伏見 浩幸 が投稿した記事一覧

僕の断食体験Vol.20~今、を五感で味わう~

2018年8月12日

マクロビオティック

僕の断食体験Vol.20~今、を五感で味わう~

最終日の朝

いつも通り7時に起床し、身支度を整えます。慣れたもので、手探りでストーブのスイッチを付け、布団を畳み、背伸びをして、顔を洗いに外の流しに向かいます。冷たい水も想定内とはいえ、まだまだ冷たく、顔に水をかける時は多少覚悟がいります。

 

秋から冬への変わり目。普段の生活の中で、肌で感じるということも、当たり前ではなくなってきていることに、ふと気づかされます。

このように、今の、このひと動作をしみじみ感じる時間は非日常になっています。ここにいると、心はここに在らずという日常が懐かしく感じます。

そして、いつも通りの落ち葉の掃き掃除。

 

ザッ、ひと掃き。一葉。

ザッ、ひと掃き。一葉。

ザッ、ひと掃き。一葉。

 

柔らかい朝日の温もり、竹箒と土が触れ合う音、済んだ空気の流れ、まだ活き活きとした落ち葉、白い息。 今、この瞬間を五感で感じていると、自然に心が落ち着きます。

終心を味わうひととき

8時になり広間へ向かいます。いつも通りに梅醤番茶のセットが用意されています。

入れる醤油量の加減も自分好みに入れられるようになりました。最後と言う事もあり、いつも以上に新鮮に感じます。

初心忘るべからず、とは違いますが、終心(という言葉はありませんが)も心に感じます。

これが最後と思えば、いつも以上に丁寧に味わいますし、後片付けもビシッとできます。こういう心も日常大切にしたいです。

 

広間の額縁の言葉も再度、心に留めようとしばらく眺めていました。

 

幸福の三則

今日一日腹を立てぬ事

今日一日悪口を言わぬ事

今日一日家内中拝み合う事

右の通り固く相守る可き者也

 

末代の幸福

一、其の儘結構と喜び通す事

一、人の世の為に奉仕する事

一、有難い有難いと腹から唱える事

右怠りなく実行する事

 

今ならできそうな気もします。しかし、日常こそが最も難しい修行の場とも言われる通り、この場を離れてこれを行なうことは相当困難な事だと感じ、一言一言メモを取りました。

意識しても忘れるもの。まだまだ心の弱さを自覚しているからこそ、思い出すきっかけが必要です。

 

メモを取り終え、梅醤番茶セットのお盆を台所にお返し。誰もいないですが、自然と深々と頭が下がります。

いよいよ道場を出る時間が迫ります

心が急に落ち着きを無くします。

散歩中も心ここに在らずという状態で、戻ってからのことを考えることに心を奪われてしまっています。帰ってからの食事プランを立てていなかったことに今更ながら焦り始めたのでした。

心が落ち着きを取り戻す前に10時近くになり、道場に急いで戻ります。

 

再び広間に入ると、玄米の三分粥(水分が多目のお粥)が用意されていました。今は断食後の復食期間にあたります。断食は土台作りで、復食期間の食養生が仕上げになります。

断食後のある時期、異常に食欲が起こる場合があるそうです。しかし、この時期に無茶な食べ方をすると、せっかくの断食修行が失敗となると言われています。

一日目はおもゆと梅干しから、二日目は玄米の三分粥と、徐々に食べる期間が必要とされています。

 

いただきます。

しっかり手を合わせ、深々と頭が下がります。食事に集中したことで、自然に心も落ち着きを取り戻しました。塩味がとても美味しい。

胃がびっくりしないか心配でしたので、良く噛んで少しずつ飲み込みます。一口に100~200回噛んでいると、久々ということもあり、顎が疲れてきます。

今あることに感謝

食べ物に感謝。

育ててくれた人に感謝。

作ってくれた人に感謝。

噛むことができる顎に感謝。

食べられる体に感謝。

生きていることに感謝。

生かしてくれている人に感謝。

命を頂いたご先祖様に感謝。

命を育んでいる自然に感謝。

 

色々なことに思いを巡らせ、最後の一口までしっかり食べきりました。1時間程かかりましたが、非常によい時間でした。

ごちそうさまでした。

 

しっかり手を合わせ、深々と頭が下がります。

最後に体重を量ると、初日と比べて、約5kg減。久々にスーツに着替えると、ベルトの穴が二つくらい緩く、太ももあたりが異様にブカブカです。バタバタと羽ばたかせられる程に。面白くなり、ひとしきりバタバタとした後、ふと我に返り、部屋をきれに片付けます。

部屋のドアを閉める前にも自然に頭が下がります。

 

預けていたお財布を受け取りに道場入り口近くの小部屋へ。数回、ノック。

返答はありませんが、人影があったので入りました。予想通り、最近見かけなかった老人がそこに座っていました。用件をお伝えし、ゴソゴソと僕の財布を探し出すまでの数分の間、改めて断食や正食に関する書籍を眺めていました。

無事財布を受け取り、受け取りのサインを記入し終え、バス停に向かいます。

日常へ再び

長いようで短かった8日間に渡る断食もこれで終わりです。

早速、上司と家族に電話をし、無事終了の報告をしました。どちらも驚くほどにそっけなく、詳しい話をしたかったですが、聞いてもらえる雰囲気ではないことを察し、お礼だけを告げて電話を切りました。

 

さて、ここからが本番です。

この先どうするかを考える時間がないままに、再び日常へ足を踏み入れていきます。

 

<次に続く(最終回)>

 

※関連記事

僕の断食体験~プロローグ~

僕の断食体験vol.1~初日~

僕の断食体験vol.2~目覚めの良い朝~

僕の断食体験vol.3~陽性の飲み物「梅醤番茶」~

僕の断食体験vol.4~環境による心への影響~

僕の断食体験vol.5~初めての体験~

僕の断食体験vol.6~持続する集中力~

僕の断食体験vol.7~冷たい水は飲み込めない~

僕の断食体験vol.8~ちくわの誘惑~

僕の断食体験vol.9~3日目の脱力感~

僕の断食体験vol.10~心と身体はどちらが強い?~

僕の断食体験vol.11~ついに脾気虚・肺気虚になる~

僕の断食体験vol.12~癌(ガン)と正食~

僕の断食体験vol.13~力みなぎってきた5日目~

僕の断食体験vol.14~命とは、生とは、死とは~

僕の断食体験vol.15~人生で一番痩せた日~

僕の断食体験vol.16~僕は断食によって何を得たのか?~

僕の断食体験vol.17~世界の長寿の人に学ぶ生きる秘訣~

僕の断食体験vol.18~6日ぶりの食事~

僕の断食体験vol.19~何の為に食べるのか?~


執筆者 伏見 浩幸の画像

執筆者 伏見 浩幸
薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員
漢方薬の持つ力の素晴らしさとともに、人間の持っている力もすごいなぁと日々感じています。漢方薬だけではなく、私たち自身も相談員としてお客様の「薬」なることはもちろん、今、色々なご病気で悩まれている方々も、授かった命と一緒に当然備わっている自分自身の自然治癒力に自信を持ち、自分自身が「薬」になるお手伝いができればと考えています。そんな願いを込めて一話一話を綴らせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

僕の断食体験vol.19~何の為に食べるのか?~

2018年6月13日

マクロビオティック

僕の断食体験vol.19~何の為に食べるのか?~

見知らぬ女性の登場に動揺

断食道場に来て7日目にして初登場の人物。年齢は、おそらく25歳くらいの女性。上下スウェット、座布団を2枚ひき、その上に片肘をついて横になってテレビを観賞中。

そう、明らかに、先輩・・・・。。

「あ、どうも。」

私の気配を感じても全く動じる事なく、まるで、私の家だから気遣いなく楽にしていいよ。とでも言っているかのような雰囲気。

僕にはこの後の具体的な会話が記憶にありません。きっと、動揺と緊張などがあったのだと思います。しかし、その時に伺った内容は覚えています。

彼女は断食をしに来ているのではなく、時々家にいるのが嫌になって、気分をリフレッシュする為に数日滞在し、道場から仕事に通っていること。断食はしないということ。

断食道場も色々な使い方、役立て方があるようです。

確かに、自然に囲まれて、一人の時間を過ごすという環境は、それだけで自分自身を取り戻す事を助ける環境です。

私も実感していたので、妙に納得した事を覚えています。

少し会話を交わし、関わる事はお互いにとって良くないことだと直感的に感じ取ったのだと思います。

その後、お互いの気配は感じつつ、道場内で出会う事はありませんでした。

久々の食事の後の散歩

さて、まだ日が暮れるまではもう少し時間がありそう。食後の散歩に出掛けます。

いつもとは違う散歩です。

久々に胃の中に、たくさんの命のかけらがある感覚。このまま歩くと、どうなるのか? このまま走ると、どうなるのか?

大きな期待を胸に散歩に出かけます。

消化と吸収の時間を考えて、始めはゆっくりと歩きます。そろそろ全身に行き渡ったかな?いつも以上に、自然を感じながら、また自分の体の声を聞くことに意識を集中しながら、歩きました。

もっと力がみなぎって走る事が出来るのかどうかを試したくて、少しランニングやダッシュもしてみました。

何が起こるのか?

何も変わりありません…。何も…。

食べているからといって、エネルギーが出てくる訳ではないのか・・・。

代謝系が変化し、食べ物を吸収しない体になったのか・・・。

代謝系が変化したとすれば、果たして生きるエネルギーの源はどこにあるのか・・・。

少し先の話になりますが、この時の体験が、今後の食事についての向き合い方を変えたきっかけになりました。

色々と疑問が思い浮かび、それらの答えを見出せない僕を待ちきれないように、急に日が暮れ始めました。モヤモヤした感じを、今はそのままにしておけとでも言われているようです。

何の為に食べるのか?

心は彼方のモヤモヤの中のままでしたが、日暮れに背中を押され、明かりの灯った道場に吸い込まれるように、自然に足が動きます。

部屋に入り、少し時間が経ち汗ばんできました。その不快感が、やっと心も現実に戻してくれました。

深呼吸ともため息とも、よくわからないような長い息を吐き、気持ちも少し落ち着きを取り戻しました。

よくわからないことの現実と、汗ばんでいのる現実の両方をやや無理やり受け入れたような感じではありますが、何とか自分の意志で動こうという気持ちは取り戻しました。

お風呂の準備もできていたので、そのまま浴場にいき、ついでに体重を測定。

61.2kg。(現在7日目(2日目が64.6kg))痩せたというより、ギュッとしまってきた印象です。

相変わらずの熱湯風呂に、考える事よりも今に一所懸命になります。お風呂で心身ともに少しさっぱりし、今日は早めに床につくことにしました。

目を閉じながら、ゆっくり思考を巡らせます。

 

何の為に食べるのか?

 

断食は単なる飢餓とは違い、体の中を洗い、心も感謝の心で洗われ、そのことにより自然の力を食べてエネルギーにする事だと体感しました。

しかし、果たして、このまま食べなければ、死んでしまうのか?

もう少し断食を続ければ、復食した時に食物のエネルギーを体が感じる事が出来るのか?

体験した事を振り返りながら、新たな疑問が次々と湧いてきます。 悶々としながら、最後の夜は更けていきました。

 

<次に続く:僕の断食体験Vol.20~今、を五感で味わう~

 

 

※関連記事

僕の断食体験~プロローグ~

僕の断食体験vol.1~初日~

僕の断食体験vol.2~目覚めの良い朝~

僕の断食体験vol.3~陽性の飲み物「梅醤番茶」~

僕の断食体験vol.4~環境による心への影響~

僕の断食体験vol.5~初めての体験~

僕の断食体験vol.6~持続する集中力~

僕の断食体験vol.7~冷たい水は飲み込めない~

僕の断食体験vol.8~ちくわの誘惑~

僕の断食体験vol.9~3日目の脱力感~

僕の断食体験vol.10~心と身体はどちらが強い?~

僕の断食体験vol.11~ついに脾気虚・肺気虚になる~

僕の断食体験vol.12~癌(ガン)と正食~

僕の断食体験vol.13~力みなぎってきた5日目~

僕の断食体験vol.14~命とは、生とは、死とは~

僕の断食体験vol.15~人生で一番痩せた日~

僕の断食体験vol.16~僕は断食によって何を得たのか?~

僕の断食体験vol.17~世界の長寿の人に学ぶ生きる秘訣~

僕の断食体験vol.18~6日ぶりの食事~


執筆者 伏見 浩幸の画像

執筆者 伏見 浩幸
薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員
漢方薬の持つ力の素晴らしさとともに、人間の持っている力もすごいなぁと日々感じています。漢方薬だけではなく、私たち自身も相談員としてお客様の「薬」なることはもちろん、今、色々なご病気で悩まれている方々も、授かった命と一緒に当然備わっている自分自身の自然治癒力に自信を持ち、自分自身が「薬」になるお手伝いができればと考えています。そんな願いを込めて一話一話を綴らせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

僕の断食体験vol.18~6日ぶりの食事~

2018年4月16日

マクロビオティック

僕の断食体験vol.18~6日ぶりの食事~

目の前の、おもゆ、梅干し。

6日ぶりの食事です。箸を両手で持ち、しばらくの間は手をつけられませんでした。

改めて、食べ物とは何かを感じていました。目の前の玄米の一粒一粒に命が一つずつ。梅干も同様です。

それらが、どれだけの月日を経て、育ち、どれだけの人の手間をかけて、目の前にあるのか。

料理とは何か。たくさんの命がたくさんの命によって集められ手を加えられ、たくさんの思いも乗せられているものかもしれません。

それが、一つの命(僕)の素になる。僕自身もいつかは、たくさんの命の素になる身です。いえ、すでに僕から生まれた二酸化炭素は植物の命を養い、植物から生まれた酸素は僕の命を養い続けている。また僕から剥がれ落ちた角質や皮脂は、ゴキブリの命を養っているというとことも現実です。そのゴキブリもまた沢山の命の素を生み出しながら生きている。

そのような命の凝縮と発散を通じて、世の中を循環しているということがわかります。

そういう思いになって箸を持つ手がやっと動きました。

感動的な体験

おもゆを一口入れて、命を感じながら噛むと、たくさんの命の素が僕の中に入っていく事を感じられるような気になります。

食欲が満たされるのではなく、自分の命が満たされていく。

梅肉をほぐしながら、この梅肉も空気中や土からのたくさんの命の素からつくられた命の凝縮でもあること。

何とも不思議な感覚です。

食べるという行為も見方によってはとても神聖なことのようにも思えます。

しかし、これは決して妄想などではなく、極めて現実的なものの見方でもあります。そういう現実が普段は観えていないのだと気づかされます。

一口一口を自覚しながら、噛み、飲み込む。そして命が入っていくことも自覚する。

自然におもゆ一口で、40~50回は噛んでいたと思います。よく噛んで食べるのではなく、自然によく噛むような食べ方をすることが、正しいのかもしれません。

おもゆと梅干一つを30分ほどかけて丁寧に食べることができました。そのこと自体にも心の奥底から喜びが湧いてくるようでした。このような食事の仕方はこれまでしたことがなく、新鮮で、とても感動的な体験でした。

世界が変わった

食事を終えて数分間、命の素が僕の命と一体になっていくその時間に浸りました。

さて、ゆっくりと立ち上がり、お盆を炊事場まで運びます。

この感動を伝えたかったのですが、いつもの女性はどこかへ行かれていたようで、薄暗く静まりかえっていました。

食器を載せたお盆を置き、ふと、この食器やお盆も命の塊なんだなぁと感じました。そうすると、この道場もそうですし、身の回りのものは全て、そういうもので満たされていることにハッとしました。

これは何かすごいことだぞ。

色々な感情が入り混じり、心がざわついているのを自覚しました。妙に気持ちが落ち着かなくなり、一旦部屋に戻りました。

たくさんの命にすでに囲まれていたことを実感して、自分以外の全てのものが、急に迫ってくるような感覚に、少し動揺したのだと思います。一瞬世界が変わったかのような衝撃でした。

横になり、目を閉じて、感じることができるものを一つ一つ丁寧に感じていると少しずつ心が落ち着いてきました。

命はすべて繋がっている。一人のようで、常に一緒にいる。ある意味、いつも見られている??これが、古来の日本人が言っていた八百万(やおよろず)の神!?

色々と想像が膨らませられるほどの余裕もできたので、部屋を出て食事をしていた広間に戻ります。お盆は片付けたけれど、座布団とテーブルを片付けずにそのままにしていたことを思い出しました。

ここにきて新たな登場人物

広間に近づくと、いつもと違う雰囲気を感じました。消したはずの電気がついており、テレビの音がもれ聞こえてきます。久々に聞く日常的なテレビの音がとても懐かしく感じます。

誰かいるようだけれど、誰だろう?

老人、中年男性、道場長、食事や体操の世話をする女性・・・これまでの登場人物に、テレビを見るような人物は思い当たりません。もしかすると、新人!?引き戸だけれど、ノックはすべきか!?

一瞬迷った挙句、旅の恥はかき捨てだと思い、ノックをして引き戸を開けると、そこにいたのは見慣れぬ女性でした。

年齢は、おそらく25歳くらい。上下スウェット、座布団を2枚ひき、その上に片肘をついて横になってテレビを観賞中でした。

明らかに、先輩・・・・。。

 

<次に続く:僕の断食体験vol.19~何の為に食べるのか?~

 

※関連記事

僕の断食体験~プロローグ~

僕の断食体験vol.1~初日~

僕の断食体験vol.2~目覚めの良い朝~

僕の断食体験vol.3~陽性の飲み物「梅醤番茶」~

僕の断食体験vol.4~環境による心への影響~

僕の断食体験vol.5~初めての体験~

僕の断食体験vol.6~持続する集中力~

僕の断食体験vol.7~冷たい水は飲み込めない~

僕の断食体験vol.8~ちくわの誘惑~

僕の断食体験vol.9~3日目の脱力感~

僕の断食体験vol.10~心と身体はどちらが強い?~

僕の断食体験vol.11~ついに脾気虚・肺気虚になる~

僕の断食体験vol.12~癌(ガン)と正食~

僕の断食体験vol.13~力みなぎってきた5日目~

僕の断食体験vol.14~命とは、生とは、死とは~

僕の断食体験vol.15~人生で一番痩せた日~

僕の断食体験vol.16~僕は断食によって何を得たのか?~

僕の断食体験vol.17~世界の長寿の人に学ぶ生きる秘訣~

僕の断食体験Vol.20~今、を五感で味わう~


執筆者 伏見 浩幸の画像

執筆者 伏見 浩幸
薬剤師・漢方みず堂漢方専門相談員
漢方薬の持つ力の素晴らしさとともに、人間の持っている力もすごいなぁと日々感じています。漢方薬だけではなく、私たち自身も相談員としてお客様の「薬」なることはもちろん、今、色々なご病気で悩まれている方々も、授かった命と一緒に当然備わっている自分自身の自然治癒力に自信を持ち、自分自身が「薬」になるお手伝いができればと考えています。そんな願いを込めて一話一話を綴らせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。
12...12