「水毒」を一番の原因と考えます。もちろん、肺や水毒以外も複雑に絡み合っている場合もありますが、基本的には顔色が青白い、ポチャポチャと水が溜まっているタイプが多いです。

>>>水毒の方の例

アレルギーも肥満も水毒!同時に改善!

2.後鼻漏とは

最近増えてきたご相談に後鼻漏があります。鼻水が喉のほうにおりてきて、へばりついて気持ち悪かったり、咳が出たりします。口臭の原因になることもあります。

普通の人でも鼻水は喉におりてきているのですが、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の方は鼻水が粘性をもつため、大変不快になります。鼻炎の方の増加に比例して後鼻漏でお悩みの方が多くなるのは当然のことですね。

子供の咳が続く時に、咳止めではなく鼻水の薬で咳が治まることが多々あります。子供は鼻から喉へ鼻水が流れやすい角度になっているので、後鼻漏になりやすいです。

>>>後鼻漏の方の例

後鼻漏(こうびろう)には体質改善!

>>>後鼻漏についての詳しい記事

後鼻漏と漢方〜3ヶ月で症状ゼロになった方の実例も〜

3.アレルギー性鼻炎の原因と症状

アレルゲンとなる原因物質は様々ですが、アレルギー性鼻炎を引き起こすアレルゲンとして多いものからあげると、①ハウスダスト②花粉③真菌です。

しかしながら、上記のようなアレルゲンは同じ環境に住んでいる人には平等にふりかかるものなのに、なぜアレルギー症状を起こす人と起こさない人がいるのか??昔は平気だったのに、大人になって突然アレルギー症状が出たりするのか??と思いませんか?

やはり、アレルギーは体の内側の問題です。漢方では「内因」と呼びますが、体の中の環境が整っていないとちょっとした外からの刺激でアレルギーが出たり、風邪を引くのです。どんなにアレルゲンを排除しても、内因をどうにかしない限り、また新たなアレルギーを引き起こすのです。実際にアレルギーマーチと言われるアレルギーの連鎖は多くの人が経験していることです。

>>>様々なアレルギーがある方の例

病院の薬激減!9歳の鼻炎・喘息・アトピー

治らないと言われたアトピー、鼻炎、喘息が奇跡の改善

4.通年性の鼻炎(血管運動性鼻炎)との違い

血管運動性鼻炎の症状はアレルギー性鼻炎とよく似ていますがアレルギーではなく、特定のアレルゲンもありません。

アレルギー性鼻炎の方が、いつのまにか年中鼻炎になったりしますが、最初はアレルゲンに反応して症状が出ていたのが慢性化し、鼻の粘膜が弱くなり、通年鼻炎になってしまいます。

点鼻薬を乱用したり、アレルギー薬を長期的に使用することでも鼻の粘膜は弱くなってしまいます。

>>>花粉症から慢性副鼻腔炎になった方の例

レーザー治療後も繰り返す副鼻腔炎

>>>西洋薬の使用についての漢方的見解

花粉・黄砂・PM2.5は“渇く”と侵入してくる

5.アレルギー性鼻炎と漢方

アレルギー性鼻炎に関わらず、漢方の場合は「証」と言って、体質に合ったものを服用することが大切です。

大きく分けると、熱/寒(熱症状または熱がこもっている/冷えが関係している)、体力がある/ない、によって使用する漢方薬は全く違い、ここを捉え間違えると効果がないどころか、体に悪影響が出ることもあります。

>>>証を見分ける重要性が分かる例

#漢方飲んでみた#くしゃみでなかった#鼻水減った#40年来の鼻炎

 

アレルギー性鼻炎の場合、症状を取るものと、根本的な体質改善をするものがあり、代表的な「小青竜湯」は症状を取る漢方薬です。ですから、症状が緩和されはするものの、再びアレルゲンに触れると症状が出ます。

つまり、根本的な体質改善をコツコツとしながら、症状が出た時には症状を取る漢方薬で対処するというのが、正しい体質改善の方法です。中には、症状をとりながら、体質改善にもなる漢方薬もあります。(6.おすすめの漢方薬の※が該当)

>>>症状を取りながら、体質改善の漢方を飲んだ方の例

虚弱体質のアレルギー性鼻炎

 

最初にアレルギーは漢方では「水毒」とご説明しました。漢方で水の代謝に関わるのは「脾」「肺」「腎」の3つです。

なぜ水毒が起こっているのか?は脾肺腎のどこに問題があるのか?を突き止める必要があります。また、この3つが複数関係していることもあります。

【脾が関係する水毒】

■胃腸が弱い ■水分を取るとお腹がポチャポチャいう ■むくみ

アレルギーの方で最も多いのはこのタイプ。子供のアレルギーのほとんどは、胃腸が関係しています。

胃腸の働きが不十分または水分の取りすぎで、水が溜まってしまうタイプです。

>>>脾が関係するアレルギーの例

胃腸を整えると副鼻腔炎も治った!~11歳男子の体質改善~

1か月で箱ティッシュとさよなら!小6男児の副鼻腔炎」(脾と肺が関係している例)

【肺が関係する水毒】

■顔色が青白い ■喘息 ■未熟児で産まれた ■便秘

いわゆる、アレルギー体質は「肺」が生まれながらに弱い場合があります。

>>>肺が関係するアレルギーの例

家族全員蓄膿症。遺伝は体質改善できる?

1か月で箱ティッシュとさよなら!小6男児の副鼻腔炎」(脾と肺が関係している例)

【腎が関係する水毒】

■冷え性 ■温まると症状が改善する ■足のむくみ

体の余分な水分は最終的には尿として排泄する必要があります。冬場に症状が悪化したり、年齢と共にアレルギー症状が出るようになった場合は根本的には腎を強くしていきます。

>>>腎が関係するアレルギーの例(冬場悪化)

私のアレルギー体験

6.アレルギー性鼻炎と食事

人は食べ物のおばけという本がありますが、体は自分が食べたものでできています。当然、食べたものの影響を存分に受けます。

アレルギーは水毒ですので、水分の取り方はとても重要です。水分を控えるだけで症状が緩和される人も多いです。

お小水の回数が5~6回以上であれば水分を控えましょう。特にコーヒーやコーラ、緑茶などは体を冷やす性質もあるため控えたい飲み物です。

体を冷やすと水が溜まりやすくなります。というのも、余分な水を外に出す働きの腎・膀胱系は冷えると働きが鈍くなります。漢方的に、白砂糖は陰性の強い食べ物なので、体を冷やす性質があります。

>>>体を冷やす原因を排除することで症状が劇的に改善した例

アレルギーと砂糖の深い関係

 

特にお子さんのアレルギーの場合、以下の5つのことをまずは試してみてください。

①水分を控える

②甘いものを控える

③食事中にお茶はあげない

④生ものは控える

⑤朝食に体を温めるものを取り入れる

>>>詳しくはこちらをご覧ください

子供の花粉症は薬を使わないで治す!

7.おすすめの漢方薬

【症状を取る代表的漢方薬】

小青竜湯

・小青竜湯加石膏

・苓甘姜味辛夏仁湯※
・麻黄附子細辛湯
・葛根湯加辛夷川芎
・辛夷清肺湯※

・荊芥連翹湯※

【体質改善の代表的漢方薬】

・五積散※

・苓桂朮甘湯

・連珠飲
・六君子湯
・当帰芍薬散
八味地黄丸
・黄耆建中湯

当帰四逆加呉茱萸生姜湯

8.妊娠中のアレルギー性鼻炎

漢方薬と言えども、妊娠中に使用できるものは限られます。詳しくは>>>妊娠中の花粉症に小青竜湯はダメ!

ただし、妊娠後期にもなれば、小青竜湯を数日飲むぐらいは全く問題ありません。

妊娠するとどうしても気血水の巡りが悪くなります。つまり水毒も起こりやすくなります。妊娠中は基本的には当帰芍薬散を飲みながら、アレルギー症状が出た時は苓甘姜味辛夏仁湯を飲むといいでしょう。

 


執筆者 福田 茜の画像

執筆者 福田 茜
九州大学薬学部卒 薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員
病院やメーカーを経て、株式会社漢方みず堂へ入社。
3児の母でもあり、妊娠・出産・子育てに関する漢方経験も多数あります。

子供のチックに抑肝散加陳皮半夏を飲ませてみた

2018年7月6日

子供の漢方

子供のチックに抑肝散加陳皮半夏を飲ませてみた

始まりは小学3年生の春休み

我が家の長男が3年生になろうとする春休み、首をかしげるチックが始まりました。

初めは、ゲームをしている時に頻繁にするので、ゲームのしすぎで首が凝っているのか??と思い、「ゲームやめなさい!ほら!首が疲れとうやないね!」と叱っていたのですが、どうやら、そうでもないみたい??

背は高め、体格は細め、大変活発。性格はとても温厚、あまり怒ったりイライラすることはなく、3人の子供の中では最も手がかからず、子供の悩みと言えば専ら長女・・・という感じで、一般的にチックが出やすいといわれるようなタイプではないので、大変戸惑いました。

チックの場合、あまり周囲がとやかく言わないほうがいいので、騒ぎ出した両親にも言わないように釘を刺し、私も知らんぷりをするように心がけました。それでも、やはり親としては非常に気になる・・・・

ある日、「何で俺のことそんなに見とうと?」と言われ、ハッ!!!どうしても見てしまっていたようです・・・・

親の知らないストレスがあるのか??色々ガミガミ言い過ぎなのか?そんなことを悶々と考えてしまいました。

チック症について

チックにも色々あり、発症する時期も色々あるようです。なぜか、男の子に多く、6~7歳で発症することが多く、ほとんどの場合が一過性のようです。

症状も、よくある瞬きや首のひねりといった運動性チックの他、吃音(どもり)や鼻をならしたりする音声チックなど様々なようです。また、色々な症状が入れ替わり立ち代りということも。実際、我が家の長男も、首をひねる時期、鼻を鳴らす時期、咳払いをする時期、指をぱきぱき鳴らす時期、など様々現れました。

原因はよく分からないものの、神経質な子に多いこと、ストレスで引き起こされること、などがありますが、息子にはどうもあまり該当しません。何と言っても、始まったのは春休み中。春休みは宿題もなく、朝の10時から18時まで、ずっと外で遊んでいて、ストレスなんてあるはずもない・・・・「あ~今日もいい一日だった~」と言いながら、夜はテレビを見て21時にはぐっすり寝ています。クラス替えなどの環境の変化なども特になく、友達とのトラブルの様子もなく、チック以外何の気になる兆候もなく、なんでだろう?と思っていました。親には分からない、何かがあるのかな・・・よく分からないという状況は本当に心がモヤモヤ・・・悶々としてしまいますね。

そんな中、脳が急激に発達する段階で起こることがあるという情報を見つけ、もしかしたらそうかもしれない・・・と思い当たる節がありました。

1~2年生の頃は低学年ということもあり、可もなく不可もなく・・・という成績だったのが、この頃から急に伸び始めました。ずっと習っていたピアノも、なぜか、このチックが始まってからみるみる上達し、ピアノの先生から「こんな秘めた能力があったんですね」と言われたほど。

脳の発達段階!な~んだ!むしろいいことじゃん!ぐらいに思えると、私自身大して気にならなくなっていきました。

チック症の漢方薬

漢方薬も試してみました。

当初、ゲームのしすぎで首が凝っているのかと思っていたときは柴胡桂枝湯という肩こりなどにも良く使う漢方を飲ませてみましたが、いまいち?

そこで、いよいよチック症だと確信してからは、抑肝散加陳皮半夏という漢方を飲ませました。2週間ぐらい飲むと、症状が落ち着きました!本人も「これを飲むと気分がいい」と言って「漢方ちょうだい!」と言ってきます。ただ、全く無くなるということはありません。

抑肝散は去風剤と言われ、チックの他、まぶたの痙攣や手足の震えなど、筋の異常によく使われます。性格的には癇が強い子供に適しています。穏やかな息子にはどうかな?とも思っていましたが、証が完全に合致せずともいいんだなと学びました。運動性のチックがある場合は、まずは抑肝散を飲んでみるといいと思います。ちなみに胃腸が弱い場合は抑肝散に陳皮と半夏が入った抑肝散加陳皮半夏、緊張が強い場合は抑肝散に芍薬と黄連が入った抑肝散加芍薬黄連があります。体質に合わせて選んでください。

性格的に神経質で運動チックというよりも音声チックが強い場合は、柴胡加竜骨牡蠣湯や柴胡桂枝乾姜湯や桂枝加竜骨牡蠣湯などを飲んでみてもいいと思います。

また、虚弱で腹痛を起こしやすいようなお子さんであれば、小建中湯もいいかもしれません。小建中湯には芍薬・甘草という筋の引きつりを解消するコンビの生薬が入っているので、意外とチックやおねしょなどにも有効なことがあります。

秋と春は酷くなる?

チック症状自体、非常に波があります。1年振り返ってみると、秋と春が酷かった印象です。確かに漢方的には運動チックは「風」の症状のため「風」の吹く「春」は酷くなりやすいと考えられます。酷い時は漢方を飲ませて少し症状を落ち着かせながら、そのうち無くなるといいなと思っていますが、4年生になった今もチック症状が出ています。

周りの友達はあまり気になってないようで、時々「なんで首こんなんすると!?」と聞く子もいますが、「癖よ!」と言うとふ~んとそれで終わり。「違い」を受け止める力は、大人より子供のほうが柔軟なのかもしれませんね。

そのうち良くなるだろうという気持ち半分、もし一生続いても、そんな人もいるよなという気持ち半分で気長に付き合っていこうかなと思っています。

酷い時には漢方を飲ませれば若干緩和されるというのは、親心としてはずいぶん救われています。同じお悩みを持つ親御さんがいらっしゃいましたら、ぜひご参考にしてください。

 


執筆者 福田 茜の画像

執筆者 福田 茜
九州大学薬学部卒 薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員
病院やメーカーを経て、株式会社漢方みず堂へ入社。
3児の母でもあり、妊娠・出産・子育てに関する漢方経験も多数あります。

腹水の漢方【分消湯・補気建中湯】

2018年5月17日

癌と漢方

腹水の漢方【分消湯・補気建中湯】

腹水の原因は大きく2つ

腹水とは、お腹に水がたまる事で、通常20ml~50mlの腹水が何リットルも溜まってお腹が膨れる状態です。お腹がパンパンになると、内臓が圧迫され、食欲不振になったり、身動きがとれなくなり、身体がどんどん衰弱していってしまいます。

原因としては大きく2つ。

1つは炎症によるもの。胃がんや卵巣がん、がん性腹膜炎によって、血管内の成分がたくさんお腹の中に溢れてきます。たくさんの栄養成分も含むため「腹水を抜くと弱る」と言われます(最近はこの抜いた腹水の栄養分を再利用するCARTと言われる治療法も保険外ですがあるようです。)抗がん剤などで炎症を抑える治療は一方で正常な細胞も攻撃して違う炎症を起こすことにもなります。抗がん剤が肝機能を低下させることも多く、そうすると腹水はますます悪化してしまいます。

もう1つは肝硬変・腎不全・ネフローゼなどによるもの。肝臓で作られるアルブミンというたんぱく質は、血管内に水分を保持する作用があり、肝臓が弱るとアルブミンが少なくなり、水分が血管の外に漏れ出します。栄養失調の子供がお腹だけ膨れた映像をご覧になったことがあるかもしれません。栄養状態が悪いと、やはり低アルブミン症になり、腹水が発生します。この場合、アルブミンの点滴をしますが、根本的に肝臓が機能していないと、また腹水が溜まってきてしまいます。また、腎機能の低下によって水分排出がうまくできず、腹水が溜まります。

 

漢方では「鼓脹(こちょう)」

漢方の古書には、腹水は「鼓脹」という表現がされています。

単独の病ではなく、様々なつながりで発生し、体自体はとても衰弱しているのに、症状は激しく酷くなる「本虚表実、虚実交雑」で、漢方の治療方法としてもその時の状態によって、水を出す事・症状取ること(攻)に重きを置くのか、体の機能を高める事(補)に重きを置くのか、「攻補兼用」と言われる大変難しい臨床となります。

腹水が現われるということは、かなり深刻な状態ですので、その段階で漢方薬となると改善が期待できるかどうかは一か八かに近いというのが、個人的な見解です。本来であれば、そうなる前の段階で漢方薬を利用していただきたいというのが本音です。

<肝硬変からの腹水>

アルコール性肝炎や、がん治療の抗がん剤による肝機能障害などから、肝臓の機能が低下して腹水が起こっている場合、お腹にたまった水を出す事と、肝機能を少しでも改善させる事が大切です。

柴苓湯・茵蔯五苓散など利水をしながら肝機能の改善をはかる漢方薬や、便秘や下痢、お血を解消していく事も大切です。下痢があれば胃苓湯や化食養脾湯、便秘があれば大柴胡湯、お血解消には田七人参なども有効です。

ただし、柴苓湯・茵蔯五苓散・大柴胡湯はある程度体力が残っていないと使えません。その場合は、下で紹介する分消湯や補気建中湯で利水をしながら体力の回復を優先したほうがいいと思います。

<腎不全からの腹水>

腎機能が低下し、水分の排泄が機能せずに腹水が起こっているため、お腹にたまった水を出す事と、腎機能を少しでも改善させる事が大切です。

ほてりや不眠、鼻血などの熱症状があれば六味地黄丸や杞菊地黄丸、下半身のむくみや冷え、尿が出ていない時は牛車腎気丸など利水をしながら腎機能を高める漢方薬があります。胃腸の状態が悪ければ、腎気丸系が使いにくいので、その場合は人参湯+五苓散などでまずは胃腸を整えながら利水していくといいと思います。

<がん性腹膜炎など炎症からの腹水>

癌自体や抗がん剤の副作用で、肝機能・腎機能が低下していれば上記のような漢方薬があります。

ただし、末期となるとどこの機能がどうなっているのか・・・複雑で実際に現われる症候も一定せず、漢方薬もどうしたらいいのか・・・という状況も多いように感じます。

そんな時、腹水と聞いて一番に思い浮かぶのは「分消湯(ぶんしょうとう)」です。利水剤を中心に胃腸を整え、気の巡りを改善する生薬が入っています。

・温めると楽・小便少ない・パンパンに張って痛い・寒がり・食欲不振という場合に適しています。

それよりももっと衰弱し、張って痛いというよりはぶよぶよしている場合は「補気建中湯(ほきけんちゅうとう)」があります。

 

状況がかなり深刻な場合も多く、漢方薬の服用も難しい場合もあると思いますが、一人でも少しでも、何らかの手助けになればと思い記事を書かせていただきました。主治医にご相談の上、お役立ていただければと思います。


執筆者 福田 茜の画像

執筆者 福田 茜
九州大学薬学部卒 薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員
病院やメーカーを経て、株式会社漢方みず堂へ入社。
3児の母でもあり、妊娠・出産・子育てに関する漢方経験も多数あります。
12...15